2021年01月31日

No716:コロナで変わった家族観、仕事観

 例年ならお正月になると都会で生活する若者や若い夫婦とその子供が親の住む故郷へ帰省していたが、今回は新型コロナウイルスへの感染を恐れて、帰省は不安と思った多くの親の方が、「今度の正月は帰ってこなくていいよ」と言って 実質的に帰省を断った。
 年に1、2回、子供や孫の顔を見るのを楽しみにして日々の生活を送っているお年寄りは少なくないと思うが、コロナにその楽しみまで奪い取られた形になってしまった。
 もし、年老いた親に持病があり、本来 定期的に会えるはずの家族に会えないまま、病状が悪化して不幸にも亡くなるようなことがあれば、その無念な気持ちは親も子も計り知れないものがあるだろう。
 「また来てね」、「今度はお盆に遊びに来てな」なんていう当たり前のことを口にできないところにこのコロナ対応への苦悩がある。
 「結婚して初めて、主人の実家に行かず、自宅でゆっくり過ごせたお正月でした」ということを少しほっこりした感じで話された奥様もあった。
 どちらにせよ、コロナは会わない家族、会えない家族を自然と作り出す結果となった。
 我が国には、今まで「会ってこそ家族」という考え方もまだまだ残っていたが、この考え自体も大きく変わってくるだろうし、「会えなくても家族」ということを今後どこまですんなりと受け入れることができるようになるのか、これもコロナが課した宿題であろう。

 今日のもう一つのテーマである仕事観も大きく変わろうとしている。
 在宅というテレワークの手法を多くの会社が導入してきているが、これは机を並べて仕事をすることも、“痛勤”とまで言われていた会社までの通勤も必要でなくなった。
 飲食をはじめとする接客業や診療をする医師などは、基本的には対面が必須であるので 上に掲げた勤務形態は当てはまらないが、コロナの感染防止に端を発し、多くに仕事においてそのスタイルが大きく変わろとしているのはご存じのとおりである。
 ただ、いろいろな面において便利になったのも事実であるが、ONとOFFの切り替えが非常に難しくなってくるように思う。
 我が事務所でも、全体の業務把握と決裁事務がある私以外は、ほとんどの者に事務所への出社は週2回程度と制限を加えているが、家で業務をする上での気持ちの切替は結構大変であろうし、逆に時間の制限をかけにくい分、労働時間は長くなっていることもあるような気もする。
 古くは、「仕事を家に持ち込まない」のが仕事と家庭を両立する”できる男”のように言われた時代もあったが、これからの時代、この「仕事を家に持ち込まない」なんていう言葉さえもなくなってしまうのであろう。
 最後にもう一つ、最近 労働(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた造語である“ワーケーション”ということが話題に上がってきているが、この「働きながら休暇を取る」という神業のようなことは私にはできそうにないし、何か合点がいかない部分が頭の片隅に残ってしまう。
 休暇前にはとことん仕事をしておいて、休暇中は仕事のことは忘れたいというのが私の休暇に対する思いであったが、この考えとて今や「古い」と言われてしまう世の中になってしまいつつある。このワーケーションもホテルや観光地の旅館の生き残りのためには必要かもしれないが 個人的にはどこまでいっても違和感を拭い去ることはできない。

 今日も多少 愚痴っぽくなってしまったが、別に今の社会を批判しているわけでもなく、何かしら今まで生きてきた世界と違う部分をこうして書き綴ることによって、何とか目の前の現実と融合していこうとしている年取ったおっさんの独り言として聞いてもらえれば十分です。
 今、一番必要なのが柔軟性のある考え方、柔らかい頭なんだろうなと悟らされた今日の内容であった。
posted by ヒロイ at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

No715:「コロナなんか関係ないわ」という無邪気さに救われる

 休日の楽しみといえば、愛犬ぽぽたんとの散歩であるが、平日はカミさんだけが散歩に連れ出しているので、たまにしか家にいない私の方への寄り付きは今一つである。
 正直、このような異常事態になると仕事での訪問や面談は少しは減ってきているが、なかなか人と会えない分、逆に確認作業が遅れがちで手間取ったり、メールでの問い合わせへの対応などに費やす時間が多くなり、仕事と向き合っている時間そのものは 通常の状態の時よりは明らかに増えてきているように思う。
 事務所自体も1月19日から一部を在宅での業務に切り替え、基本的には週2回の出勤体制をとっているので、誰がいつ出社するのかなと各人の出勤予定表を確認しながら仕事をせざるを得ないという なかなか不便な状態を強いられている。
 政府が要請している「会社への出勤7割削減」には及ばないが、できることは取り組んでいこうと、2月7日(日)までの緊急事態宣言発令中の間は上記のような措置をとっている。
 ただ、顧問先の方は通常の年より経営環境が悪化している中での確定申告であり、面談をご希望されている方については、感染防止策をとりながら できるだけご希望に沿うような形での対応で進めている。

 こういった何かにつけ気をつかったり、いろいろ考えても解決できないような現在の状況の中で、ぽぽたんは朝が来れば目を覚まし、散歩時間になると外に行きたそうにおねだりをしてくる。
 昨日と今日は天候が優れないなか、ワンちゃん用の雨がっぱを着せて散歩に行ってきた。
 雨の音がしているとついつい人間の方が、「もう少し待ってな」という気持ちになるが、ぽぽたんはそんなことはお構いなしである。
 でも、このお構いなしのところが、逆に人間の心を和ましてくれているのであろう。
 小さな子供のいる家庭でも、子供、特に幼児の場合には、親の思いなど関係なくいろいろな要望を言ったり、おねだりをしてくる。
 正直、子育て真っ只中のお母さんやお父さんたちにとってはこんな時、「忙しいのになんで今言ってくるの」ということの繰り返しであろうが、この相手の状況を顧みない無邪気なところが何ともいえない部分であろう。
 うちのぽぽたんも、「人間って朝から晩までコロナって言ってるけど私には関係ないわ。私は散歩して、ご飯を食べて、昼寝ができれば大満足」と言わんばかりに、人間の都合なんかお構いなしである。
 でも、この我々が生きている人間の世界では何一つ明るい話題はない中で、ワンちゃんのこういう態度はかえって救われるし、気持ちも自然と和んでくる。

 これから確定申告のシーズンに入り、通常の年であれば 「大変だけど、年に一回のこの時期 がんばらないと」と思わず、腕まくりするような自分があったが、今年ばかりは「何とか無事終わりますように」と思いながの繁忙期への突入である。

 これから春にかけて、コロナがどうなっているかは予測もつかないし、この一年を過ごしてみて、コロナに対する予測なんて全くあてにならないことは立証済みである。
 こういう時はあまり先のことを考え過ぎずにまさに淡々と過ごすことが一番であろう。
 “淡々”とは「あっさり。こだわらない。」という意味であまり自分には似合わない言葉のような気がするが、ここへきて“淡々”という意味の必要性が分かってきた。

 コロナの状況は全く先が読めない中、確定申告が終わるまではあれこれ考えずに“淡々”と過ごすことに徹しようと思っている。
 こんな時こそ、些細なことに一喜一憂せず、素知らぬ顔でいることが意外と重要で、ぽぽたんがいてくれて本当によかったと思えたコロナ禍の休日であった。
 それにしても本当に天気の悪い休日でしたね。明日は晴れるようなので、少しは明るい気分になれるのかな?
posted by ヒロイ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

No714:あんなスーツが着てみたい

 妙なタイトルの今日の話は果たして今の若い人に通じるのかどうか疑問がないわけではないが、我々の年代の者にとっては、いい(高級な)スーツは憧れであり、目標であったという 時代錯誤のおじさんの話としてサラッと目を通していただければ幸いです。

