2020年11月29日

No708:理想の税理士って?

 税理士業務をしていると、顧問先の経営者の方とのやり取りは会計や税務のことが基本であるが、それ以外にも労務問題、継承を含む将来の構想や今後の事業展開等、相談の内容は非常に多岐にわたっている。
 そういった経営者とその顧問税理士との理想の関係はどんなものなのか、これについては十人十色というか千差万別というか、顧問先の方 一人一人によって求めておられるものに違いがあり、ご夫婦で運営されている場合でお二人の意見が異なることだってたびたびある。

 当事務所の顧問先には大企業はなく、中小零細企業や開業医がほとんどであるので、決算書を含む財務諸表や申告書に上がってくる数字だけの分析や説明だけでは経営者のニーズに応えられないこともある。
 個人や家族にとっての必要な資金であったり、親、ご本人、配偶者、子 それぞれの将来についての方向性の相談も数多くあるが、全ての経営者がそれを望んでいるかというとそうでない場合もあり、会社の財務数値のみきちんと把握するだけでよく、個人的な事情までは入り込んでほしくないと思っておられる経営者もないわけではない。
 我々顧問税理士であるので、当然のことながら経営者の心の中まで探りながら税務顧問の仕事をしているわけではないが、この辺の関わり方というか、深度について人それぞれによって違いがあるので非常に悩むことところでもある。
 ただ、どんな場合でも信頼関係があって、初めて我々の業務は成り立つので、この信頼関係の構築こそが命と言っても過言ではない。

 私もこの仕事をしてから今年で36年目、勤務先を退職し独立開業してから13年になるが、信頼関係を築くということは年齢や経験に関係なく、非常に難しく、時と場合によっては長い間保ってきたの信頼関係が一瞬にして壊れる(壊れた)ことだってある。
 税理士と顧問先との関係をあらためて考えてみると、一般的な商売とは大きく異なる点がある。
 上下の関係で物事をとらえるのはよくないのは分かっているが、顧問先の方々は税理士あるいは税理士事務所に顧問料を払うという点においては顧客であり、そのことだけをとらえると税理士の上に立つ人側かもしれないが、顧問先の方々が何か質問や確認をされ、それに対して教えたり、伝達している時には、その二者の間に“教える”という行為が存在するがゆえに、そこにはついつい教える側と教わる側という関係が存在することもある。
 この辺が仕事をしていて非常に難しく感じることでもある。
 ただ、上とか下とかいう関係でなく、深い信頼関係あれば、そんなもの上でも下でもどちらでもいいというのが本当のところであろう。
 そういった意味においても、我々の仕事はまずは正しいことを伝えること、それもできるだけ早く。また、自分の強みと弱みを自覚し、強みはより強く、弱みがもしあれば、それを弱みとはならないように努力をすること、それと顧問先の経営者の方の真の要望、つまり文書や口頭だけでなく、その経営者が胸の中にある重要な部分ををつかむという、非常に難しい技術と能力も必要となってくる。
 これらは学習だけでなく、更に自分というものを高めていかないとなかなか要望に応えられない部分である。
 こんなことを考えていると、税理士として顧客満足度を高めることは奥が深く、本当に難しいものであり、多分この仕事から身を引く時まで解決しえないことであろう。

 最後に我々、税法という法律を扱うという観点から、ここだけは超えてはならない線というものだけは、絶対に忘れずに業務に取り組んでいかないなとあらためて思った。
 なんだか小難しい話になってしまったが、「いくつになっても、どんな立場になっても、しっかりと仕事をしろよ」と自分に言い聞かせて今日の話は終わりにします。

 では、世の中が再びコロナで騒がしくなってきましたが、対策だけは各自で万全を期し、毎日をお過ごしください。
posted by ヒロイ at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

No707:前例のない中で生きていくには

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大する方向へと進む中、世界中の国々が拡大防止への対応に追われている。
 我が国でも死亡者の数こそ欧米諸国と比べると少ない数字ではあるが、収まるところが見えないという点では、本当に我慢比べのような状態が続いている。
 そんな中、家族との外食や旅行を控えることはあっても、家に帰ると食事をとり、睡眠をとるという基本的な日常生活は大きな変化がないが、家から一歩出ると、乗物に乗ったり、買物に行ったり、仕事で出かける場合、そして休日の過ごし方などは、今までとは違ってあらゆる面で規制がかかり、もはや規制の中で生きていると言っても過言でない状況が続いている。

