2020年04月26日

No677:今までの常識が通じない世の中で生きていく辛さ

 今回の新型コロナウイルス(以下、略称「コロナ」で表現)騒動のような過去の歴史や教訓がほとんど通用しない、あるいは活かされないような状況はこれまでの人類の長い歴史の中では何度かあったのかもしれないが、少なくとも私が生きてきた57年間では、こんな経験は一度たりともないし、まるで生き方そのものを考え直さないといけないような気になるときもある。

 志村けんさんに始まり、地元京都のオムロンの社長や会長を歴任された立石氏、そして先日は女優の岡江久美子さんと著名な方の命も次から次へと奪っていっている。
 みなさんもご存じだと思うが、このコロナによる死亡の場合、肉親といえどもお葬式はもちろんのこと火葬にも立ち会えず、病院から死亡の知らせを聞いた後は、火葬後の遺骨を受け取るのみで、長年 生活を共にしてきた家族にとっては何とも耐え難い心境であろうし、また、病気で亡くなった方も誰にも見送られることなく人生の幕を閉じていくなんて、私自身こんなこと今まで考えてもみなかったし、みなさんもこのことに関しては共通の思いであろう。
 昔から亡くなっていく人を送るという意味においても、「最後、死に目だけは会いたい」とか、「死に目には間に合わなかって悔いが残った」なんて言うことが口にされてきたが、今回のコロナに感染した場合の死はそういった、人生の幕引きの瞬間に立ち会い、亡くなっていく人に対して心の底からお礼を言う機会さえも奪っていく。棺の中に入った亡くなった人の顔を見て涙に咽ぶことも手を合わせることもできずに・・。
 亡くなっていく人にとっても、それを見送る人にとっても何とも残酷極まりない人生の終わり方である。
 こんなことを考えていると、「遺言」というほど大げさでないにしろ、最期くらい(意識のあるうちに)、お世話になった方に一言でもお礼を言って人生の幕を閉じたいものである。
 大きな病気を患っている人には失礼で、申し訳ない話かもしれないが、「交通事故や心筋梗塞などによる突然の死は何も言えずに死んでしまうが、 病死の場合には、“余命〇ヶ月”と宣告されるのは本人も周りの人も精神的な苦痛は計り知れないが、言いたいことだけは言って死ねるので・・。」なんて死に方の比較のような話を聞いたことがあるが、今回のコロナによる死は何も伝えられずに死んでいかざるをえないし、誰にも送られずに骨になっていく という背筋がぞっとするような最期である。
 本当に恐ろく、悲しいものである。

 コロナでことでもう一点、何ともやりきれないニュースが毎日に飛び込んでくる。
 今まで、「是非、〇〇へお越しください」、「またのお越しをお待ちしております」と一人でも多くの人に訪れてほしかった、時には客の奪い合いさえ起こしていた観光地が、今は「是非、来ないでください」、「立ち寄らないでください」と連呼しないといけない、こんなこともちろん経験したこともないし、想像すらしたこともなかった。

 毎日のように この厳しい現実を突きつけられていながら、人間として何一つ抵抗できないしことに何ともいえない無力感に苛まれるが、これとてじっと待つ以外 どうしようもないのか。
 今後のことが全く読めないが、「今は健康でさえいれば、いつかはきっと」と自分に言い聞かせながら毎日を過ごしている。
 事務所も変則的な勤務形態やフォロー体制になって、顧問先の方はもちろんのこと、事務所のスタッフにも多大な迷惑と負担をかけており心苦しい限りではあるが、とにかく何らかのめどがつくまで待ってもらう以外どうしようもない。
 今日も全く気が晴れないが、「私だけではない、みんなもいっしょ」と思って心を落ち着かせるそんな休日である。
posted by ヒロイ at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

No676:「一人の脱落者も出さない」 そんな決意を再確認する休日

 毎日毎日、新たに入ってくるニュースはコロナ関連のものばかりで、明るく、先の見通せるものはほとんどといっていいほどない。
 4月16日に政府より全国一斉に発令された緊急事態宣言を踏まえ、当事務所も4月20日から勤務はシフト制にして、出社日以外はテレワークによる在宅勤務を実施することになった。
 明日[4月20日(月)]の9時30分、在宅で行う業務の注意点の説明を経て、実質 交替出社制による在宅勤務がスタートする。
 もちろん事前に準備をしていたわけではないが、提携のソフト会社の協力のもと、私も含めた全社員17名分のテレワークが実施できる状態にこぎつけられるめどがついた。
 ここ数日間だけでも収入減や資金繰りの悪化に伴い、緊急融資や雇用関連の助成金の相談が増え続けている。
 緊急対応が必要な先以外の外出はできないことにしているが、上記の融資や助成金の対応は全社的に事前研修も終え、毎日のように更新される厚生労働省から情報も事務所の社会保険労務士がいち早く社内メールで発信してくれるので、情報遅れがないような仕組みができつつある。

