2020年12月20日

No711:雪の積もった故郷に元気づけられた

 先週の12/15(火)と12/16(水)は私の出身地である与謝野町を含む京都府北部へ毎月の定例業務ため訪問していたが、よりによってこの2日間はこの京都府北部の日本海側は雪が降っていて、車での移動中も時には横なぐりの雪が降りつけ、車のワイパーは休む暇もなく雪除けに大活躍であった。
 京都市内でも北に位置する北区や左京区は雪も多少ちらつくももの、道路に積もるような降り方ではなかったが、私が仕事で雪国へ向かうこの日はまるで狙い撃ちしたかのような雪降りの天気であった。
 今回の大雪は新潟県などでは高速道路で車が立ち往生したり、他にも積雪による被害が出ているので、雪が降ってよかったなんて言うのは、多少不謹慎かもしれないが、今回 仕事先で雪に遭って 少し心が和んだ部分がある。
 昨冬は暖冬だったので雪を目にすることさえほとんどなかったので、車のスタッドレスタイヤもほとんど活躍することなく、あまり冬を感じることなく春を迎えてしまった。
 日常生活を送る上では、暖冬の方がいいに決まっているが、先週の雪は久しぶりに故郷を思い出したというか、小さい頃はこんな中で、スキーやそり遊びをしたりをしたり、学校の休み時間には雪合戦で雪降りにも関わらず汗だくなったことを思い出した。
 その日も顧問先(クリニック)へ行くと 院長先生が駐車場の雪かきをされており、雪国ならではの苦労を目の当たりにしたが、私なんかはいくら大変だといっても今 毎日の生活に“雪”があるわけでもなく、こういった雪国の方は私なんかの苦労とは比較にならない程 大変なんだろうなと この先生の額の汗を見ながら感じた。

 雪の話をもう一つ。
 あちこちで雪かきしている人を見て、子供の頃 雪の降る朝 いつもより早く起き、スコップで道路の雪かきをし、通学路を確保してくれていた父のことも久しぶりに思いだした。
 雪の日の朝は目さまし時計ではなく、「ガガガガ―」という 雪かきをする父が持つスコップが道路をえぐるような音で目が覚めるのである。 それと、屋根に積もった雪が軒下に落ちてくる「ドーン」という地響きのような音、これが雪の日に目を覚ましてくれる音である。
 仕事で行った故郷でたまたま雪を見て、両親を思い出したという何ともセンチな話であるが、その父は既に亡くなっており、母も施設に入っているので、私と話をするのを楽しみにしていた親と話をする機会さえ今はもうなく 寂しい限りである。

 都会にいると、「温泉に行って雪景色を見ながら かに料理を」なんていう旅行のパンフレットを見ることもあるが、雪国育ちの者にとっては雪を見ながらお酒や料理を楽しむなんていう発想はなし、冬になれば雪というのは生活そのものという感じである。
 だた、私も地元を離れて40年も経つと 段々 昔のことは忘れてしまっているが、仕事とはいえ こうして雪に出会うことは、少し大げさかもしれないが、何か忘れかけたものを思い出させてくれる そんな気持になった。
 確かに雪道を運転するのも一苦労だったし、靴の中までも濡れてしまったが、故郷で雪に遭遇したことは、懐かしさだけでなく、なんとも言えないパワーをもらった気がした。
 また、いろいろな意味で、「いくつになっても自分の原点を忘れてはならないぞ」といって励ましてくれているような気がした。
 思わぬ雪であったが、やはり幼少期を過ごした所は、本人しか分からない不思議な力があるもんだなとも思った。
 私の子供たちは3人とも京都を離れて暮らしているが、将来、京都で祇園祭や大文字、それに鴨川を見ると何か目に見えぬパワーをもらうようなことがあるのかもしれない。
 いくつになっても故郷はいいものであり、温かさを感じられるありがたいものである。