 スーツを着る仕事をする者にとって、スーツは普段着のようなものでありながら、「いつかはあんな(上等な)スーツが着てみたい」なんて考える、いわゆる憧れの対象物であったり、目標であったりしたものである。
 かれこれ35年以上も毎日 制服のように着ているスーツであるが、若い頃、顧問先で業績のいい会社へ行き、社長室で面談するとき、その社長の着ているスーツが艶がよく、何ともいえない光沢があり いかにも高そうなのを見て、 「あんなスーツを1回でいいから着てみたいな。自分が着たら似合わんけど いったいいくらするんやろ」と思ったことがあった。
 当時は青山やアオキのような量販店もなく 2、3年に一度 賞与が出たときに百貨店の安めのコーナーを探して新調したものである。
 持ち合わせの数も限られており、結構よれよれになるまで着ていたし、新調して間もない頃に職場の机でひっかけて、スーツが“重傷”を負ったこともあった。当時は今と違って仕事場の机は角がとがっていて、着ているものは引っかかったり、摺れたりすると イチコロ であった。
 前に勤めていた税理士事務所の所長さんもいつも素敵なスーツと派手さはないがおしゃれなネクタイをされていて、こういった着こなしってどうして身につくのだろうと若いながらも考えたものである。
 テレビにスーツ姿でよく出る筆頭は政治家であろうが、その中でも麻生さんや安倍前総理のスーツは、 「なに、あの高そうなの」と思いテレビを見ていたこともあった。
 以前、ある雑誌に麻生さんのスーツは50万円程するものと書いているのを読んでから、さらに麻生さんのスーツに目がいくようになった。

 でもこういったサラリーマンの憧れのようなものも、ある意味 コロナは消し去っていっている部分もある。
 職種によっては自宅で仕事をする機会が増え、それに伴って直接 面談することも減ってきているし、各業界の研修会や懇親会もほとんどないので、こういった正装の場がほとんどなくなってきている。
   見栄を張っていいものや高いものを身に着ける必要はないし、私自身 そういったものにそれほど興味がある方でないが、やはり男性でも女性でも、いい服が似合っているのを見るとうれしい気分になったり、時には羨ましくなったりもする。
 こういう機会は目の保養だけでなく、少し大げさかもしれないが、「あんなの着てみたい」、「あんなかばん欲しいな」というような欲望(これって物欲というのか?) が、自分の中だけに湧いてくるエネルギーのようなものであったりすることもある。

 まあ、こんな価値観は今の若い人には通用しないのだろうが、こういった何気ないことで刺激をもらうことも仕事や生活の中で 決して意味のないものではないと思ってる。
 私自身、いい車に乗って、大きな家に住もうなんては思わないが、今とは違う、就職=競争社会に身を置いていた あの20代、30代であった昭和から平成にかけての時代では 何かこういった目標がなければ、あの凄まじい激務なんてこなせなかったと思う。

 私はサイズが合わなくなったり、形や色を見て 「もう着ることはないな」と思った服を処分することがあるが、30年以上たっても捨てることができず残してあるものが一つだけある。
 それは就職して3年目の冬に賞与の大部分をつぎ込んで買った憧れのバーバリーのコートである。もうサイズも合わないし、20年以上も着ていないが、まるでお守りのようにクロゼットの一番隅っこに掛けたままにしてある。

 私自身 決してコロナのことを軽んじているわけではないのだが、マスコミ・報道は朝から晩まで「コロナ、コロナ」なので、ここではあえてコロナ以外の話題をと思って綴るようにしている。ただ、毎日の生活を振り返ると、必ずどこかでコロナのことを頭に置きながら行動している部分があるので どうしてもコロナ関連の内容が多くなってしまう。
 そんな中、今日は少し“脱コロナ”の話題を綴れたのでホッとしている。
 とはいえ、日々の生活では何よりも感染防止には最大限の注意を払って 過ごしいかなければならない。
 最後に一言、「みなさん自分の体は自分で守りましょう。」
posted by ヒロイ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

No713:“直感”って、意外と大事

 ここで綴るのは年始のあいさつの年賀状を除くと12月20日以来となり、本当に久しぶりの感じがする。

 タイトルで掲げている直感っていうと何だか根拠のない思いつきのようにも捉えられてしまうこともあるが、先日読んだ本には直感も立派な能力である というようなことが書かれていた。
 何かを決める時、最初に直感で「これだ」と思った後、「いや待てよ、最初にAと思ったけど、よくよく考えてみるとBの方もいいかも?」、「でも、いろいろな面から考えてみてもやっぱりAやな」なんて、いう経験は誰にでもあるはず。
 最初にいいと思った方に決めきれず、いったん別の選択も模索するが、結局は最初にいいと思った方に戻って、それしてしまうということもよくあることである。
 これは経営者として少し重要な判断をする時でも、最終的には最初に考えていたのが最良の判断と思えるようなことは度々ある。
 よくよく考えてみるとこの直感というのは、ただ単に当てものやくじ引きのように運に頼るというものではなく、その直感というものには今までの経験や自分の中に蓄積されている知識に基づく判断が入っているように思う。
 だから直感って捨てたもんじゃない というのが私の思いである。