 顧問先の中で最も多い業種である医療機関をはじめとして、その他の様々な業種の経営者の方々は経営状況が上向きなんていうのはもちろんないし、現状維持の先すら皆無といっていいような状況であり、2割減、3割減、半減以上という今まで経験されたことのないような数字が私のところに報告されてくる。
 こんな折に本当はいち早く駆けつけて相談にのったり、不安を解消してあげたいところだが、ここまで外部との接触を制限されていると税理士事務所であってもなかなかできないというのも致し方ないとはいえ、何とももどかしいところではある。

 そんな中で我が事務所としては現在でき得ることは、顧問先の経営者やその家族、そして従業員の方々の不安な気持ちに寄り添い、不安の解消までいかなくとも少しでも和らげることしかないように思う。
 それには常日頃から密接な関係にある個々の顧問先の実情に合った最新の情報発信と適切なアドバイスができるかにかかっているし、我々税理士事務所に課せられた課題は平時と比べると何倍も重いものとなるであろう。

 この税理士あるいは税理士事務所と顧問先との関係と少しだけ似通った関係かなと思われるペットに関するコラムが新聞に載っており、「確かにそうやな」と自分自身 深く反省させれる内容であったので紹介しておく。
 子どもの頃から何匹かの犬と生活してきた文化人類学の大学教授(女性)のコメントは、

【犬は「飼う」ものではなく、「共に生きる」存在である。よく、「ペットに癒やされる」という言葉を聞くが、私はこの言葉があまり好きではない。私にとっては犬は「癒やし」以上のもの、喜びも苦しみも共にする人生(犬生?)を分かち合う存在だ。愛情を注ぐ対象だけでなく、たくさんの愛情を注いでくれる存在である。】

 まずはこの言葉って親子関係にも成り立つなと気付かされた。私も含めたほとんどの親が、「親が子供に愛情を注ぐ」なんて上から目線で偉そうなことを言っているが、親だって子供からたくさんの愛情を注いでもらっているはずである。それは未成年の子供であっても、いや、場合によっては赤ん坊であっても・・・。それは親が気付かないだけであって。
 こんなことを考えていると今日の前半部分で掲げた税理士と顧問先の関係も、顧問先のことを税理士として面倒をみるというのではなく、我々税理士も顧問先の方々から数えきれないくらい多くのことを学ばせてもらっている。
 そういう意味においては、いっしょになって悩んだり考える存在になれるということが我々税理士 あるいは 税理士事務所に求められていることであろう。
 正直、今回の事務所の対応は、事務所の従業員とその家族や周りの人を守り、また社会全体を守るためにやむを得ない措置であると思うが、実は明日からのこのシフト制による出勤とテレワークによる在宅勤務の実施を今までにない緊張した気持ちで迎える、今日はその前日の日曜日である。
 少しだけかっこいい言葉でいうと、「一人の脱落者も出さない」そんな決意を再確認する休日である。
posted by ヒロイ at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

No675:何とかしてくださいな神様

 たった一つのウイルスで全世界がここまで奈落の底に突き落とされようとは誰一人として想像していなかったであろう。
 たった3カ月前のお正月はあれほど賑やかな世の中だったのに・・・。
 我が国でもこの新型コロナウイルスのニュース一色であるし、自分の周りにもひしひしと近づいてきているのではと何とも言えない恐怖感を覚える日々である。
 こんな状況に身を置いているので今回は何を綴ってもパッとしないし、私の意見や思いを表しても もしかすると読んだ誰かの心を傷つけたり、かえって悩ませたりはしなのだろうか、あるいはこちらは悪気がなくても、読む人の今の心境によっては反感を買うようなことを言ってしまうことになりやしないのか とかいろいろと考え 今回はパスしようかとも思ったが、一つだけこの数か月で様変わりした企業の環境を表す指標が4月8日の新聞に載っていたので、このことだけ簡単に触れてみることにする。

その見出しは
[○系]
@JTB
A全日空(ANA)
B東京海上日動火災保険
C日本航空(JAL)
Dオリエンタルランド

[□系] 
@ソニー
A味の素
B富士通
Cサントリー
Dトヨタ自動車

 これ何の順位だかわかりますか?
 2021年卒業予定の大学生、大学院生を対象に実施された就職企業人気ランキングなんです。
 〇系というのが文系、□系というのが理系で、理系は主に製造業で今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響も製造工程とその先にある消費という両面から影響を受けているが、文系の方はこの新型コロナウイルス感染拡大の影響を真正面から受け、3位の東京海上日動火災保険以外は、売上が半減ではすまないような企業ばかりである。私の憶測では8割減くらいになりそうである。
 大学の新4回生の就職ってどうなるんだろう、どこを目指せばいいんだろうと これを見ていても全く見当がつかないというのが正直なとこれである。
 今の状況は、スポーツの一大イベントであるオリンピックも甲子園(高校野球)も開催されなかったという点で、先の大戦以来と並べてとりあげられてもいるが、まさにそれに匹敵するくらいひどい状況になってきている。
 実は私も長男夫婦と次男が東京いるが、3人とも会社へは出社せずに在宅でのテレワークとなっているらしいが、カミさんも先週は「そっちってどうなん?」って、一度だけ連絡をとっていたが、今では聞くのも気が引けるのか、それ以降 お互いあまり連絡を取り合っていないらしい。

 まあこんな状況なので、「1日でも早く平穏な世の中になりますように。昨日より今日が、今日より明日が何かしら改善に向かっていくように。」と願う以外、手の施しようがない。
 ほんと、こうして綴っているのも、「こんなことしていていいのかな?」と思えるくらいの世の中である。
 何とかしてくださいな神様、助けてくださいな神様。
posted by ヒロイ at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

No674:やっと読めた本

 テレビを見ていても 「また、コロナのニュースか」と思われている方も多いかと思うが、今まで 殺人をはじめとする事件、つまらぬ?芸能人ネタ、それにスポーツや文化に関するニュース などは、「またか」とか「何回も見たり聞いたりしたし もうええわ」と思うことが多かったが、今回の新型コロナウイルスに関するニュースだけは正直 いろいろな意味において目が離せない。
 というのも まずは最も大事な健康や人命にかかわる内容であること、それに日本だけでなく世界の情勢が1日ごと、いや 場合によっては1時間ごとに刻々と変わっていっていること、また、我々が仕事をする上で必要な助成金や緊急融資の経済対策が日替わりのように更新されていく。もう3日も経てば、ニュースの中身は大きく変わり、前の情報は既に書き換えられていることもある。
 我々も感染はしていないにしても このようにひっ迫した情勢下に身を置いているので大げさに言えば片時も目が離せないし、顧問先からの助成金や融資の問い合わせも日に日に多くなってきているというのが今の状況である。
 こういった中で「さあ今日は何について書こう」と過去のこのコーナーを開けてみると、何とNo670(3/2)〜No673(3/29)まで4回続けてこのコロナに触れた暗いというか、重めの内容ばかりが続いていたので、今回はこんな時期に多少不謹慎かもしれないがコロナとも仕事とも全く関係のない、私の大好きな(ライフワーク?)地図、鉄道、地名に関する話を綴ることにする。かなり偏った内容なので興味のない方はパスしていただく方がいいかもしれないし、まあ付き合ってみようと思う方は軽い気持ちで読み流していただければいいかと思う。

 読みたくてずっとリビングの片隅に置いていた【駅名学入門(今尾恵介著】を昨日読むことができ、内容的にもマニアックではあったものの私の心を和ませ、非常に満足のいく内容であった。

 消えた駅名、駅名の変更、○○が丘(自由が丘)や○○園(甲陽園・阪急)それに○○中央(千里中央・北大阪急行)と特定の言葉(漢字)がついたもの、また 新大阪や新横浜のように“新”がついた由来など、私にとっては、「あっ、そうだったのか」と思えるものであり、ゾクゾク、ワクワクする内容であった。

 身近なところではここ数年で阪急と京阪の駅名変更がいくつかあったので少しだけ触れておくが、
 阪急では「梅田→大阪梅田」、「河原町→京都河原町」となり、京阪では「四条→祇園四条」、「五条→清水五条」、「丸太町→神宮丸太町」となっている。
 また、私の実家から一番近かった駅(以前は国鉄/JR、今は京都丹後鉄道)も「丹後山田→野田川→与謝野」と名前を変えてきている。今や地元でも丹後山田を知る人は40歳以上くらいの人かなと思うが・・・。

 先日、東京にできた新駅「高輪ゲートウェイ」もネットでは非常に評判が悪く、「何? この名前」とやり玉にあげられているが、駅名というのはただの駅の名前というだけでなく、今後多くの人が使うという点では地名に匹敵するくらい生活に密着するものである。
 この本を読んで楽しい気分になったことをもっともっと書き綴りたいが、これはマニアである私の一方的な思いなので、この辺で終わりとする。

 この3月20日に地元京都で「等持院」から駅名変更により日本一長い名前(音読数26文字、標記17文字)の駅が誕生した。それは、

・「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前」(京福電鉄・嵐電北野線)

 です。記念切符も販売しているようですので、世の中が落ち着いたら一度訪ねられてはいかがでしょうか。
posted by ヒロイ at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする