2018年03月25日

No568:区切りは重要、春もその一つ

 また、大好きな季節がやってきた。
 今日のようにいい天気だと気候的にも申し分ないが、やはり4月というのは新しい年度がスタートするという意味においてもスイッチが切り替わる時でもある。
 学生なら新学期のスタートということで周りの仲間も入れ替わるし、社会人も一定の規模以上の会社なら配属が変わったり、転勤があったりで仕事の環境が変わる時期でもある。ただ、私が長く身を置く税理士業界はよほど大きな事務所でない限り、毎年新入社員が入ってきたりするわけでもないので、メンバー的にはほとんど変わらないが、税理士事務所の一番の繁忙期である確定申告が終わり一区切りのつくのが3月後半のこの時期である。
 春から何しよう、あれもやってみたいなと期待が膨らむだけでなく、やり残していた仕事を少しでも早く追いついて仕上げにかからないといけない時期でもあり、いろいろな面において新しいことが始まる季節である。
 希望に胸を膨らませる若い人も多いかと思うが、仕事の関係先だけで大学を受験された子供さんが10人近くいらっしゃる。その中には思うような学校にパスしなかった方や再度浪人生活という方もあり、子供さん本人にとっても親にとっても何とも頭の痛い、すっきりしない状態のまま春を迎えておられるケースもある。
 そういう意味では決して明るい話題だけではないが、いずれにしても何らかの形でスタート(再スタートも含め)を切るのがこの4月という時期である。

 我が事務所も昨年の12月からこの3月中旬までは例年のこととはいえ、大変忙しい状況が続いていたので、事務所のみんなへの慰労と全員が集う久々の交流という意味合いも込めて今週末の30日に食事会を開催することになっている。
 緊迫した事務所内の雰囲気とはまた違った中で、普段はそれほど話をしないような人とも交流ができる楽しみの時間でもある。

 今日 京都市内を車で走っていると、いくつかのマンションの前で引越し業者のトラックが停まっていたり、大きなスーツケースを引きながら歩く人の姿が何度となく目に飛び込んできた。
 こういった区切りの季節に卒業と入学、転勤や転職、そして引っ越し等は気持ちを入れ替えるまたとないチャンスでもある。他にもお正月や誕生日なんかも気分を一新できる節目と言えるだろう。
 ただ、自分の経験からいっても新たな計画を立て、気分一新となるのは実は一時で、1ヶ月もすればそういった気持はほとんど忘れ去られ、いつものぐうたらな自分に戻っていってしまっているのがほとんでである。これは私だけでなく多くの方が経験されていることであろう。
 「さあ、やろう」ということができていなかったり、「これはよくないことだからやめるぞ」と強い決意のはずだったことが少ししか守れなかったとしてもそれはそれでいいように思う。
 区切りの季節や時期ががなければ、そういったことを考える機会さえもないが、こういったチャレンジする気持ちを持たせてくれるだけでもこの季節に感謝したいというのが偽らざる心境である。

 事務所が大学のすぐ近くなので4月になると、多くの新入生で溢れかえるキャンパスを見るだけでもおじさんにとってはウキウキする季節である。
  今週は入学には少し早いが、桜も満開という絶好のロケーションの1週間となりそうである。
posted by ヒロイ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。