 今年はコロナの影響でお正月に里帰りできない人も多いと思うが、ほんの少しの時間でいいので、故郷のことを考えることは決して無駄なことではないと思うし、きっと自分の原点がそこにはあるような気がする。

 今年も仕事するのは あと1週間。いいお正月を迎えられるように目の前にある やり残したことを何とかきりをつけたいと思っている年末の日曜日の夜である。
 明日も雪の降る日本海方面へ出張ですので今日はこのへんで。
posted by ヒロイ at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

No710:社会人になって36年、今年は初めてのことばかり

 人生の大きな転機であった税理士事務所の立ち上げ、いわゆる独立開業というのは自分自身でも非常にインパクトが強く、ことあるごとに「開業〇年目」と自問し、事務所の軌跡を振り返ると同時に今後の事業展開について模索しながらここまでやってきた。
 今年の9月で丸13年を終え 現在14年目に入っているが、ここまでは、まさしく“暗中模索”の繰り返しで、一応、脇目も降らずに、横道にも大きくそれることなく 過ごしてきたので、時系列でいつ頃何をしたという記憶はほとんどないが、顧問先のリストを眺めていると、「あの時、あんな話をしていたな」とか、「あの時はヒヤッとしたな」というような出来事がいくつか断片的に思い出されてくる。

 今日、手帳やカレンダーを見ていて、1981年に社会人になった私は、この仕事だけを39年間も続けていたんだなとその期間の長さに自分自身でも驚いていた。
 我々の世代は、我が国の終身雇用や年功序列がまだ多少なりとも残っていた時だったこともあり、学生時代の同窓会やクラブのOB会名簿を見ると新卒で入った会社にそのまま在籍している者も結構いる。今の時代なら考えられないだろうし、若い世代にとっては、「それ何?」と、転職経験がないことをかえって不思議がられる時代になってきている。

 そんな中で、社会人36年目にして初めてのことがある。さて何でしょう?
 多くの方々も同じだと思うが、忘年会が一つも実施されない年末 ということです。
 昨年までであれば、もし 今年のような年末の形が目の前にあれば、世の中がおかしくなってしまうのではと思っただろうし、それ以前に忘年会のない年末なんて考えもつかなかったというのが正直なところである。
 ただ、年末に何もないこの状態が現実であり、もしかすると今後もこういった形はしばらく続くのかもしれない。
 私の人生の中では、学生時代の友人が40代の時に自殺したことも大きなショックであったし、阪神淡路大震災の時、あちこちでビルが倒れているところや東日本大震災の時、津波が襲ったあの光景は、災害とは一瞬にして目の前の現実を奪ってしまうということの惨さを目に焼き付けられた 忘れられない出来事であった。
 今回のコロナの感染拡大は一瞬にというわけではなく じわじわとではあったが、こんな経験は今までしたことがないし、これからどうなるのか全く予測さえもできない。
 よく年末になると「来年はこんな年に」とか、「これをしたい」なんていう想いを抱くが、今年はそういった想いが一向に湧いてこない。
 経営者として、また、経営者である顧問先を支援する立場として、こんな思いを持つのはどうかと思うが、これが今の正直な気持ちである。

 いつ何が起こるか分からない世の中になってしまったので、計画を立てるのがムダなのか というとそうでもないが、周りの状況によって予定どおりに進まない計画や「まあ予定どおりに行かなくてもしゃあないか」なんて思えるような計画なんて全く重みがない。
 決して無計画で一年を過ごすというわけではないが、計画や目標を立てる意味があるのだろうかとさえ考えてしまう世の中になってきている。
 ただ私自身、何か一つ指針のようなものがないと一年を乗り切っていけない性格なので、全てのことに対して 「ルーズにならずにきちんとしよう」 いうことを自分への約束として、1年を過ごそうと思っている。
 これって抽象的でつかみどころはないが、結構大変な心構えのようなものである。
 これ以上細かなことは考えないようにして、これからの1年を過ごそうと考えている。だって 何が起こるか分からないし、「36年目にして初めてのことばかり」なのだから。
posted by ヒロイ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

