2020年08月30日

No695:大学生がいなくなった学生の街

 今から7年前の2013年に事務所を丸太町から現在の今出川に移転した。
 どちらも地下鉄の駅から数分の所にあり、駅も一駅違いであるが、今出川に移って丸太町とは随分 街の様子が違うなと思ったのを覚えている。
 丸太町は京都府庁、京都府警それに日赤病院など多くの公的機関があり いわゆる勤め人が多かったが、今出川は駅を上がった所に同志社大学があり、まずはその学生の多さに驚いた。
 大学があるので当然といえば当然のことであるが、何十年も前から大学は同じ場所にあるのに自分が通っていた40年近く前とは別の場所のような気がして妙に新鮮に感じたものである。
 お店も学生の胃袋を満たす牛丼やラーメンの店、おしゃべりするためのカフェ、それに学生にマンションを斡旋する不動産屋など学生街ならではの街の風景がそこにはあった。2013年には法学部や経済学部などの文系学部が京田辺キャンパスから今出川キャンパスへ移転となり、学生も8,000人が移ってきたので特に不動産屋が増えたという印象がある。
 その後、溢れんばかりの外国人観光客はホテルだけでなく近く民泊の利用者も多く、ただでさえ狭い今出川通の歩道部分はキャリーバッグを引きながら外国人が学生の合間を縫って歩くという凄まじい密度の濃い一角となっていた 。
 昨年の秋まではこれにレンタサイクル軍団、特にイスラム系の人が多かったのも記憶に新しい。
 ここに今から7、8ヶ月前の今出川の光景を紹介したが、今では外国人だけでなく学生の姿もほとんど消えてしまったのが今の今出川界隈である。
 コロナの緊急事態宣言の時はほとんどの店が休業状態であったし、解除後に開いた店もあるが なお閉まったままの店もある。
事務所の近くにあり、たまに利用していた定食屋(夜は居酒屋)も店が持ちこたえられないということで9月末で閉店されるようである。

 さてこんな状況ではあるが、いよいよ9月から大学は再開 というのが春先から夏までの大学側の見解であったようだが、現時点ではWebでの授業もかなり残しながらの再開で完全な再開には程遠いような感じである。
 同志社以上に学生数の多い立命館大学では学生のアルバイト先の減少で生活苦に陥り、学生の約1割が退学を考えているというニュースを目にしたが、受験を終え、念願かなって晴れて大学生になったにもかかわらず、大学には春以降一度も行くこともできず去らないといけないなんて、むごい、かわいそうというだけでなく日本の将来にも暗雲が立ち込めるような感じもするこの事態である。
 また、4回生も仮に1年間ほとんど大学に行かずして社会に放り出されることになれば、学生たちは果たして社会人としてやっていけるのだろうかとか、大学生になったばかりの新入生は友達と接することなく5ケ月近くが過ぎているが、まだ大学での友人は一人もできていないなんていう子もいるのかもしれない。特に地方から出てきた人は大学の授業やクラブに行って初めて新しい友達ができるものなのに・・・。私もそうだったし。
 我が家にはもう学生はいないが、もし自分の子供が大学に通っていたら、通常の授業も受けさせてもらえないのに高い授業料を払う側も何ともやりきれない気持ちになってしまうだろうなと 親の方の大学に対する想いも今までとは大きき違ってくるように思う。
 このコロナに関しては、まだまだ先が見通せないし、誰のせいでもないのであたる所がないが、一日も早く日常が戻ることを願わずにはいられない。
今では、「今出川、人が多過ぎるやん。」と不満を言っていたのが懐かしいというか、まるで1年以上も前のことのように思えてくるのも、今の状況に慣れてしまっているからなのかもしれない。
こんな学生街の光景が全国のいたるところで見受けられるのであろうが、非日常=異常が日常になりつつある日本、いや全世界はどうなっていくのであろうか。
全く想像すらできない今の世の中である。
posted by ヒロイ at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする