2018年09月30日

No595:日本のプロ野球をつまらなくしている元凶

*今回はプロ野球に興味のない方はおもしろくないかも?

 私はもともと野球少年だったので小学生の頃は、お小遣いをためてプロ野球選手名鑑なるものを買って、選手の名前と顔、それに成績を見て楽しんでいた。
 小学校の頃は少年野球、その後 中学3年まで野球を続けていたが、中学生になると毎週ではないが、月に1、2回「週刊ベースボール」という雑誌を買って、野球の知識を深めていった。
 中学の友人であったHS君は毎週この雑誌を買っており、たまに彼の家まで遊びに行くと、本棚にこの「週刊ベースボール」が途切れることなくきれいに並んでいて、当時 大変羨ましく思った記憶がある。
 野球のことを考え出すと止まらなくなってしまい、本題に入る前についつい昔話に時間を費やしてしまったが、これもご愛嬌とお許し願いたい。
 
 さて、プロ野球が面白くなくなったのは、(ここからはあくまで私見ですので)例の”クライマックスシリーズ”という訳の分からない制度ができたからだと個人的には思っている。
 少しだけ、復習を兼ねて簡単に説明すると、セパ両リーグとも優勝チーム以外に2、3位でもリーグ代表として日本シリーズに進出できる妙な制度である。
興行的には「一粒で二度おいしい」じゃないけど、通常のシーズンの試合意外に敗者復活戦が組まれていて、このクライマックスシリーズでうまく勝ち上がれば日本一にだってなれるという野球通の人からみると訳の分からない制度である。
 セ・リーグは先日 広島が2位に10ゲーム差をつけてぶっちぎりで優勝したが、もしかすると3位のチームに負けてしまえば日本シリーズに出場できないということだってありえる。
 確かに、1勝のアドバンテージがあるようだが、シーズン中に10ゲーム差があっても、このクライマックスシリーズではたったの1勝分しかご褒美がもらえない。
 ましてや現時点の状況から判断すると優勝した広島が勝ちすぎたために3位のチームは勝率が5割にも満たない。こう考えると、この制度になってからの日本シリーズは真の日本一を争うものではなくなってきているというのが本当のところである。
 
 そりゃ、一定の敗者復活はあってもいいが、プロの世界でこれはないだろうと思ってしまうのは私だけなのだろうか?
 確かオリンピックの柔道でも敗者復活戦というのがあるが、これで勝ち上がっても最高第3位(銅メダル)までで、決勝戦は一度も負けていない者同士の対決となっている。
 私の大好きな高校野球でも夏の大会は地方大会から1度負けたらお終いという厳しいものだからこそ気が抜けないし、負けた者の悔しさも勝った者の喜びも最高潮に達するのではなかろうか。
 こんなことを考えていると年間143試合も戦って、1位のチーム同志が真の日本一を賭けて戦う、醍醐味がある日本シリーズを見たいものである。
 何事も金儲け優先、興行優先の日本シリーズにはほとんど興味がないが、今年 セパ両リーグぶっちぎりで優勝する広島と西武が進出して戦う場合だけ日本シリーズを堪能したいと思っている。
posted by ヒロイ at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。