2019年05月26日

No630:「国が副業を推進」・・受け入れられないのは私が古い人間だから?

 “副業”という言葉はかなり前から使われているが、可能な限り本業に打ち込むべきと教えられてきた我々の世代にとっては、“副業”というのは何かマイナスのイメージが先行し、なかなかすんなりとは受け入れられにくいというのが本音であるが、こんな考え方はもはや時代遅れのようである。

「政府は副業・兼業を推進するための環境整備を積極化させる」
「副業推進へ政策総動員」
「首相は副業・兼業の推進は世論に好意的に受け止められるとみる」

 最近の日経新聞の記事の抜粋であるが、ここまで国が後押しする背景には何があるのかと考えてしまう。
 また 記事の中では、「少子化の影響で今後 生産年齢人口が年々減少し、多くの企業が人手不足に陥るといわれているなか、こういった副業・兼業の推進は働き方の多様化に並行して、企業側に人材の有効活用を促す狙いがある。」なんて書かれているが、ここまでくるとこれまでの人口政策の過ちの責任を取らずに、こんな形にして国民、そして働く人たちの生き方にまで入り込んできて、挙句の果てには“推進”なんていう耳触りのいい言葉を使って指図しようとしているとしか思えない。

 現在、我が事務所では私が知る限りでは兼業している人はいないようだが、以前、個人の経済的な事情で事務所が休みの土日に他の仕事もしたいと申し出があり、「事務所の仕事に影響を及ぼさないのであれば」という条件のもと許可したことがあるが、1ヶ月もしないうちに体が続かないという理由でその方は退職された。
 中小企業、そして 同じような地域で働くことは、他にも“守秘義務の堅持”という点においても不安の残るところである。
 現在 働き方改革の旗印のもと、仕事以外に趣味や娯楽はもとより、将来役立つように自己研さんにも時間を有効的に使おうと言われているが、前述の副業の話は、政府が言っているようなきれいごとだけではなく、「掛け持ちすることでより生活が安定しますよ」とより働くことを推進しているようにもとれてしまうが、国は「新たな可能性を求める人たちがその道に進んでいくことができるようにするものだ」ととことんきれいごとを並べ、国民の収入が伸びていないといわれている中で、「一ヶ所だけではきついでしょ」というマイナスイメージとなるようなことは絶対に言わない。
 このことって企業や経営者側にも 「うちの給与だけで食べていけなかったら、少し他で補って」というような甘えが生じ、古い経営者が 持っていた「従業員の生活が安定するよう会社の業績も堅く、確実なものにしないといけない」というような考え方はもはや必要でなくなってくるのかもしれないし、今日まで経営者である誰しもが持っていた重い責任も少し横に置いておくことが許される そんな土壌を知らず知らずのうちに作り上げていってしまっているような気もしないわけではない。

 私自身、最近いろいろなところから「その考え少し古いですよ」と言われることがあり、なかなか本音を言うことが怖くなってきている自分に気づくことがあるが、今日は批判を浴びてもいいので本音を述べさせてもらった。
 「副業することってそんなに前向きな生き方、働き方なん?」
 今の時代から、段々と取り残されそうな中年オヤジの遠吠えに聞こえるかもしれないが、少しは同調してくれる人もいるでしょう。

 こんな好き勝手なことを言っているうちに暑かった休日も終わろうとしている。
 明日は少しはましな気温になるのを願って明日に備えます。
 では今日はこのへんで・・・。
posted by ヒロイ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。