2021年03月28日

No723:顧問先からの相談内容は十人十色

 税理士としての仕事の範囲というのは、会計や税務に関する相談、そして税務申告書の作成及び提出がメインであるが、それ以外にも経営や労務に関することや中には経営者ご自身の人生相談っぽいことに対してまで意見を求められることがある。
 人生相談といっても多少なりともお金に関する話が多いが、ご自身の老後資金のことにはじまり、親の介護や認知症への対応など、“老後”というキーワードだけでも相談内容は非常に多岐にわたっている。
 また、お子さまに関する話題も多く、時節柄 学費や進学先についての相談もある。
   中には私大医学部への入学が決まり、数百万円のお金を振り込んだ話とともに今後の学費や生活費の援助(仕送り)に関して相談されるドクターもいらっしゃる。
 さすがに、「どうしたら受かるんでしょうかね?」とか、「今後のことを考えどちらの方面に進むのがいいんでしょうか」なんていう質問には、私自身がお子様ご本人とも会ったことがないし、それぞれの性格や特性も分からないので安易な発言はできないし、しないようにしている。
 あと ご夫婦間のことを相談される方もあるが、こういった話もどちらかの肩を持つとより一層ややこしい話に入っていってしまうことにもなりかねないので、サラッと聞き流すようにしている。

 相談を受ける時、その相談の主である経営者やその奥様が、今までどんな生活をされ、今後どのような生き方をしようとされているのかを少しでも知ることができれば、当事者に合った話もしやすいなと思うこともある。
 特にお金の使い方は人さまざまで、税金を少しでも抑えたい人(これはほぼ全員か?)、とにかくお金を貯めたい人、自分の欲しい家や車にお金をつぎ込みたい人、今はただひたすら子供の教育資金を準備したい人 等、人によって仕事をしたり、お金を稼ぐことの目的は様々であり、相談に乗る前、あるいは相談している中でこういった“目的”を把握できれば、的外れな回答にならずに済むなと思うこともある。

 ただ、こういった多岐にわたる相談内容も今回の新型コロナの影響が色濃く出ていて、人それぞれの将来設計が思い通りにいかなくなってきているケースも結構見受けられる。
 ここでも今までの希望を曲げない人と現状を把握してうまく軌道修正できる人があり、やはり人生っていかに柔軟性をもって対処できるかが重要なことなんだなと人様の行動を見ていて考えさせられることも多い。
 私も今は経営者であるが、開業までの23年は勤務していたので勤務する人の気持ちも少しは分かるし、老親や子供の悩みもひと通り経験しているので、自分のこととだぶらせながら話を聞いたり、アドバイスをすることもある。
 ただ、どんな時でも自分と考えがいっしょなんていう人はまずいないし、どちらかいうと「自分とは違うな」とか、「私だったら別の方法を選ぶのに」なんて思うことの方が多いように思う。
 こういった時にこちらの思いをそのまま伝えることで、気を悪くされた経営者も今まで何人かいらっしゃったので、心のどこかで「本音ってどこまで口にしていいんやろか」なんて考えながら会話しているというのが実情である。
 私が話をしたり、相談に乗る場合、その相談者ご自身の意見とは違っても最後までじっくり聞いていただける方が何人かいらっしゃるが、こういった方と話をした後は、こちらとしてもなんだかすっきりするし、仮に私が話をしたことと別の方法を選択されたとしても 「思ったことを話してよかった」と感じる瞬間である。
 税や会計に関する話以外は、やはり年齢や経験がものをいう場合もあるし、こちらが教えられることも非常に多い。
 そういう意味においてこの仕事をする上では終着点はないし、顧問先の方といっしょになって成長していくくらいの気持ちで接している方がお互いにとってもいい関係が築けていくように思う。
 いろいろな話をしながら、こちらも 「いいことがあったら吸収してやろう」なんて考えながら仕事をするのが、この仕事を長く続けられるコツなのかもしれない。
 まあ、いろいろな方と話をするのが好きであることは、この仕事をする上で多少なりともプラスになっているんだろうなと思える。

 いよいよ3月もあと数日を残すだけとなったが、確定申告は期限が延長された関係もあって、資料の回収が遅れた先が数件あり まだ完了には至っていないが、あと残っている数名の方の申告書の作成を何とかこの1週間で終え、すっきりした気持ちで春を感じたいと思っている。ただ、どこへ行くにも出かけづらい状況が続いているが・・。
 今年の花見は車窓からだけで終わりそうであるが、これもあとになって 「あんな年もあったな」と言える日が来るのを期待しながら今日の話はこれで終わります。
 来週はいよいよ4月ですよ。
posted by ヒロイ at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。