2021年05月23日

No731:まるで地図が伸びていってしまったような

 旅行は私のいくつかある趣味のひとつであったが、コロナ禍においてはどこにも行くことができない。
 開業してから14年近くになるが、2年前くらいまでは海外旅行こそ行くことができないものの 国内で是非とも見てみたいものや食べてみたいものがあると予定を立てて年に1、2回出かけたものである。
 今ではネットで検索していろいろな情報を入手するのが基本であろうが、数年前までは本屋の旅行雑誌のコーナーでワクワクしながらページをめくるのも楽しみのひとつであった。しかし、このコロナの感染が広まった影響でどこへも行けなくなってしまった。
 私の旅行は基本的には1泊2日がほとんどで、2日あれば北海道であろうと九州であろうといろいろな所に行くことができたし、新幹線で行く名古屋や浜松等は見たいものだけを見て帰る日帰旅行を決行したことも何度かあった。
 それが今や仕事以外では地図を見る機会もほとんどなくなり、どこかへ出かけるといってもせいぜい2時間かけて仕事でお決まりの顧問先へ行くくらいのものである。

 私は地理という教科が大好きだったので、地図を眺めているだけで旅行に行った気分になれるという“お得”な感覚も持ち合わせている。

 それが今や世界地図を見たところでどこへも行けないし、ニュースで見る外国の様子も以前はもっと親近感があり、身近な所で起こっている出来事のように思えていたが、今やお隣の韓国でさえも遠い異国での出来事のように感じてしまう。
 これは国内でも同じで2時間ちょっとで行ける東京でさえも、政治家がたくさんいていろいろな物事が決まっていくところなんて思いながらニュースで国会の様子を見たり、依然として多くの若者が行きかう渋谷のスクランブル交差点の様子を妙な感覚で眺めている。
 今まで飛行機、鉄道、そして高速道路を使っていかに短時間で行けるのかを競ってきたが、その必要さえもなくなってきているようにさえも感じる。
 「コロナが自分の行動を見直すきっかけに」なんて大げさなことは言わないが、ここまで行動範囲が狭くなってくると思考も変化していくし、人生観にも影響を与えるといっても過言ではない。
 事務所にも長期休暇の時に必ず里帰りしていた者も何人かいたが、ここしばらは行けていないようであり、会えない親子や見れない孫の顔というのが常態化しつつある今の我が国の状況である。
 ワクチン接種が進むとこういった状況はかなり改善されるであろうが、今のこの状態は旅行という余暇の過ごし方だけでなく、仕事のやり方や家族の関係さえも変化させようとしている。
 とはいっても、嘆いてばかりいても仕方ないので、こういった状況をいろいろなことを見直すきっかけにしたいものである。

 地図を広げて次の休暇にはここへ行くぞと考えられるような日が待ち遠しのは私だけではないでと思う。それは世界地図でなくとも日本地図で充分なんで。
 そういう意味で私は今まで時間の短縮競争で縮まっていた地図が、伸びて広がってしまったような感覚でいる。
 地図が伸び縮みなんて変な表現かもしれないが、それくらい世の中や我々の行動って変わってきているコロナ禍での世の中である。
posted by ヒロイ at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。