2020年05月31日

No682:優しい言葉では解決にならない

 この2ヶ月近くにわたってかなり強固に張りめぐらされた新型コロナウイルス感染拡大防止の網が明日6月1日から少しずつではあるが緩められる。
 ただ、この間 コロナ対策の中に身を置いてきたので、緩められることをホッとするというより、本当に大丈夫かなという半信半疑の気持ちで明日を迎え,不安な気持ちも頭をよぎる。

 自分自身、外出の回数もかなり減ったし、外食にいたっては移動中に手短に終えられる麺類などの店に数回立ち寄ったが、ゆっくりと談笑しながら食事をすることなど一度もなかった。
 当然のことといえば当然であるが、「食事をしながら打ち合わせ」とか、「ゆっくりと飲みながら和気あいあいと」なんて いつになったらできるのか、もしかすると あんな光景は過去のものになり、今後 訪れないのではなんて 恐ろしいような世の中を想像してしまう。
 ちょうどいまから1年前、ラグビーワールドカップで盛り上がったのがまるでどこかの国でずっと前に起こったことかのような錯覚に陥ってしまうこの数か月での変化である。
 事務所の顧問先も大きな影響を受けているところも何件か出てきているが、私は以前から本当に困ったときに「がんばりましょう」という言葉はあまり掛けないというか、当事者にとってこの「がんばりましょう」がどれほど力になるのか疑問を持つという冷めたところがある。
 というのも、私も人生の中で何度か人にも話せないような厳しい局面(挫折)を経験したことがあるが、こんな時には「がんばりや」とか、「気落ちせんと」という言葉があまり慰めにならなかったという思いがある。
 何とも冷めた言い方かもしれないし、励ましてくれる人は温かい気持ちで声を掛けてくれるのであろうが、本当にとことん落ち込んでいる者にとっては、心の奥底では「今の俺の気持ち絶対にわからんと思うは・・・」なんていう 励ましてくれている相手には失礼な気持ちを抱きながらも、「励ましの温かい言葉ありがとう」とさぞ感謝しているような返しをしたことが何度かある。
 そんな落ち込んでいた時に親父くらいの年の離れたある先輩が、「俺は励ますけど、温かい言葉はかけるつもりはないで。いくら優しい言葉をかけてもらっても解決できるのは自分しかないんやしな。落ちこんどってもどうしようもないわ。まだ生きていくんだったら前を見ろ。振り返ったって何も解決せえへんしな。まあ、あまり手は差しのべんけど、話ならいくらでも聞いてやるし、何かあったらいつでも電話してこい」と一見 冷酷そうで実は私のことを他の人の何倍も思っていてくれていたということがその後、随分時間が経ってから分かった。
 自分の思い出話のようになり、話が少し横道にそれてしまったが、「がんばりましょう」なんていう言葉よりも、ピタッと寄り添い、悩み事を聞いたり、いざという時だけ、「これだけはすぐに実行に移しましょう」と間髪入れずに言えるような存在になりたいと思っている。

 事務所開業以来 13年近くの間 本当に多くの方に支えてもらってきたが、今回のこのコロナウイルスの影響を受けられた方々へ何とか恩返しをしたり、力になれればと思っている。
 「がんばりましょう」とか「乗り切りましょう」というような社交辞令ではなく、まずは「なんでも言ってください」といって、どんなことでも言ってもらえるそんな存在になりたい。まずは同じ目線に立って悩みを聞くところからすべてはスタートすると思うので。
 明日からの再スタートを前に、偉大な先輩が何かにつけ厳しい言葉を投げかけながらも、実は本当に私のことも思っていてくれたということを久しぶりに思い出しながら、「言葉ではなく行動を」と自分に言い聞かせた。

 今日も少し重い話になってしまったのが、そろそろ日も変わりそうなので今日はこの辺で・・・。
posted by ヒロイ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