No709:コロナは季節感をなくしていく

 ここでも季節ごとの「休日の過ごし方」であったり、事務所で「この時期に取り組んでいる業務」をとり上げたことは何度のなくあるが、コロナのせいで各種の行事やイベントがほとんどなくなり、季節を感じる機会も随分減ったように思う。
 先週あたりまでは、紅葉が見頃であったのとGotoトラベルとやらで京都の観光地も賑わっていたようであるが、我々京都市民はこのコロナ禍においてあえて人の多いところに出かけるなんてことはしないし、どちらかというと今年の秋の休日は、家で過ごすことが多かった。
自宅の近くの宝ヶ池球技場でも、毎年恒例のように観戦に行く関西の大学ラグビーの試合は、実施はされていたものの、部員や保護者等の関係者以外は入場できなくなっており、観戦する機会さえも奪われた格好になっていた。
 季節感を感じにくくなっている理由は、秋に限って考えてみると、修学旅行生の激減、大学の学園祭の中止、地域の運動会や文化的な行事等、秋ならではのイベントと言われるものはほとんど行われなかったことにも起因しているように思う。
 また、12月になってからは職場をはじめ いろいろなグループで行われていた忘年会も全くないという状態で、いったい今 何月なんだろう なんて考えてしまう時さえある。
 私の仕事は各月ごとに法人の決算があったり、今の時期は年末調整、そして年明けからは確定申告期の準備、そして本番と くまなく日程が立て込んでいるので、仕事を通しては否応なしに季節を感じざるを得ない状況になっている。
 ただ、自然、その中でも気候変化というのは四季のある日本では、当然のことながら必然的に感じることができ、この時期になると「あっ、冬がくる。冬の準備を」ということで、コートを出してきたりする衣替えはどうしても必要なものとなってくる。
 また、当事務所は積雪の多い地域に数多く顧問先を抱えているので、12月に入ると車のタイヤをスタッドレスに換えないといけないが、今年は12月になっても気候が穏やかだったこともあり、すっかりこのタイヤ交換のことを忘れていた。
 先週、12月のスケジュール表を見ていて、12月中旬の訪問の時までには換えておかないといけないことに気付き、5台の車を順次変えるスケジュールを組んでいるところである。
 この一年を振り返っても、京都では三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)の巡行や鞍馬の火祭は中止となったし、大文字五山の送り火も各山に数点だけ灯をともすという 例年とは違って比較的静かな8月16日の夜であった。
 こうしてこの一年を振り返ってみると異例ずくみの年であったし、京都経済の中心的役割を担う観光・サービス業においては依然として非常に厳しい状況が続いている。
 私の事務所のある今出川通も烏丸から堀川まで800m少しの間に飲食店を中心に数多くのお店があるが、そのうち少なくとも5、6店はここ数ヶ月の間に閉められた。本来であれば大学生で賑わう街に大学生がいなくなるということは、学生を対象としていた店にとっては まさに死活問題であることを目の前で証明された形となった。

 今年も段々 年末が見え隠れしだしているが、何とか来年は元のようにとは言わないが、少しは光が差し、その光が少しでも強く大きくなっていくことを望むばかりである。
 お正月が近づいてくる12月の過ごし方や気持ちの持ち方も一年前とは大きく変わってきているが、何事もなく、健康で毎日を過ごすことこそが、大切であると感じる今年の12月である。
 コロナ、コロナ、コロナ 全てのことがコロナに関連付けられ、コロナのことを一日たりとも忘れたことのない、忘れてはいけない 本当に重い一年であった。
 年末まで1ヶ月を切ったが、何事もなく年末を迎えることができるようにと願うばかりである。
 では、みなさん まずは年末まで何とか乗り切っていきましょう。
posted by ヒロイ at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする