2018年11月25日

No603:歴史を重んじる気持ちもプライドもない市の名称変更

 今回の話は(元)地図マニアの廣井が普段から不思議に思ったり、あきれかえっていることをただ単にぶちまけるだけの内容なので、地図や地名に興味のない人にとってはつまらない話だと思うので、興味のある人だけこの後も続けて読んでください。

 先日、兵庫県の篠山市が住民投票の結果「丹波篠山市」に変わることになったことはご存じだと思うが、篠山だけでは知名度が上がらず、やはり「丹波」とつけることによって、栗や黒豆の売上も伸びるだろうし、多くの人にいち早く認知してもらえるようにというのが変更の理由のようである。
 
 今回の件もそうであるが、私のような地図マニアの気持ちを一気に醒めさせたのが、2005年前後に全国各地で起こった平成の大合併である。この時はどこでもここでも市町村が合併し、新しい市、しかも縁もゆかりもない市の名前がついた あの騒動のことである。
 社会科、特に地理が好きだった小学生の頃から必死になって覚えた地名はたくさん変わっていき、県庁所在地の浦和市までもさいたま市なんていう味気ない名前になってしまった。随分前、ここでも取り上げた記憶があるが、清水の次郎長やサッカーJ1の清水エスパルス、そして先日亡くなった ちびまるこの原作者 さくらももこさんの出身地としても有名な清水市まで静岡市に飲み込まれなくなってしまった。
 昭和の時代の合併はそれなりに意味もあり、名称も納得いくものが多かった。
 例えば3つの広島市の話。かつて広島から北海道へ移住してきた人たちが住み着いた札幌の隣町が発展していき北にある広島として北広島市と名付けられたが、今や札幌のベットタウンとなり、北海道日本ハムファイターズも2023年に本拠地を札幌市から北広島市に建設中の球場に移すことが決定している。また、東広島市は名前のとおり広島市の東隣の存在するがこちらは今回の合併劇とは違い、1974年(昭和49年)に広島市の近くで、本家の広島市に何とか負けないようにとできた市である。

 平成の合併時の“名づけ”はここまで深く考えずにつけているようにも思える。2006年に名古屋市の北に位置する市町村が合併してできた市が北名古屋市で何とも味気ないが、名古屋の近くということだけはアピールできるという思いだろうか。私はどう考えても名古屋のおまけとしか思えないが・・・(北名古屋市の人 すみません)。

 冒頭の篠山市から丹波篠山市への市の名称変更もそこまでにして有名になりたいのか、名を売りたいのか と思ってしまう。この住民投票、私なら変更反対の1票を投じただろうな。だって、“篠山(ささやま)”の方が味があると思いませんか?  
 
 その他にも、個人的にセンスなさすぎと思える市を掲げてみると、
 群馬県にあるみどり市や栃木県のさくら市。合併騒動の中で誕生したさくら市であるが、さくら市の名前の由来を調べてみると「桜の花のように美しい市になって欲しい」と何とも単純。重みや歴史のひとかけらもない感じがする。
 それ以外でセンスがないと思っていたのが、四国の真ん中の市町村が合併してできた四国中央市(愛媛県)。この市は、四国の他の3県(香川県、徳島県、高知県)と接しており、四国の真ん中に位置しているらしい。
 九州の南にある市として「南九州市(鹿児島県)」なんていうのもできていてびっくりしたが、この市の人口はなんと3万人台。以前から門司、小倉、八幡を要する北九州市の人口は90万人以上。この北九州市と南九州市のアンバランスさが何とも滑稽に思えてくる。
 元々の市町村の名前には全く関係なくとも、聞いてあの辺りかと分かることを狙ったと思える 伊豆の国市、南アルプス市、そして和歌山県の紀の川市くらいまでなら個人的には許せるかなという感じである。
 
 今回は篠山の名称変更に端を発し、いろいろと勉強させてもらった。篠山市さん ありがとう。
 たわいもない話に最後までお付き合いしてくださった人が何人いるかはわからないが、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

posted by ヒロイ at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。