 人を採用する時、2人の応募者と面接をし、さあ どちらを採ろうかと考えた時に 今までの雑念が頭をよぎり、「過去にもこのタイプの人を採用したが、後々 混乱の原因になったな」とか、「Aさんの方が能力の面からみると優秀だけど、やっぱり明るい感じのBさんも今のうちの会社には必要かな?」なんていろいろと悩んだ末、採用したが 「しまった、あっちにしとけばよかった」なんて後悔した経験は誰にでもあるはず。
 こんな時、直感と言えるかどうかは分からないが、「この子(人)といっしょに仕事をしてみたいな」と直感で思って採用した人の方が後々うまくいって、長続きしていることも多いように思う。

 ちょっと、話が横道にそれ、大きな話ではなく些細な話になってしまうが、外出時に昼食でお店に入った時、Aランチがおいしそうだが870円で、Bランチが800円だったとしたら、この70円に差に目がいってしまい、メニューの中身でなく、値段の差だけでBランチにしてしまうことがある。
 当然、年齢や懐具合によって この決定の下され方は様々であろうが、隣でおいしそうなハンバーグの付いたAランチを食べる人を横目に、「しまったAにしとけばよかった」なんて後悔したことは一度や二度ではない。
 逆にメニューの中身もあまり見ずに、ちょっと奮発して値段の高い方を選んでしまったが、よくよく見ると、安い方に好みのものが入っていたということもある。
 人生の岐路ともいえる進学や就職において、何を根拠に決定を下すのかは人それぞれであろうが、後悔するかどうかという点においては 直感で物事を決めた時の方が後悔が少なかったように思う。
 ただ、最初にも言ったようにこの直感ほど人間の能力が試されることはないのだろうなとも思われる。
 最良の判断が下せる直感力を磨くには、経験と学習の積み重ねが必要であるということのなるのであろう。
 最後にお付き合いする人や結婚相手は、多くの人がまさにこの直感に頼って決めているのではなかろうか思う。私がどうであったかどうかは別にして。
 直感以外の俗にいう後々の計算が頭をよぎると、足が一歩も二歩も後ずさりしてしまう。
 まあ、結婚なんて人生最大の賭けで、大当たりなんて言うことはまずはないし、大外れでなければよし、というくらいの気持ちでいかないと それまで他人であった人といっしょに生活なんてできないであろう。

 話がえらい方へ飛んでしまったが、いい直感が働くように 日々、何事にも頭や心を研ぎ澄まして生きていくことが大切なんだなと思うと同時に これからも直感に頼って物事を進めていけるくらいになりたいものである。
posted by ヒロイ at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

No712:謹賀新年

 あけましておめでとうございます
 新たな年を迎え みなさまはどんなお正月をお過ごしでしょうか。
 今年も事務所の年賀状で新年のスタートをきらせていただきます。
 以下、事務所の年賀状より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

    謹賀新年  
 今から一年前のお正月は多くの人が今とは全く違う晴れやかな気持ちで新年を迎えられていたと思います。
 中には2019年のラグビーワールドカップで盛り上がり、次は2020年の東京オリンピックでさらに・・と期待に胸を膨らませていた人もいたでしょう。
 それが一転、2020年はあの憎きウイルスが日本だけでなく、世界中を奈落の底に突き落としました。
 こんな中、これからの一年は前進できずに立ち止まることもあるかもしれません。時には後退することだってあるでしょう。ただ、そんなことは全く気にする必要もなく、

  “焦らず” “腐らず” “諦めず” そして体と心が “健康” で過ごせたら十分でしょう。

 今後の予測や計画は立てにくく、どんな一年になるのか想像もつきませんが、今よりも少しでも世の中が明るくなるよう みんなで力を合わせていきましょう、誰しも独りぼっちではありませんから。
 これからも皆様方とともに歩んでいきたいと思っておりますので何卒よろしくお願いいたします。

      令和3年 元旦 


 〒602-0941  京都市上京区今出川通小川東入南兼康町334
        廣井増生

 URL:http://www.tax-hiroi.com
 Tel:075-406-7020 
 Fax:075-406-7025
posted by ヒロイ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする