2018年08月26日

No590:経営判断が早いか遅いかで企業の今後が決まる

 非常に忙しい現代社会においては、誰しもがやらないといけないことをいくつか抱えていると思う。
 忙しさの度合いや内容は人によってさまざまであろうが、年配や高齢者の方でも、『年寄りは暇やと思ってるだろうけど、毎日結構することがあって忙しいんよ。』と言われることがある。
 我が家には小さな子供はいないが、小学生の子供を持つ当事務所の社員やパートの方の話を聞いても、塾や習い事で毎日忙しそうである。
 また大人は大人で日々の仕事だけでなく、いつかはやらないといけない “家の用事”もいくつも放ったままの人も多いであろう。
 私自身もやらないといけないことをたくさん抱えているが、どんなことでも最初のうちはまだまだ残された時間は十分あると思って、余裕を持ちながら悩んだり、検討したりしているが、そうこうしているうちに時間ばかりが過ぎていって、気がつけば期限までに残された時間が少なくなっていることも度々ある。

 顧問先の経営者の方が経営上の判断を求められたとき、判断の早い人とそうでない人がいらっしゃるが、全てではないにしても相対的に判断や結論を出すのが早い人の方が事業内容がいい方向に向かっているケースが多いように思う。
 事務所の担当者の面談報告書に問題点や検討項目が記載されており、私も全顧問先の面談記録に目を通しているが、同じ問題が何ヶ月にもわたって持ち越されている顧問先はやはりスピーディさに欠け、取り残されている感じがすることがある。
 雑誌にある上場企業の経営者が最も重要視することとして「早い判断、早い結論の導き」を掲げていた。早ければ何がいいのかというと、「誰もしていないこと、どこの会社も取り組んでいないことを誰よりも早く取り組める」ことと、「上に立つ者(経営者)が仕事をいったん横に置いておくことは、組織全体を停滞させる要因となる」と書かれていた。まさにその通りとうなづける。

 私自身も決してすぐ結論が出せる速攻タイプではないが、私がぐずぐずしているということは組織が活性化せずに停滞する元凶になりかねないので、できるだけというか、多少無理してでも物事を早く進めるようにしている。
 正直言って、自分自身、物事をため込まず、すぐ取り掛かるという行動は「きついな」と思うことも度々あるが、「うちの所長は口ばっかしで、全然動けへん」と思われないようにし、何とか推進力のある組織を作りたいと思っている。
 私が見本になるような行動を率先してとれたらいいのだが、そこまではなかなかできないので、活力ある経営をされている顧問先をまねながらなんとかいい形をつくっていきたいし、「結論を出すことが遅くなればなるほど残された道は少なくなる、つまり選択肢は狭まる」ということなので、限られた時間の中でしっかりと考え抜いたうえで、行動に移す時はスパッと実行する、まさに“熟慮断行”をの言葉に近づけるような姿勢を持ちたいものである。
posted by ヒロイ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。