No681:純粋にうちのスタッフはすごいと思った

 我が事務所もご多分に漏れず4月20日から交代出勤制に基づく在宅勤務と出勤時には時差出勤を導入している。
 どちらも事務所で初めての導入であるだけでなく、社会人になって40年近くにもなる私でさえも初めて経験するものであり、正直 導入前には「大丈夫?」という心配が先に立ったのも事実であるが、これは一経営者の余計な心配でしかなかったことが1ヶ月以上を経過してみてよくわかった。
 結構 “密”なオフィス環境である事務所内で業務をこなすことと公共交通機関での通勤時の“密”を避けることを第一の目的としてスタートし、顧問先への定期訪問もこの時期は移動と面談で生じる“密”を回避するため原則 行わないという方針を私から発した。
 
 顧問先の試算表をはじめとする経営指標の作成、3月決算法人の決算・申告業務、それに助成金や融資等の個別相談と通常月の業務以外に+αの依頼があるにも関わらずほとんど問題なくこなせている。
 コロナ禍で大きな影響を受けている顧問先も多い中、すぐにでも駆けつけて相談に乗る必要のあった一部の顧問先は訪問せざるを得なかったが、基本的には訪問しないという事務所の方針のもと この間を過ごしてきた。ただ、多くの顧問先が難局を乗り切るために事務所の担当者が経営者や院長と電話やメールで連絡を取り合いながらいつも以上にこまめに対応してくれている。
 私が先日 事務所にいる時 たまたま電話をとると、私自身がここしばらく会えていないあるクリニックの院長夫人であったので、現況を聞きながら 『こんな状況で直接会って話もできずに申し訳ございません』と告げると、その院長夫人は『いや〜、こんなことになるとは思ってもいませんでしたが、担当の〇〇さんとは今まで以上に連絡を取り合っていて、今日も2回も相談に乗ってもらっていたところなんです。』と結構 元気のある声で話してこられた。
 他にもよく似た話をいくつか聞き、スタッフの仕事ぶりが目に見えない在宅勤務を少なからず心配していたが、大きなトラブルもなく ここまできていてホッとすると同時に、そんなことを心配していた自分が何ともちっぽけな経営者に思えてきた。
 自宅での業務は事務所内と違っていつでも資料が見られないことや やはり慣れない環境下での業務のため一般的には2割近く業務効率が下がると言われているが、大きな遅れもなく仕事が進んでいるのは事務所のスタッフが“必至こいて”自宅での業務をこなしてくれている結果に他ならない。
 
 今回は前もって準備していたわけでもなく、いきなりこういった状況下に放り出されたわけであるが、この経験や手法は緊急事態宣言が解除された後も各企業(事業所)が今の形態を一部 残しながら、今までとは違った仕事の仕方を考えていかなければならなくなったことを経営者に投げ掛けている。
 前々回にもこの場で綴ったように慣例、慣習なき時代において今までとは比にならないくらい経営者が試される時代に突入しているように思わざるを得ない。

 我が事務所も6月1日(月)からも時差出勤制だけは継続となるが、他は基本的には通常の業務体制に戻すことになっている。その準備段階として、明日からの1週間は一部在宅勤務を残しながらの最後の調整期間となる。

 6月からは世の中がどんな景色になるのかまだ想像がつかない部分もあるが、少しづつ戻っていくのであろう。しかし、3ヶ月に及ぶこの自粛期間の経済の停滞・下降は1年や2年で回復するとは思えず、長期戦でとらえる必要があるだろう。
 個人的には暑くなる中、いつまでマスクをつけていられるのだろうという心配も頭の片隅をかすめている。
 いよいよいつもと全く違った大変な?夏の始まりである。

posted by ヒロイ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

No680:今、何がしたい?

 新聞、テレビ、ネット 何を見ても飛び込んでくるニュースはほとんどがコロナ関連のニュースで、たとえコロナ関連でないにしても明るいニュースはほとんど入ってこない。
 若い頃 賞与が出た後、大丸に行って思い切って買ったスーツがDURBAN(ダーバン)だったが、この製品を扱っているレナウンがまさか民事再生の適用を受けることになろうとは・・・。これも今や過去の名前では商売が成り立たないことを表している事例のひとつであろう。

 自分自身も多くの規制の中での生活を強いられているし、仕事の方も限られた状況の中で期日に合わせて粛々と仕事をこなす以外には、厳しさを増す経営状況下の顧問先には、なかなか会うことさえしづらいが、そんな中でも少しでもプラスになるような提案はできないものかと頭をひねりながら、メールや電話で対応する日が続いている。
 昨日は相続関連の仕事でどうしても面談しないといけなかった方と30分程度、直接会っていくつかの未解決事項の確認をしていたが、面談などの通常なら何の疑問もなく行っていた行動が今や事務所でも例外(特例)になってしまっているという現状に不安を感じずにはいられない。

 冒頭でも言ったように暗いニュースしか飛び込んでこないし、私自身がこの場で綴ることもほとんどがコロナ関連かその影響について模索していることといった内容になっているので、今日はこの時期ちょっと”いけない内容”かもしれないが、今やってみたいこと、行ってみたい所について書いてみることにする。
 とはいってもそれほどたいしたことではなく、単純に今 行ってみたいのは、いつから入園や入館の規制が解かれるかどうかはまだ調べていないが、行ったことのない京都水族館と京都鉄道博物館、それに子供が小さかった頃 よく訪れていた京都市動物園、そして近所でありながらずっと門が閉ざされている京都府立植物園、ある意味、こんなありふれた所が足を踏み入れたい場所である。
 どれもコロナの影響でこれまでは閉まっていたが、間もなく開きそうだし、こういった場所はなによりもコロナ、コロナの今の世の中や非常に厳しい経済情勢のことを一時的にせよ忘れられる別世界のように思えるからである。
 現実的に孫もいないのに一人で動物園や水族館に行くのは勇気がいるし、今の世の中の状況を感知していない動物を見ることは一種の現実逃避かもしれないが、心や頭の中がある意味、いったんリセットできるようにも思える。
 ただ 動物も今の状況を感知していないとはいったものの あれほど多くの人間が目の前を通って行ってたのに最近は誰も来ないなとか、もしかすると餌の内容が変わったなとか 何か肌で感じているのかもしれない。
 植物園の花にしたって動物のように何かを考えているわけではないが、いくら咲き誇っても誰の目にも触れずに散っていくなんてあまりにもかわいそうで無残である。
 これらの施設の規制解除は間近とのことなので、休日に少し時間がとれたらまずしてみたいと思っていることである。

 話は変わるが、昨日 相続の相談に行ったときに母が入っている施設の前を通った。いくら京都府の北部とはいえ面談はだめだろうと思っていたが、このコロナ騒動が始まってから2ヶ月程 訪れていなかったので顔だけでも見れたらなと、車から降りて施設の玄関の張り紙を見てみると「親族の方のみカウンター越しで短時間なら」と張り紙がしてあったので少しだけ覗いてみた。
 私はマスクもしていたし、一瞬マスクをとっても私が誰だか分らなかったようだが、施設の職員さんに「何も変わらず元気そうですよ」と最近の様子を話してもらいながら母の顔を見ていると、自分の勝手な思いとはいえ、妙な安心感を覚えて帰ってきた。
 
 最近よく言われている言葉、「今までの日常」がどれほど大切で、意味のあるものだったのかを思い知る毎日である。
 いろいろな方面での自粛解除までにはもう少し時間がかかるだろうし、少し形が変わっての今後の生活になるかもしれないが、一後も早く「日常」が戻って欲しい願っている。みなさんと同じように。
posted by ヒロイ at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

No679:試されている社会、事務所、そして自分

 今回のコロナ騒動で世の中のいろいろな仕組みが変わりつつある。
 予期せぬ休業を強いられたり、お世話になるつもりもなかった金融機関に融資の申し込みに行くことになったり、忙しくて人手不足であった現場が今やお客様や患者様の減少により人余り状態になったりと、3ヶ月前には誰しも想像すらしていなかった状態になっている。
 我が事務所でも時差出勤に始まり、出社制限による在宅勤務や顧問先への訪問自粛など、私が社会人になって初めてのことばかりであるが、世の中の状況に合わせながら事務所もことを進めているというのが今の状況である。
 何年か前の社会なら大混乱をきたしていたであろうが、まさにオフィス環境の進歩や社会の変革はすごいもので、当初はもしかすると混乱するかもと危惧していたようなこともほとんど起こらず、事務所の仕事は順調に進められている。
 毎日、手帳と時計を食い入るように見ながら、行動予定を立てていたが、外出が減った分、今は事務所内にいる時間が多くなってきている。
こんなことを言うと暇になっているのではと思われても不思議ではないが、なぜか今まで同様か今まで以上に日常業務に費やす時間が多くなってきている。
 今から思えばこれまでは数字をつくり、顧問先に出向いて説明するというのがお決まりの流れであったが、この1ヶ月間のように顧問先に出向かないことが増えてくると、不思議と顧問先のことを思う時間が増えてくるというか、顧問先の経営者の顔が今まで以上に頭の中を行ったり来たりしている。
 今までは仕上がったものを対面で説明する場合には、いざとなればその場に行ってからぶっつけ本番であっても乗りも切ることができたが、こういった面談の機会が与えられないとどんな方法でどの点にポイントを絞ってやり取りするのか、また顔の見えない顧問先の要望をいかに読みとるのか、今までにはない一種の“技術”が必要となってくる。これって本当に大変であり、今までの何倍も頭を使うし、自分たちが必要とされている度合いもなんとなく読み取ることもできる。
 また、事務所のスタッフとも毎日会うのが当たり前であったのが、今では週に2回くらいしか顔を合わさないので、会わなくとも他の方法で伝達したり、意思確認をする必要がある。
 これも当初は多少戸惑いもあったが、今ではこのスタイルに違和感もなくなり、必要なことは必要な時に必要なだけという、逆に無駄なく対応するようお互い気をつかってことを進められている。
 夫婦や家族も毎日いっしょにいるより、週に一回しか会わない関係の方がうまくいったり、意思疎通もとれていることさえある なんていうことを聞いたことがあるが、これってある意味本当なのかもしれないと思う。

 中には毎月会うことを楽しみにされていたり、面と向かって相談することで、より大きな安心感を抱いてもらうこともあったのかもしれないが、面談がしづらいこの状況の中で顧問先を何とかよい方向へとリードできるよう、否応なしでも知恵を絞り対応しているという、今まで以上に締まった関係になってきていると感じることさえある。
 社内的にも対外的にも今の状態が決していいわけではないし、早く今までの状態に戻ればと願っているが、今度戻った時は今までとは違ったものの見方や考え方で新しい関係を築くことになりそうである。

 そういう意味では、税理士や税理士事務所、それに各会社の社内の状況もいきなり実験中という場に放り投げられた感じがしないわけでもない。
 今回のコロナ騒動が収束した時、世の中がどう変わっているのか、もちろん経済、経営の立て直しが第一優先であるのは分かっているが、その代わってしまった世の中にいかに順応して行けるかが、これも事業を運営する上で非常に重要なことになってくるだろう。

 悪い頭をひねりながらいろいろと考えてはいるが、結論めいたものには何一つ到達していないし、何も考えずに生きているととんでもない方向へ行ったり、世の中から置き去りにされたりするという怖い世界に入って行っていることはなんとなく肌で感じることができる。

 こんな時、我が家の愛犬ぽぽたんだけはいつもと変わらぬ素振りで私の顔を覗き込んでいる。本当に屈託のない最高にいい奴である。
 人間と違って計算づくで動くのではなく、自分の思いのまま動く姿を見ると 人間界でいろいろと考えながら生きている自分がつまらなく感じることさえある。
 「ぽぽ、ほんまにええ子やな」といいながら頭をなでる時が一番気の休まる時でもある。
 ぽぽたんはいっしょに住む家族の少なくなった我が家には今やなくてはならない存在であることは間違いない。
 