 今まで生きてきた中で自分自身で何かを考え、行動する場合でも多くの場合が前例に従って進めていけば大きな間違いは起こらなかったし、「あれっ?今までのやり方ではおかしいぞ」と思う部分だけ、自分なりに考え、新しい方法を取り入れていけばよかったのが、今やほとんど前例のない中で日常生活を送らないといけない状態になってきている。
 些細なことであるが、先日地下鉄に乗ると少し込み合っていたので、車両の中ほどの立っていた時、カーブや減速時に車両が揺れたが、今までなら周りの人に寄りかかるようなことがあってはならないと必死でつり革を握っていたが、今や誰が触ったか分からない そのつり革に触ること自体がよくないと言われていたことを思い出したので、足を仁王立ちにして踏ん張ったがやはり左側に体が傾き、隣に立っている人を押す形になってしまった。つり革さえ握っていたら全く問題はなかったはずだが。
 税理士同志のある会でも顔みしりの人も含め、メンバーの親睦を深めようと懇親会(実質食事会)、特にこの時期なら忘年会が実施されるが、今年はこういったことは一切ないので、新入りの人で顔を知らない方は知らないままで、名簿の中だけでの新メンバーの確認である。
 それ以外でも一年前では想像もつかなかったことが目の前にまるで当然のように広がっていっている。
 海外旅行には行けないし外国人も見かけない まるで鎖国のような状態、学生の少ない大学、そして身内の者が入院や入所していても顔も見にも行けない病院、介護施設。そんな中で都会暮らしの若い人が帰省しずらい状態はまさに田舎で暮らす老親にとっては体だけでなく、心までもが病んでいく状態になりかねない。
 今まで子や孫に「お正月は帰ってきて、おいしいものでも食べてゆっくりしいや。」なんて言っていたのが、今や「今度のお正月は帰ってこんでもいいしな」なんていうようなやり取りがあちことでなされているのであろう。私から見れば、本当に世の中“終わってる”状態になっている昨今である。
 こんな中では、今までどおり というのは通用ないし、今 自分は誰に対して何を どういう方法でするべきなのか 行動を起こす前に疲れるくらい念には念を入れて考えて動かないといけない。
 コロナが蔓延しだしてから春、夏、秋と3シーズンを経験してきたが、いよいよ初めて迎える冬である。
 本業の方でも確定申告期の税務相談への税理士の派遣は今回からなくなったが、申告をしなくてよくなったわけではないので、自力で申告書の作成が困難な方にとっては大変な状況である(一応、税務署員は対応する形になりそうです)。
 
 とにかくしばらくの間、前例のない中で生きていかなければならなが、今後数年後には今の生活が前例になっているのだろうか。
 入学式、卒業式、修学旅行、成人式、同窓会、結婚式、葬式、法事、親睦会(納涼会、忘年会、歓迎会、送別会含む)、研修会、スポーツ観戦にコンサート・・考え出したらきりがないが、何もかもが私の周りからなくなってしまっている。
 永遠にというわけではないだろうが、次に復活というか始まりだした時には、従来のものとは形を変えて戻ってくるのであろう。

 この歳になって適応するだけでも大変であるが、この変化は自分だけではないので と慰めながら生きていくしかないのでしょう。
 本当に何カ月間もの間、ぱっと視界が開けたことがないな とあらためて思い入った秋の夜でした。
 そろそろ寒くなってきそうです。こんな時です、体調管理だけは万全に。
 では、今日はこの辺で・・。
posted by ヒロイ at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

No706:”育児”と同様、避けて通れない“介護”

*「職場において労働者が関わる、会社の設備や体制、勤務時間、上司や同僚などの人間関係なども含めて様々な事柄を表す用語」
 実はこの説明文は、“職場環境”の定義(意味)である。
 一般的に「いい職場環境」とか、「職場環境が悪すぎる」なんていう言い方をするが、「いい職場環境」とは、一言でいえば「仕事のしやすい、仕事を続けやすい状況」のことを言うのであろう。
 会社や職場を選ぶ基準として、比較的若い年代にとっては出産や育児に支障のないということは重要なことであろうし、出産に関しても当然のことながら女性だけでなく、男性の方もどのように関わることができるのかも非常に関心の高いところであろう。
 また、転勤や配置転換の有無等、働く場所についても職場を選ぶ基準になるし、いくら給与が他の会社と比べて高かったとしても、こういった職場の環境が整っていないと働く人からは敬遠されることもあるだろう。逆に企業や事業主側もこういったことが他と比べて見劣りしているようではいい人材の確保は厳しくなってくるのは当然予測される。
 もちろん労働法規や就業規則ではこういった権利は当然のことのように守られてきているが、実態はどうかということが問題である。休みたい時、必要な時に休めるかどうかとか・・。

 我が事務所で働く人のお子さんも0歳から上は大学院生まで年齢も幅広いが、子供の年代ごとに必要とされる親の関り方はさまざまである。
 30代の男性社員は毎日子供さんを保育園に送ってから事務所に出社するようだし、病気の時には子供さんを病院に連れていくこともあると聞いている。
 また別に受験の後 大きな費用を掛けて進学されるお子さんを抱える方もいるが、こちらはこちらで子供へ愛情や労力をつぎ込むだけでなく、経済的な負担がドカッとか掛かってくるので、まさしく 「子供を学校にやるために働く」ということになるのだろう。
 今の時代 あまりプライベートなことは本人が口にしない限り、こちらから問いかけることはほとんどないが、今後はこの子育て以外にも親の介護(世話)ということも大きな問題になってくると思うし、当事者だけでなく職場としても避けては通れない問題になってくる、というか なってきているように思う。

 我が事務所には40代から50代の人も多く在籍しており、この年代に者にとっては 当然のことながら親の介護やお世話は日々直面している問題であろう。
 実際、70〜80代の親を抱える40代の男性社員2人の親御さんがこの2週間の間にどちらも病気のため入院されたと聞き、これからは仕事とこの“介護”との両立も非常に大変なことになってくるのだろうなと思った。
 このうちの一人は年明けに子供さんの中学入試も控えており、本当に体がいくつあっても足りないという毎日であろうし、まさに”子育て”と”介護”をダブルで抱え、当面の間、そういう毎日を送ることになるのであろう。
 私は施設に入っている母のことは気にはなるが、周りの人から比べると手を差し伸べないといけないという状況ではないし、施設とのやり取りは兄が仕切っていてくれているので、負担感はさほどないというのが現状である。
 共働きの若い世代の夫婦が子育てしながらも続けられる職場というのがよく話題になっているが、これからの時代、介護をしながら仕事も続けられる職場というのが魅力ある職場になってくるのかもしれない。
 法的には介護休暇は保障されてはいるが、私の周りではこの制度を使った人をほとんど見たことがない。しかし、これから職場選びをする上ではこの介護休暇の取得のしやすさも重要なポイントになってくるのかもしれない。
 当然 休暇を取得する権利があるが、こういった規則に掲げられているだけでなく、本当に必要な人が利用した実績が積み上げられることが重要である。

 これからの時代、誰しもが取り得る当たり前の休暇になるような時代になることが、日本の長寿社会を支えることにつながっていくように思うし、私もいつかは介護をしてもらわないといけなくなる日がくるので、他人事ではないのである。
 よく「子供や親族の世話にはならない」とみなさん口にされるが、そうはいかないのが今の日本の現状であることは誰しもが実感していることであろう。最後は施設に入って、そこで世話になったとしても・・。 
posted by ヒロイ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

No705:久しぶりに高校野球で熱くなりました

 こんなコロナ禍でスポーツの話題をとり上げること自体 ?が付きそうなご時世であるが、毎年 野球、サッカー、ラグビー、陸上(マラソン、駅伝を含む)を観に行ったり、高校野球やマラソン・駅伝をテレビで観戦したりするのを楽しみにしていた私も 今年は生(ライブ)での観戦は一度もない。
 テレビでもスポーツ番組は時々 中継されてはいるがなぜか気持ちの盛り上がりがなく、ほとんど見ていないというのが実情である。
 今年は高校野球は春・夏ともに甲子園での全国大会は中止で、高校野球ファンの私にとっては何とも寂しい年であったし、来年(2021年)も開催されるのかどうかは分からないが、プロ野球も観客数に制限を加えて開催されていることから考えると、同じような形で実施されるのではというのが今の時点で予測されることであろう。
 一応、来春の選抜が開催されることを想定し、高校野球も来春の選抜の出場をかけた各地区での秋季大会がほぼ終わろうとしているが、その中で久しぶりに目を引く話題が飛び込んできた。
 それは 九州大会でなんと離島の公立高校が各県の私立の強豪校を撃破し、優勝したという何とも信じがたいニュースである。
 この高校は長崎県西海市の大島にある大崎高校という長崎県立の高校である。
 この大島という島は人口4900人余の島で、この大崎高校も全校生徒数118人という高校では“ミニ”の分類に入る少ない生徒数である。
 こんな話題性のある高校であれば、長崎県内で3、4番手に入れば、選抜では「21世紀枠」での出場の可能性もあったと思うが、九州8県の頂点に輝いたということで、選抜出場は確実で、正に実力で勝ち取った誇れる話である。
 昨今の高校野球と言えば、大阪桐蔭、履正社、智辯和歌山、花巻東、東邦等 頭に浮かぶのが私学ばかりで、公立と言えば昨年の金足農業(秋田県)くらいのもの。いわゆる私立強豪校のオンパレードである。
 高野連やマスコミは、「公立」、「地方」、「文武両道」が大好きなので、これから春にかけてこの大崎高校はいろいろなところで取り上げられると思われる。
 ところでなぜ、こんな離島の高校が強くなったのかといろいろ調べてみると、どうやら指導者(監督)が長崎県の中でも有名な優勝、甲子園請負人的な人物であり、この監督を慕って、野球で実績のある生徒が集まってきたようである。
 この監督についてさらに調べていくと、過去には謹慎処分を受けたことも記されていたが、ここではネタ探しに躍起のなっているどこかのマスコミのようなことはせずに心から祝福することにしよう。

 私自身、分野を問わずあらゆるスポーツが好きであるが、自分自身が選手時代もそうであったように、練習のプロセスと結果のどちらにもドラマ性があり、いい結果がでればこの上ない喜びとなるが、仮にいい結果が出なかったとしてもスポーツをしたことのある人は、「やったこと」に満足し、「やらなかったらよかった」と思う人はまずいないと思う。
 冒頭でも述べたが、コロナが感染しだしてからはなかなかスポーツに触れる機会がないが、こういう状況下になればなるほど、スポーツの意義をあらためて感じてしまうというのは何とも歯がゆい限りである。
 スポーツのことになるとついついのめり込んでしまうが、ここでスポーツの話題をとり上げるのも久しぶりであり、少し血が騒いでしまった。

 最後にお正月の風物詩となった箱根駅伝の話題を少しだけ・・。
昨年12月8日に ここのNo659で山梨学院と上田誠仁監督に対する私の想いを綴ったが、その山梨学院が予選会を何とか通過し、2年ぶりにお正月の本選出場できることになった。
 スポーツは人それぞれに楽しみ方があると思うが、目の前のプレーだけでなく、こういった選手や監督、そしてチームの軌跡を押さえながら観ることで より一層深い感動を与えてくれる。

来年の東京オリンピックの開催は個人的には厳しいと思うし、無理して開催することは避けなければならないと思っているが、これまた最終結論が出るまでにいろいろな駆け引きがあると思うし、この綱引きのような過程をしっかりと見ておくこともスポーツマン(一応自負している)にとっては大切なことであると思っている。

 この歳になってスポーツに惹かれる理由、それは感動することだけではなく、単純に「仕事を忘れられる時間」であるからであろう。
 これって純粋でないかもしれないけど、大事な理由ですよね。
posted by ヒロイ at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

No704:リニアは本当に開通できるのか

 JR東海はリニア中央新幹線(東京・品川〜名古屋)の2027年開通を目指して工事を進めているが、ここへきてその予定に暗雲が垂れ込めだしてきている。
 というのもみなさんもマスコミの報道で耳にされていることかと思うが、静岡県内の工事区間での水(水系)問題の浮上である。
 これは静岡県北部の南アルプスを貫通するリニアトンネル工事によって、大井川の水量が減少し、静岡県内の地域住民の生活に大きな影響を及ぼすというものである。
 こういった自然環境への影響は工事が完了し、使用が始まると 後では元に戻れない大きな問題なので避けては通れないし、早急に結論を出したり、妥協する問題ではないことはよくわかる。

 この水問題の重要性は十分認識した上で、鉄道マニアである私としては不謹慎を承知で、鉄道網と利便性、それに鉄道による地域経済へ及ぼす影響という、今 問題となっている自然環境と違う論点から、このリニア問題を捉えてみたい。
 まず、この東京・名古屋間全行程285qのうち静岡県は8.9qしか通らない、というか、かすらないというルートである点と、リニアの予定駅は東京・名古屋の間では神奈川県、山梨県、岐阜県に駅が設置され、通過県では唯一 静岡県には駅ができる予定がないということである。
 つまり、静岡県にとっては何らメリットがないというか、トンネルだけが通って、恩恵を受けるものは何一つないというのが現段階での話であり、川勝知事の本心のように受けとることもできる。
 ただ、計画といっても今後検討していくものではなく、既に工事も始まっているので決定事項であり、これが最終的なリニアと静岡県の関わりの終着点である。
 大井川の水問題が重要であることはあらためて認識した上ではあるが、本当に静岡県はいろいろな意味において置き去りにされていると言ってもいいような状況がいくつも見てとれる。特に鉄道を含む交通に関しては。
 実は私は小さい頃から静岡県がお気に入りの県で、一定の都会的な要素もあり、かつ、自然も豊かで、富士山、浜名湖、静岡の日本平、熱海温泉など観光地も多く、旅行でも何度も訪れたことのある所である。
 それになんといっても雪国育ちの私にとっては温暖な気候は憧れであり、小さい頃は近畿の和歌山とともに一度住んでみたいと思っていた県でもある。
 ただ、鉄道という観点から捉えると東海道新幹線が通過する県としては一番長い距離を走っているし、駅も17駅のうち6駅も占めているのに“のぞみ”の停まらない県でもある。新幹線に乗って東京に行くのも、新大阪に行くのも“ひかり”か“こだま”に乗らないといけない。
 また、飛行機の方に目を向けても静岡空港が2010年に開港したが、私の周りには静岡空港を利用したことのある人は一人もいない。
 こういったことからも静岡県は東京と名古屋・大阪に挟まれていながらも交通網 不遇の県といってもおかしくないような、冷遇扱いをされている県であることには間違いない。
 静岡県 あるいは 川勝知事にとっては冒頭の水問題が重要課題であるが、心のどこかにこのような交通冷遇県の扱いを受けてきたことへの仕打ちをここぞとばかり、反抗という形で打って出てきているという見方も一部のマスコミでは取り上げられている。

 いずれにしても9兆円という規模のとてつもなく大きなプロジェクトで、ここまでもかなりの多額の資金がつぎ込まれていると思うので、計画の途中挫折(中断)はあっては困るし今度どうなるか注視していきたいものである。
*前回(No703)の数字の捉え方をすると 9兆円=1,000億円×90 ということになる。

 余談であるがこのリニアの名古屋・新大阪間のルートでは京都市は通らず京田辺市の松井山手周辺に駅の設置が予定されているらしいし、北陸新幹線 敦賀・大阪間も今の京都駅付近は通らないという計画もあるが、その時、京都市や京都府がどのような対応に出るのかも見ておきたいものである。
 ただ、リニアの名古屋・新大阪間は2037年、北陸新幹線の敦賀・大阪間は2046年の開通予定とのことなので、果たしてその時、この世にいるのか? はたまた、乗れる体なのか そんなことを考えながら今日の話をおしまいにします。
posted by ヒロイ at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする