2019年04月29日

No626:相続の仕事から教えられる親子 そして兄弟の関係

 大型連休に入っているとはいうものの こんな時にしか時間がとれない方もあり、27日(土)は相続の仕事のために3時間ばかしではあるが出勤となった。
 この日は相続税の申告業務の最終段階として、署名捺印のために3人の相続人の方に事務所に来てもらったが、事前に何度か相続人の方の意向確認をしていたので、特に揉めることもなく、“相続”が”争族”にならずにスムーズにことが進んだ案件のひとつである。
 相続の仕事をしていると配偶者や子供さんと面談をする機会も多いが、そんななかで相続人から亡くなった方(被相続人)の生き様や子供の育て方を聞いていると亡くなった方に会ったことがなくても生前の様子が頭に浮かぶこともある。
 27日に来られた相続人の方は40代から50代の3人で、お母さんが昨年の10月に亡くなり、相続税の申告が必要であったので今回、私共に申告業務を依頼してこられた。この方々のお母さんと10年前に亡くなられたお父さんとは、”裸一貫”とは言わないまでも、2人でいっしょに西陣織の仕事を長年続けながら、3人の子供を育てられ上げられ、その上、今回 相続税の申告対象となった財産を残されたということである。

 今回の相続人である3人は、それぞれ仕事や家庭(独身の方もいらっしゃるが)もあり、今 置かれている環境もさまざまであるが、本当に仲のいい兄妹であった。長男、長女、次女という並びで、女性二人が長男であるお兄さんのことを「お兄(おにい)」と呼ばれていたのが印象的でもあり、ちょっと言葉使いが荒いなとも思わないわけではなかったが、嫌な感じなど全くなく いい関係を保たれているなというのが私の方にも伝わってきた。
 決して資産家でもなく ごく普通の家庭をお持ちの人にまで100万円近くの相続税がかかる今の相続税の仕組みについては疑問を感じないわけではないが、3人からは、「お父さんはそうでもなかったけど、お母さんはしっかりしていてコツコツとお金を貯めていたと思うわ。だからというわけではないが、3人それぞれが自宅と工場の跡地(現在ガレージ)は守らんとあかんし、残してもらったお金も親が苦労して貯めたお金なんで大事に使わんとな。」という話もあり、一連の言葉がとてもいい感じで私の心に響いた。

 自分が亡くなった後、子供たちが揉めることなく仲良くやっていってくれることの意義なんてあまり深く考えたこともなかったが、自分が親になってみて、子供たちが仲良くいてくれることって親にとって一番うれしいことなのかもしれないと思えるようになってきた。だた、自分は死んでしまった後のこのなので確認のしようがないのだが・・・。
 5年前に亡くなった私の父が生前に 「親はな、お前ら3人の子がいつまでも仲良くやっていってくれることが一番うれしいことなんやで」と正月やお盆にみんなが集まったときによく言っていたが、3人の子供を持つ親となって、言っていた意味というか親としての気持ちがよく理解できるようになった。
 
 連休のさなかということもあり、今一つ頭が働いていなくて 文章もまとまりがないが(えっ、「いつもまとまっていないですよ」と言っているのは誰だ)、だいたい言いたいことや今思っていることは書き綴れたのでそろそろ終わりにしようかなと思っている。

 今 連休で次男が帰ってきているし、4日には長男夫婦が帰ってくるが、こんなことも親にとっては楽しみのひとつである。
   連休も10日間のうち3日目がスタートしているが、ここまではしようと思っていたことが予定どおりできているので、このまま無理なく、無駄なく、でも 息抜きは怠らずに残りの休日を過ごしたいと思っている。

 前回も言ったが、それにしても長い、長い休暇であることには違いない。みなさんはどのようにして今回の休みを過ごされていますか。
また、連休明けにこんな休みだったというのを聞かせて下さい。
では、今日はこのへんで・・・。
posted by ヒロイ at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。