2019年03月31日

No622:少しだけ 平成回顧

 明日から4月で行政機関や学校では新しい年度の始まりの日でもあるし、日本の大企業の多くが決算期末である今日3月31日は、期末在庫の確認の日でもあり、何気なく過ごしている休日も実は大きな節目の日である。
 また、明日は平成に次ぐ新元号の発表の日でもある。
 午前11時半に発表とのことなので明日の午後はこの話で持ちきりだろうし、特にマスコミはこの話で数日は番組がもつだろというくらいの騒ぎようである。
 世界共通の西暦があるのに なぜ、いつまでも日本はこの元号にこだわるのかという考えの人もいるし、特に事務処理やパソコンを扱う上では西暦の方が便利なことも多いが、まだまだ元号尊重派がいるのも事実である。
 今回の元号が変わることに先立って、金融機関でも通帳の日付印字を数か月前から西暦に変えているところもある。
 顧問先で預かった通帳のコピーに 
= 以下、日付については西暦にて表示いたします =(← 私の記憶の範囲内での表現)
 と記載されていたのを見た記憶があり、いよいよだなと感じたのを思い出した。

 今の時代、新入社員採用時の履歴書も若い人の多くは生年月日欄が西暦で書かれているが、私はまだまだ自分の生年月日は「昭和37年・・・・」という方である。 
 私が子供の頃、祖父に「明治と大正と昭和の3つの時代を生きるなんて、おじいちゃんってすごいな。」といった記憶があるが、この私も5月からは3つの時代を生きる人になってしまう。
 ここしばらくは、”平成はこんな時代だった” というような特集がいろいろなところで組まれていて、「またか」といささかうんざり気味であるが、私にとっては社会人になったのが昭和60年だったので、やはり企業の格差が今まで以上にくっきりと表に出てきて、経営破綻や自主廃業、それに再建と日本経済も大きく変化した時代であった。
 こんな中で破綻した企業で頭に浮かぶには下記の3つである。

@ 野村、日興、大和と並んで4大証券の一角を担っていた山一証券の自主廃業
A プロ野球球団までも持っていて、特に関西地区では知らない者はいなかったスーパー王国 ダイエーの自主再建不可能によるイオンへの吸収(完全子会社)
B ほぼ国有企業と思っていた日本航空の経営破綻・・現在は再建されている

 この3つに共通しているのは、企業が衰退するときは思いのほか早く進んでいくし、今日のソフトバンクや楽天を見ていると、まさしく現代版 ”栄枯盛衰”を表しているいえるだろう。
 余談だか、この2社とDNAがプロ野球球団をも持つことになるなんて、昭和の時代では考えられなかったことであろう。
 
 「平成から次へ」ということよりも、世の中が動くスピードは年々早まり、取り残されずについていけるよう 何とか頭をクリアにしておかないといけないな とそんなことを考える 平成の最後である。
 そういえば、元号が変わるのは5月1日で、明日ではないんだ と再確認して 今日の話は終わりにします。
posted by ヒロイ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。