 では今日はこの辺で・・。
posted by ヒロイ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

No678:悩んで結論が出ない時は優先順位をつけるよう・・・。

  もともと肝が据わってないというか、方針が定まりにくいというか、そんな自分が嫌になることもたびたびあるが、今回のコロナ騒ぎの中に身を置くとますます誰の言うことを信じてどっちに向かって進んでいけばいいのか、ここへきて何かにつけ物事が決まらず悩む機会が増えてきている。
 5月6日までは全国一斉に緊急事態宣言が出ていたので、ある意味 ”全国一律”ということでわかりやすかったが、どうやら5月7日からは都道府県によって規制に強弱がつくようで、いくつかの府県にまたがりながら仕事をしている私にとっては、今日の相手先はどこ方面だったかな? と考えながら行動を起こさないといけなくなりそうである。
 国や自治体のトップもこういった非常事態には何らかの方針を発する必要があるが、その方針に100人中100人が賛同してくれることはまずありえないしが、何に重点を置くかをはっきりするということが、一人でも多くの賛同を得るためのポイントのように思う。
 感染拡大防止が第一優先であるのは誰しもわかるし、次が経済のようにいわれている。残念ながら教育はやはり3番手以下の扱いである?
 コロナが教育現場で拡大や蔓延しては取り返しがつかないが、議論されているのはどちらかというとその子供の面倒をみる親の方の話が議論の中心となっているように思う。ある意味当然なのかもしれないが、乳幼児から大学生までの子供たちの教育そのものについての議論ももう少ししてほしいところである。
 先日から話題となっている9月入学の話も、大人の都合優先の議論が多くて、聞く気にならないというのが本音のところである。
 今日の前半部分では、”全国一律”でなくなると不便といっておきながら、ある意味真逆なことかもしれないが、コロナの感染拡大がほとんどみられず、そろそろ学校を再開してもいいと思われる地域は ”全国一律”の縛りを外して、家の中にとじ込まれている子供たちを早く学校に通わすことはできないものかと思ってしまう。
 リスクが0でない以上、素人の私が安易なことは言えないが、もう少し子供にも焦点を合わせて欲しいと願うばかりである。
 お金(経済)の議論は活発に行われているが、将来を担う、そして年代的にも多感である子供たち(教育)の議論にもう少し時間を割いて欲しいものである。我が家にはもう学校で教育を受けている者はいないが、学校に通う子供がいる人たちにとっても子供たち本人にとっても、切実な問題のように思うのだが・・。

 事務所も7日以降、仕事をする上で何らかの方針を掲げて進んでいかないといけないが、まずは”健康”ということ一番に掲げたら、これを阻害するものはどんな場合でも勇気をもって断る、そんな風に思いながら今後の対応を考えるとさほど悩まずに進むから不思議なものである。
 私はがんを患ったことはないが、以前 がんと戦っている人と話した時に、「体に悪いことはどんなことがあっても断ち切る、それは人に迷惑がかかったとしても。また、体にいいことは他のどんなことを犠牲にしてでも率先して取りを組んでいく」という話を聞いたことを思い出した。
 今回のコロナ騒ぎとがんの病気をいっしょにしてはがん患者の方に叱られるかもしれないが、今回の騒ぎはそういった「何を優先すべきか」を考えると意外と結論を導きやすいということが分かってきた。
 まだ、連休中ではあるが、これほど心の弾まない休日なんて、今まで経験したこともない。
   出口が見えてきているのかどうかもわからないが、油断だけはせずにもう一度、感染の拡大防止に向けてできることはやっていこうと思っている。

 今回の”事件”は、神が人類に与えた試練と思うしかないのかもしれないが、あまりにも重い試練であることは世界中の人が感じているであろう。
 本当に明日のことが読めないそんな毎日である。
 まさしく、誰しもが経験したことのないような・・・。
 人類が、日本が、会社が、そして自分が 試されているような・・・。
posted by ヒロイ at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする