2021年03月21日

No722:憧れる “ 決断の早い人”

 顧問先の経営者の方で、「なんていう決断の速い人」と思えるような人がいる。
 この人のスピードについていくのに一時は苦労したこともあったが、そのテンポのよさには学ぶべき所も非常に多い。
 顧問先の経営者といっても とあるクリニックの院長であるが、この院長が昨年11月 私にに「建物が多少 老朽化してきていることや現在の診療スタイルに合わない間取りなので改装工事を考えている」と構想を告げられた。
 その後、設計の打ち合わせや一時的に別の場所で診療をするための仮診療所の確保とそれに伴う医療関連の各種届出など、主任スタッフと共に慌ただしく動かれていたが、この2月の工事開始から1ヵ月で改装工事を終え、3月には見栄えも、間取りも従来のものとは大きく変わったクリニックが“新装”オープンした。
 きれいになったこともあり、やはり患者も増えてきているし、通りに面したビルの1階にあるこのクリニックの前を歩いている人の中には 「新規開業?」という顔をしながら、中を覗き込むようなそぶりの方が何人もいらっしゃった。
 名称、診察時間、そしてスタッフも改装前と変わってはいないが、改装にもこれほど効果があるものなのかと私の方が少々驚いている。
 医療機器も今まで古くなったものは取り換え、充実したものとなったので検査内容も大きく変わり、検査の予約も4月の末までびっしり埋まったとのこと。みなさん「何科?」と診療科目に興味がおありかと思うが、もちろんここでは伏せておきます。
 こんなことは資金的な余裕があるからこそできることではあるが、このドクターは今までからお金を使う時は貯めていたお金を迷いもなく(当の本人は大層考えられた挙句であろうが)、スパッと出されるので、私の方が、「もう少し支出を抑えては・・」と思うこともあるが、この先生は趣味(スポーツ)以外には、あまりお金を使わず、残すときにはしっかりと残して、こういった必要な時には気持ちがよくなるようなお金の使い方をされる。もちろん無借金経営ですし。
 人の採用についても退職者がでたり、増員が必要な時には、必ずと言っていいほど翌日には求人に向けての動きをとられているし、時には一日も置かず、その日にハローワークに求人の連絡をされている。

 物事を決めるのに即決が美徳とは思わないし、即断をして「しまった」と思ったことは誰も経験があると思うが、このドクターはどうしてこんなに早く物事を決めることができるのであろうか? ということをちょっと興味もあり私なりに考えてみた。
 それはいろいろなことに対する知識や情報を収集する能力が非常に優れていて、このドクターと話し終えた後、「この医者、医療の専門的なことに限らず、世の中の流れや経済的・社会的なことま何でも知ってるな?」と思うこともあるし、逆に私が知らずに恥ずかしい思いをしたことも何度となくある。こういう方なので、私に話をされる時は事前準備も半分くらい進んでいることが多い。
 そうそう、早いということに関する話をいくつか思い出したのだが、先日 「クリニックのHPの内容を改訂しないといけない」とおっしゃっておられたが、それから10日後にはすっかり新しいものに変わっていて、そのスピード感には驚かされた。
 あと、訪問(面談)した時に質問事項を言い残して帰ってきたら、必ず翌朝にはその返事がくるし、早い時にはその日のうちにメールにてその回答が届いている。
 内容によっては早ければいいというものばかりではなし、まずはゆっくり考えて、人の意見も十分に聞いたうえでないと動けないこともあるが、この先生と接していると自分のスピード感や判断力のなさを痛感してしまうし、まさに「先手必勝」とはこのことなのかなと非常に学ぶべきとことも多い。

 最後にもう一つ付け加えておくと、この先生は自分が誤っていたと思うことに対しては、いち早くお詫びの言葉が返ってくるし、私に対して少し手間のかかるような仕事を依頼され、こちらが仕上げて返すと、「いつもご面倒をお掛けしてすみませんね。ありがとうございました。」とお礼の言葉がどんな時でも返ってくる。
 こんなところも、人と情報が集まりやすく、即断する上での自分を取り巻く環境が自然と整って繰んだろうなと思えてくる。
 このドクターは私より10歳以上若いが、本当に教えられることや学ばされることが多く、私自身「まだまだだな」と反省させられることもたびたびある。

 そういえば先週は久しぶりに“臨時休刊”させてもらいました。
今日は天気もすぐれない休日ですが、こういった天候の休日は外出する気も起らず、逆に落ち着くと思っている方もいらっしゃるのでは・・。
posted by ヒロイ at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。