2019年07月28日

No639:この夏の楽しみ

 今年も例年どおり夏の甲子園が近づいてきた。
 今日も全国各地で16の決勝戦が行われ、京都もその中のひとつで9回の裏に逆転した立命館宇治高が出場を決めた。
お盆休暇を利用しての甲子園行きも15年程前から毎年のように子供がつき合ってくれていたが、数年前からは誰もつき合ってくれない年には一人で行くことも1、2度あった。
 今年も子供は3人とも仕事や自分の用事を優先して いっしょに甲子園に行ってくれそうになかったので、「8月16日に一人で行こうかな」と考えだしていたところ、神奈川県にいる長男の嫁が、「○○君(長男)はお盆も土日以外は仕事で無理みたいですけど、私は甲子園に行ったことないので一度行ってみたかったんです」と手をあげてくれた。長男が来る予定の2日前の15日から一人で私の家に遊びに来るが、その嫁と私と二人で甲子園に行くことは想像もしていなかったが、「行きたいんだったら、いっしょに行っみるか」と前売チケットを抑えようとしていたところ、その長男の嫁から「私の父も行ったことないんでいっしょに行ってもいいですか?行きたいみたいです、甲子園に。」と連絡が入った。
私は当初 一人で行く覚悟を決めていたのが、嫁と二人で、そして次はお父さんもいっしょにと 参加者が3人に増え、いつもと違うメンバーでの甲子園行きになりそうだと楽しみも何倍にもなった。
 甲子園には全く行くつもりのない長女に頼んで指定席券の発売日である7月23日の朝に8月16日の内野特別指定席3枚のチケットをとってもらい あとは8月16日の“本番”を待つばかりとなった。


 甲子園の出場をかけての各地の予選に目を向けると先日の決勝戦を投げずに終わった岩手県大船渡高の佐々木投手の160キロのピッチングや清宮の弟(1年生)がいる早稲田実業が敗退し、甲子園で見れなくなったことは多少がっかりしたが、現時点ではすごい選手、すごいチームと騒がれていない中から新たな逸材や観衆をとりこにするチームが出てくるのも甲子園ならではのことである。
    昨年だって、甲子園が始まるまでは金足農業なんていう高校はそれほど注目されていなかったが、1戦ずつ勝ち上がるごとドラマと歴史をつくっていった例だってある。
    まだ、出場が決まっていない県も30日(火)には最終の徳島県と愛媛県の決勝戦が行われ全ての出場校が決定する。
 私も私の周りにいる“甲子園おたく”とよばれる人と同様に毎日、全国各地の予選の全試合をチェックしてきたが、この毎晩の楽しみもあと2日で終わりとなり、いよいよ本番の組み合わせ抽選会を待つという より一層ワクワクする時期になってきた。
 私が予定している8月16日の試合はどこの高校の試合になるかまだわからないが、“甲子園おたく”にとってはそんなことどうでもよくて、あの甲子園で日常を忘れ、体ごと甲子園に浸ることが何にも代えがたい楽しみということである。
 それに今年は昨秋結婚した長男の嫁のお父さんまでもわざわざ参戦してくれ、また16日の夜は京都に戻って二人でゆっくり酒でもという計画もあるので8月16日が私にとっては特別な日となりそうである。
 まだ、半月以上も先の話であるがこれから暑い夏を乗り切るにはこれくらいの楽しみでもないとやってられなという毎日の暑さである。

 興味のない人からすれば、甲子園を楽しむことは不思議な楽しみに見えるかもしれないが、私自身なぜかこの時期になると毎年気持ちが高ぶってワクワクしてくる。
 実は目的とする甲子園に着いてからではなく、梅田の阪神電車に乗るあたりから何とも言えない高揚感があるのが自分自身でも感じられる。

 今年の夏はここまでぐずついた天気が続いたが明日からいよいよ夏本番という天気になってきそうである。この暑さも夏を楽しむためにあるもの というくらいの気持ちで8月を乗りきっていきたいと思っている。
    夏の暑さを避けるのではなく、いっしょに楽しむ?  そんな気持ちで。

posted by ヒロイ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。