2018年12月31日

No608:年末を病院で過ごす母を見舞って考えたこと

 平成30年(2018年)も残すところあと1日となった。
 事務所は恒例となっている28日の忘年会を最後に新年1月3日までの6日間の休暇に入った。
 忘年会はいろいろと悩んだ末、意外と食べる機会のないイタリアンで今年を終えようと企画し、みんなでいろいろな話をしながらしっかりと食べて飲んで今年の事務所の行事を無事終了した。

 実は忘年会の最中に兄嫁から、母が入所している施設で転んで足を骨折したとの連絡が入った。長岡京の住んでいる兄もこの日 忘年会だったらしく、私と同様 お酒も入っているのですぐさま駆けつけることもできない状態であった。
 施設の方からは、今のところ大きな痛みもないようなので、翌日(12月29日)に地元の総合病院に連れていき、再度検査をして、その後の対応を決めるとのことであったので、私は29日に行くことを決め、母には申し訳ないがこの日の忘年会は途中で席を外すこともせず、最後までみんなと過ごした。
 
 今回の年末年始は兄夫婦が年末から現在空き家となっている実家に出向き、年始まで3、4日過ごすということであったので、私は帰省せずに京都の自宅で東京から帰ってくる息子も含め、ゆっくりと過ごそうと思っていた。
 ただ、こういった事態が発生するとそういうわけにもいかず、29、30日の両日 特段重要な予定もなかった私がひとまず29日に病院に行き、その後、帰省する兄とバトンタッチしようと考えた。
 病院に行くと、母が入所している施設の職員方からここまでの経緯を聞き、次に診察・検査をしていただいた整形外科の先生から病状を聞いたが、『このまま入院していただき、明日(30日)の朝10時から手術をします。お年寄りなので、一日も早く手術をし、無理のない範囲であるが、長い入院生活とならないように日常となる施設へ戻って、その施設に併設されている医療機関でリハビリしてもらうのが、本人様にとっても一番と考えています。』との説明であった。
 私は一応、一泊できる用意はしていたが、明日(30日)手術とは? と多少驚いたが、ひとまず29日は泊まって、30日の手術に備えた。
 
 手術といっても2時間程で無事終了したが、その間、病院の食堂でコーヒーを飲みながら雪化粧された天橋立を眺めていろいろなことを考えていた。
 母は認知が進み、私のことはほとんどわからないにしろ、私が正月に顔を見せないのでこんな形で私を呼び寄せたのかな とか、20年程前は父も健在で、我々3人の兄弟も子供を連れて実家に集まって賑やかだったな とか・・・。
 地元を離れて38年になるが、その間に起こったことを思い返してみると、自分の周りの環境も大きく変わったことや子供も大きくなった分だけ、自分も親も歳をとったことなど、普段は日常生活に追われ考えることさえもしないことが、この日は窓から見えるのがあまりにも “地元 丹後”にぴったしの景色だったのでこんな風に感じたのかもしれない。

 母のことは、この後 兄夫婦にバトンタッチすることになったが、まずは一日も早い母の回復を願うと同時に、年越しを病院でする母に対してなんだか申し訳ない気持ちになった年の瀬であった。
 今年もあと一日となったが、何とか無事に年末まで過ごせたことに感謝するとともに、新しい年も平穏な年となることを願って今年最後の綴りを終えることにする。
 
 みなさま この1年間 本当にありがとうございました。
posted by ヒロイ at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。