2019年12月23日

No660:社員の正当な評価ができる経営者

賞与の時期になると顧問先の社長や院長から、「この冬、他のところはどれくらい賞与を払っておられますか? 例年と比べてどうです?」、「よく 世間相場っていう言葉が使われるけど、世間相場って基本給や毎月の給与の何ヶ月分?」、「今期、過去最高の利益になりそうだだけど、例年と比べてどれくらいアップすればいいんだろう?」、逆に「業績がここ数年低迷してるけど、賞与って削れるの」と 他の会社やクリニックという周りの同業者と比較しての結果を教えて欲しと という相談が非常に多い。
 他と比較するのは自分のところは出し過ぎなのか あるいは 見劣りするのか等 経営者は常に他と比較するという手法で、賞与や昇給の額を模索・検討したいという気持ちの表れであろう。

 ここまではよくある話で質問があっても気にならないないが、聞いていてそれちょっと問題あるで?とか その判断や決定って大丈夫? と思うような相談もたびたびある。
 もう少し具体的にいうと、「〇〇君、最近がんばってくれてるんで今度のボーナス うんとはずもうと思うんだけど いいかな?」とか、「〇〇さん、最近ミスしたんで賞与をカットするつもりだけど・・。」というような個別・個人的な評価についての相談もある。しかし、これって実際いっしょに仕事をしているわけではないので評価のしようがないというのが本当のところである。
 上記の二つの事例で問題だと思うのは、“最近”という何とも気になるキーワードが使われているという点である。
 賞与や昇給というのは、“最近”がんばったから上がるのではなく、恒常的、安定的に能力があアップしたという点に着目して決定すべきものである。
 歩合給とか出来高制であれば数字で結果が表れるのでその数字のまま評価をすればいいのだが、こういった数的根拠もなく、目の前に事だけで評価するということは、決して正当な評価とはいえず、かなり偏った評価になっている事例を目にすることもあり、経営者としては問題ありと言わざるを得ない。
 ただ、半年とか一年という一定の期間の評価ではなく、目の前のここ数ヶ月間だけのことだけで評価してしまう経営者や院長は現実としては結構ある。  
 経営者がこんな評価姿勢であれば、“最近”いい事をした人は賞与が増え、“最近”経営者の気に障ることの原因をつくった人は賞与が下がるという とんでもなくいびつな、“最近”の動きだけでの評価が決まることになる。賞与や昇給の評価というのはもう少し長いスパンで人物を評価し、それを金額に反映させるものであると思うのだが。つまり、賞与や昇給の直前だけでの評価は正当な評価とはいえない場合が多いであろう。
 たまに聞くが、賞与の前や昇給の時期になると急に張りきりだしたり、今までしなかった仕事を急にやりだしたり、目前に迫った賞与を獲得するために経営者(院長)のお気に入りになろうとする、そういった はたで見ていてなんとも不思議と思う光景はいく度となく見たり聞いたりしたことがある。みなさまもお分かりであろうがこんなのはまさに最悪のパターンである。

 決して私も人のことを偉そうに言える経営者でないが、経営者である以上はこういった悪い事例も頭に入れながら、社員を正当に評価する能力を磨きたいものである。
 時には自分にとって心地よくない気持ちにさせることがあっても、それが顧問先のためであったり、自社を成長させるために不可欠のことであればそういった意見にも耳を傾けるだけの度量が必要である。
 経営者の中でも小規模の会社やクリニックの経営者は“自分にとって”という観点だけでなく、得意先(患者様)や従業員のためにという視点に立って物事を考えられるかどうかがいい経営者とそうでない経営者の差であるように思う。
 私は職業的にいろいろな経営者を見ることができるという点で、こういったことを自分のところに当てはめながら事務所の運営ができる非常にいいポジションンに立ちながら仕事ができている。
 「決して自分にとって心地の良いことだけで判断しないように・・・。」ということを肝に銘じながら。
posted by ヒロイ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする