2018年10月28日

No599:会って初めてわかるもの

 最近は仕事上でも会わずに電話やメールでことが終わってしまうことがある。
 すぐ近くなら、出向いてもそれほど時間をとられることはないが、当事務所は片道1時間や1時間半かかる顧問先も多く、2時間以上かかる顧問先も10件近くはあるだろう。
 1ヶ月のスケジュールを立てる段階で、自分自身の身体への負担のことも考えて出来るだけ万遍なく日程が散らばるように予定を立てるのだが、長期休暇や祝日の多い月はどうしても厳しめのスケジュールを立てざるを得ない状況になってくる。
 10月は祝日も1日だけであったにもかかわらず、先週[10月23日(月)〜10月27日(土)]は相手様の都合や自分の日程調整の兼ね合いもあり、かなり集中し、終わってみれば18人の方と面談をしていた。それに伴ってもちろん車の走行距離も伸び、昨日 車のメーターを見てみると6日間で800q近くにもなっていた。
 こんなことを言ってしまうと 廣井がたくさん働いていることを分かって欲しいのか と思ってしまう人もあるかもしれないが、そんな意図は全くなく、この週は毎月定例的に会う人以外の臨時的な人もたまたま集中したそんな1週間であった。
 年1回の決算打合せであっても数字の報告だけでなくどうしても確認しておきたい事項のある経営者、医院を開業して1ヶ月も経っていない段階での現状を確認しておきたいドクター、相続の仕事で男性の相続人が他の相続人(2人の姉)と意見が合わないという相談、11月に予定されている税務調査の事前準備を兼ねた打合せ、事務所側のある不手際により社長に迷惑をかけたことに対するお詫び、そして ある研究会への出席等、本当に多くに案件で多くの人にあった週であった。

 今、手帳を開いてあらためて一人一人の顔を思い浮かべてみると、この18件の面談は電話やメールで済ませられるものはほとんどなく、会って初めて相手様の思いや状況を把握できたり、当方の考えや思いも伝えられるような内容ばかりであった。
 私も日頃は電話やメールで済ませられることはできるだけ、出向かずに短時間で解決するようにしているが、やはり内容によっては相手様の反応や顔色、そして生の声による意向を聞くことこそが重要な時もある。
 電話では、『依頼していた資料はこれでいいですよ。』とおっしゃっていても、実は相手様は心の中では全く納得されていないことだってあるし、そんなことは今まで何度となく経験したことである。
 細かな話だが、質問事項に対する検討資料として1つの資料をコピーしてもらう時でも、ホイホイと進んでしてくれる時もあれば、明らかに面倒だなと思いながらコピーをして下さることだってないわけではない。
 こういった一つ一つのことをどこまで納得されているのか、苦情を言われた後 怒りが収まっているのか、あるいはお礼を言われても心から喜んでいただいているのかは、会ってみて初めてわかることのような気がする。
 実はここしばらく会ってない顧問先の社長や院長も何人もいらっしゃるが、やはり可能な限り、面談できるよう時間を作ることも 私の重要な役目なのかもしれない。

 これからは仕事のやり方も大きく変わり、仕事によっては会わずして 事が解決したり、物事が進んでいくことは今まで以上に増えてくるだろうが、ここぞ という時だけは、時間をとって向き合いながら話をするということが、今まで以上に重要度を増すようにも思えてくる。

 今日は本当に天気のいい休日である。午前中は2時間近く、ワンちゃんを連れて宝ヶ池に散歩に行ってきたが、この時期 秋真っ盛りの自然の中でワンちゃんとだけ触れ合うという、自分にとって何もかもが忘れられる 楽しい時間であった。
posted by ヒロイ at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。