2020年01月12日

No663:人を助けることもしづらい世の中

 私自身が人に対して優しくしたり、親切にしたりする気持ちを他の人以上に強く持っているかと問われると、正直、首をかしげざるを得ないというか、まあ人並みというのが正直なところであろう。
 これからする話はこんな私が偉そうなことを言えた立場ではないのはわかっているが、普段、考えていることやなぜ?と思っていることを綴ってみる。

   先日、2018年 新幹線の車内で刺されるのを止めに入った人が刺殺された事件の初公判があり、犯人に無期懲役が言い渡されたのを新聞で読んで、何で赤の他人が殺されなければならないのか、さらに軽傷だったとはいえ、その場で刺された2人の女性が刺されないといけない何かがあったのか? もちろん何もあろうはずがない。
  人のためにとった行動ということをあらためて考えてみると、これほど痛ましい事件に至らなくとも、電車で足を組んでいる人に注意したら後をつけられたとか、道いっぱいに広がって歩いている学生に「道 あけて」と声をかけると睨みつけられたとか、日常的に怖くてやばい話はいくらでもある。
  先日もタバコを吸いながら歩いている人が赤信号で立ち止まった時に タバコを手でつまんで側溝に捨てていたので、「それはないやろ」と思ったが、ややこしそうな雰囲気のおっさんだったので見て見ぬふりをしてしまった。
  ちょっと睨まれるくらいならまだしも、追いかけられたり、あげくの果てには刺されるようなことがあってはと 注意したり、止めに入ったりすることすらできないのが今の世の中である。

 いつからこんな世の中になったのか、私が子供の頃なんかはちょっとしたいたずらしようものなら、他人のこどもであっても怒鳴りつけるおじいさんが近所にいたが、別にそのおじいさんのことを懲らしめようとか思ったことは一度もなかった。学校の帰り道に塀によじ登って、他人様の柿をとって食べようとして怒鳴られたのだが、このおじいさんは考えてみるともう40年程前に亡くなっているが、今でも「こらっ」と怒鳴りつけている時の顔が頭に浮かんでくる。別に憎んでもいないし。

 上で述べたこととは少し種類の異なる話であるが、先日 名城大学の学生が准教授を刺した事件も、レポートの提出が期限に間に合わないことを謝罪しに准教授を訪ねたが、単位をあげないと言われ腹が立って刺したらしい。逮捕後に「単位がもらえないなら刺そうと考えた」と言っているのを見て、物事には最低限のルールがあり、そのルールを守らなければだめな事だって当然あるし、その後の処罰(この場合には留年?)が嫌なので何とか期日内に提出するように徹夜してでもするというのが世の道理というものであろう。ただ、この“世の道理”というのが通用しないのが現代社会でもある。
 学生時代に“明日が期限”というのを何度乗り越えてきたことか。自慢できる話ではないが・・。
 大学に限らず、中学、高校の先生もこんなことが日常的に起こるようになれば、まさに命がけの職業と言わざるを得ない。
  本当に今の世の中、いつからこんな風になったのか、憂いても仕方ないのか?私の考え方が古いのか?

 休日にこんな重苦しい話で終わるのもどうかと思うので、最後に身近で起こったちょっとうれしくなる話を一つ。
 先週、事務所の者がタクシーから降りるときに料金を支払った後、急いで降りたので座席に財布を落としたが、そのタクシーが個人タクシーで領収証ももらわなかったので、会社名もわからずお手上げ状態であった。しかし、届け出ていた警察から2日後に見つかったと連絡があった。免許証も保険証も鍵もそのままの状態で。
 私も今回だけは出てこないのではと思って見聞きしていたが、きちっと本人のところへ戻ってきたのを見ていると、人間ってまだまだ捨てたもんじゃないな とちょっとだけ明るい気持ちになった。
 私の事務所の者で財布を落としたのは、ここ2、3年で今回も含め3人目であるが、3人とも無傷で本人の所へ戻ってきている。
 これって運がいいのか、世間の人がいいのか? 
 ただ、どちらにしても落としすぎやけどね、うちのメンバーは。
posted by ヒロイ at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする