2020年02月24日

No669:誰にでもある 見ると落ち着く景色

 先週の火曜日(2月18日)は、朝 目を覚ましてカーテンを開けると近くの山は雪で白く、そのあと車で出勤しようと外に出ると、車にも3pくらい積もっていたので、フロントガラスの雪を手でよけてからエンジンをかけ出発した。
 冬になると屋根付きの車庫のある家が羨ましくなるが、「これはこれで風情があっていいか」なんて、妙な形で自分を納得させている。

 今年は暖冬で雪らしい雪はほとんど降っていないが、確定申告のさなかで私が丹後方面(京都府の北部)に出張する日に合わしたように雪が降るとは何ともいえない巡りあわせを感じてしまう。ただ、決してドカ雪でもないし、高速道路の通行も支障はないようなので特に問題なく出かけることができた。
 2時間近く運転し、宮津(天橋立)のあたりまでくると山は真っ白であるし、京都市内とは違って道端にも雪が残っていた。
 冬のこんな光景は見慣れているはずだが、今年は 暖冬が故に「やっと雪か」といつもの年以上に雪に対して特別の思いを抱いてしまった。

 というのも雪国育ちの私にとっては雪景色を目にすると何ともいえないすがすがしい気持ちになり、ついつい若い頃のことを思い浮かべてしまったり、妙に落ち着いた気持ちになる。
 交通に支障がきたすような大雪ならこんな悠長なことは言ってられないのであろうが、雪景色を見ながら運転できる程度の雪であれば、ちょっとだけ“純な気持ち”を取り戻せる大切な時間でもある。
 先日、相続関係の仕事をしている方にこのような話をしていると、神戸の出身のその方は「海が見えたり潮の香りがすると、何時もほっとするような優しい穏やかな気持ちになります。」とおっしゃっていたが、まさに人それぞれに心が落ち着く景色というのがある。
 それは決して田舎である必要はないし、東京タワーの見える高層マンションであっても、見慣れた風景であれば心を落ち着かせてくれるであろうし、京都出身の人で京都以外で生活されている方が京都タワーを見るとやっと京都に帰ってきたなという気持ちになる と話されるのもうなづける。
 この時期はスケジュールに追われ、時計とにらめっこの日が続くが、こんな時こそ1日に少しだけとは言わないが、せめて1週間に少しの時間だけでもホッとする時があると忙しいのも乗り切れるので何とも不思議なものである。

 2月11日に郷里の偉大な野球人である野村克也が亡くなった。
 事務所を開業した頃、知らず知らずのうちに本屋に行っては野村の本を選んで たて続けに何冊か読んだが、これも「高校出るまで同じ地域で過ごした」という共通点に惹かれたからであろうし、何か心のよりどころを探していたのかもしれない。
 野村についてはあれだけマスコミで取り上げられているので この場であえて野村の話をする必要はないが、これらの本の中に出てくる一つの言い伝えを見るたびに、「あ〜、同じ地方で育ったんだ」と思うものがある。
 それは私自身も晩秋になると、朝 学校に行くとき、祖父や祖母から決まって言われた『弁当忘れても傘忘れるな』という言葉である。
 幼少期の頃は「もう、何べんも言(ゆ)わんでええし」と腹が立つくらい繰り返し言われた記憶があるが、今となってはこの言葉が分かるだけでも、何とも落ち着くというか“望郷”という単語がぴったしあてはまる、そんな言葉でもある。
 今 読まれている方で、もし『弁当忘れても傘忘れるな』という言葉ってどういうこと? という人がいればここでは意味の説明までしませんので 時間のある時に調べてみてください。
 つまらぬことですが、丹後の人は野村克也のことを「野村選手」、「野村監督」、「野村さん」、「ノムさん」なんて言う人はいません。「野村克也」なんてフルネームで呼ぶ人もほとんどいないでしょう。誰と話をしていても 呼び捨てで「野村」としか口にしません。どんなに有名で偉い人になっていても。

 世間は新型コロナウイルス一色のこんな時期にこんなことを書いていていいのかとも思ってしまったが、こんな時期だからこそ多少 他のことにも思いを巡らせてみるのもいかがかなと思っている。
 今は新型コロナウイルスの病気自体の撃退が最重要課題であるが、この後、迫ってくるであろう “日本大不況”がどれほどのものかは今の時点では想像もつかない。ただ、我が国も予想以上の状況に陥ってしまうだろうなと思ってしまう。
 かろうじて東京オリンピックは開催されるのであろうが、その頃の日本、そしてその後の日本はどうなっていくのであろうか・・・・・。

 確定申告の真っただ中にいる税理士がこんなブログに時間を割いていて いいのかと思われれる方もいるかもしれないが、これも大事な息抜きの時間であるのでご勘弁を・・。
 では、そろそろ仕事に戻ります。
posted by ヒロイ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。