2019年10月27日

No652:人に期待し過ぎないこともコツかも?

 誰しも今までの人生の中で“裏切られた”経験はあると思うのだが、もし「私はそんな経験は一度もない」と言い切れる人がいるとしたらその人はなんと幸せな人生を送っているのだろうと思ってしまうし、「えっ、裏切られたことないってほんまに? うそやろ?」とその人の発言を疑ってしまうというのが本当のところである。
 ちょっと大げさかもしれないが人生って裏切ったり、裏切られた経験こそが次に生きてくる、よく言えば“成長の糧”となっているように思う。
 親子、兄弟等の親族間や夫婦の間での裏切りは、場合によっては大きな問題に発展しかねないので ないにこしたことはないが、友人や仕事関係では“裏切られた”というほどまではいかないまでも、“期待外れ”ということはよく耳にすることである。

 「経験豊かなで何でもこなせる経理担当者だと思っていたのに」、「前の会社での営業成績も抜群でうちに入社後、低迷している売上のアップに大きく貢献してくれると思っていたのに」、「今まで〇年も医療事務の経験があるので我がクリニックのリーダーになって引っ張ってくれると思っていたのに」、そして新卒入社の新人に対しては、「あんないい学校を出てるんでもっと優秀だと思っていたのに」・・・。
 こんなこと思ったことないですか? 経営者のみなさん。いや、経営者だけでなく各会社やクリニックで働く先輩の方々。
 これってすべて期待が大きすぎることが要因となって、“期待外れ”になったり、内容によっては“裏切られた”というような手厳しい言葉が出てくるのだろう。

 もちろん私もこの歳になるといろいろなことを経験しているが、逆に期待しなさすぎるのも何かと問題があるようにも思う。
 例えば新入社員に対して、「あなたは新人でまだまだ半人前なので別に期待もしてないし、自分のペースでやってもらったらいいしな。」なんて言われたら、普通なら頑張って仕事をしようという気が萎んでしまうであろう。
 この辺は、期待はしているけどプレッシャーにならない対応がとれる上司や経営者こそがいい意味で人の上に立てる人物なのであろう。
 このことを自分に置き換えても なかなかそう簡単にはできそうもないし、期待のし過ぎからいい人材を潰しかねないな と自分の性格上の問題点についてもあらためて反省せざるを得ない。

 こんなことを綴りながら自分自身のことや顧問先のことを頭に浮かべてみると、新たな人を採用した場合、まずは「そこそこやるな」というところから始まり、「意外とできるやん」となり、そして、「こんなにできるやつとは思わんかった。」という流れで、最初は少し期待値を下げてスタートすることが人をうまく使ったり、成長させたりするのではと考えてしまう。

 仕事以外のことになるが、人生の中の大きなイベントである結婚というのも さすがに結婚するときは何かと相手に期待することがあるだろうし、それが結婚の楽しみかもしれないが、結婚後、何年か経っているような方々はこういった期待は段々と小さくなり、私のような30年も経ってしまうと期待なんてほとんどないし、その前にカミさんから「期待なんか すればするほど後でがっかりするだけ。期待したことってここ何年もない。」と言われてしまいそうである。
 確かに夫婦間で期待をし合うっていたら まずそんな夫婦なんて持たないだろうし、夫婦においては、「期待せず」が最良の選択で長く持たせるコツのようにも思う。

 話が少し変な方にいってしまったが、最近 何人かの経営者の方が自社の人材について、 「期待していたのにがっかり」とか、中には「裏切られた」と口にされたことがあったが、こういったことが起こる原因を突き詰めれば、期待値が高すぎたのでは? という今日の話にたどり着いた。

 でも、期待され過ぎるのはプレッシャーかもしれないが、期待されないのも寂しいものですよね。
  あなたはどちらの方がいいですか?
posted by ヒロイ at 16:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は新人(弊社は新卒は採用せず、中途採用しかしませんが)に何も期待もしません。
新人には逆に「売らなくいい、この医療業界のことを知り、どんな商品、機器、があるかを楽しみながら勉強せよ!!!」とだけ伝えます。
カプコンや任天堂は、新入社員に1年間は自社製品で遊べ!!!などということをいわれるとか、、、
それは自社製品を知らずに、営業なんかできるか!といった考えがあるのでしょう。
私もその部類の人間です。

そして期待もいたしません。
期待すればするほど相手にもプレッシャーを与えますし、残念のほうが少なくないような気がします。。

私の求めているのは、、、
いい意味で、私の期待を裏切るものが出てきてほしいのです。

こいつ、、、
おもってた以上にやるなー!
そんな営業マンにお目にかからないと、弊社のような企業は魅力がなくなります。
Posted by 長谷川 昭彦 at 2019年10月29日 19:53
人への期待は大きくても小さくてもうまくいかないというのが、私がこれまでの経験の中で分かったことです。プロ野球や高校野球の監督とも共通していると思いますが、本人に気持ちよく能力を引き出させるコツ これができる人がいい指導者であり、上司であり、そして経営者なんでしょうね。それにしても難しい。
Posted by 廣井です at 2019年11月04日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。