2019年09月29日

No648:時差のない世界大会を見ることの意味

 昨日 ラグビーワールドカップで日本がアイルランドから勝利をおさめたが、この“勝ち”こそ、願ってはいたものの ほとんどの人がまさか勝つは思っていなかった勝利であった。
 このラグビーのワールドカップに続き、来年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されるが、世界的な大会がアジア諸国、しかも比較的近い国で開催されることは限られているので、テレビで見る側も時差を考えながら観戦しなければならない場合が多い。
 オリンピックやサッカーワールドカップも今まで何度となく深夜から朝方にかけて競技や試合があったが、朝の5時ならまだしも、夜中の2時ごろキックオフの試合を見た次の日はほとんど使い物にならない体のまま仕事をしていたということもあった。
 現在開催中の世界陸上はアジアでの開催であるが、開催地であるカタールのドーハは日本からは離れており、時差が6時間もあるので、すべてを生で見るには体調を考えるとかなり無理がある。
 そういう意味で日中から夜にかけて時差のない同じ時間で見ることのできる日本で開催されるスポーツの世界大会は自ずと力が入ってしまう。
 スタジアムに行っていなくとも、日本の中で同じ時間を共有しているという点で一体感があり、これを来年のオリンピックでも味わうことができると思うと更に楽しみが増してくる。
 先日のマラソンの代表選考レースも見ていてまさに手に汗を握る熱い戦いでしたよね。
 昨日、ラグビーの日本戦があった静岡、それに来年のオリンピックがある東京まではなかなか行くことができないし、また、観戦しようにもそう簡単にチケットが手に入るわけでもない。しかし、テレビ観戦であってもやはり日本国内で行われているというのは国外での大会とは見る側の気持ちにも大きな違いがある
 私は根っからのスポーツ好きなので、夏の甲子園、高校や大学のラグビー、サッカーJリーグ、それに冬の高校駅伝など年に数回は“生”で観戦するが、これはまさにその場に身を置くことによって、日頃のストレスを吹っ飛ばすという効果も知らず知らずのうちに期待してのことなのかもしれない。
 そういう意味でも、スポーツは時間があれば現地に駆けつけて、選手や監督の声、それに選手の息づかいも耳に入れながら観戦すると何倍も楽しいものになる。

 ここからはあまりにも急な展開であり、話が少しずれることになるが、最近 この“生”や“臨場感”ということを仕事上で考える必要性に遭遇したので、そのことを少しだけ触れさせてもらうことにする。
 仕事上の連絡はメールでのやり取りが多くなってきているし、相手の時間を気にせず連絡できる点では非常に便利であり、お互い助かることも多いが、相手の真意やその話への傾注度合いを知る上では、メールでなく面談あるいは電話の方がいい場合もある。
 喜び、納得、怒り、不満、疑問 その度合いがメールではわかりにくい場合もあるが、電話であれば声のトーンや間の置き方で直接 言葉にされなくとも、相手の思いが読み取れることも多々ある。
 若い人には申し訳ないが、最近読んだ雑誌に、「若い人は何事もメールやラインで済ますので、直接面談したり電話で話したりする大事なビジネスシーンでの事の進め方に問題がある場合もある」 と書かれていたが、古い世代の私なんかもまさに同じようなことを感じることがある。
 ただ、こんなことを言ってしまうこと自体、時代から取り残されていっているのかもしれないし、自分の子供たちにこんな話をすると、「みんなは口には出さないけど、うっとしがられてるんと違うか?」と言われそうな話である。
 スポーツ観戦における時差の話からとんだ話にまでいってしまったが、“臨場感”を味わいたいおっさんの独り言と思って聞いていただければ結構です。

 9月も今日と明日を残すのみとなりました。早いですね、日が経つのは。
 大した話でもないにも関わらず 長くなってしまいました。
 では、今日はこのへんで。
posted by ヒロイ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

No647:顧問先の方に誘ってもらったプロ野球観戦

 今日は16年前に医院を開業されて以来 お付き合いのある先生からお声掛けをいただき、京セラ(大阪)ドームまでプロ野球観戦に行ってきた。今まで2、3回お誘いを受けていたにもかかわらず、私の方がスケジュールが合わずなかなか実現できなかったが、連休の間の日である22日(日)にやっとフリーの時間がうまくあったのでいっしょに野球観戦することができた。私が税理士事務所を開業したのは今から12年前であるが、この先生とは私が開業前に勤務していた税理士法人の時からの付き合いで、私の開業と同時に廣井事務所の顧問先になっていただいた方である。とはいっても我が事務所の所長代理が担当し、主だった業務も私の出る機会がないくらい問題なく進んでいて、球場であった時は「10年ぶりくらいですね。」とあいさつを交わしたくらい本当に久しぶりであった。
 この先生は今は夫婦そろってプロ野球ファンで、そのファン度は京セラドームを本拠地とするオリックスのファンクラブにも入っておられるくらいの熱の入れようである。奥様と二人で観戦されるのが基本で、今年だけでも既に21試合観に来ているとおしゃっていた。非常にまじめなご夫婦が野球観戦、しかも 12球団で一番弱いと言われているオリックスのファンというのが不思議でもあり、それがまた妙に親しみが感じられるところでもある。この日の相手はパリーグの優勝がかかっているソフトバンクで、工藤監督をはじめとし、先発ピッチャーの和田や内川、柳田、松田選手など多くの馴染みの選手がいたが、実はこの先生が応援するオリックスの選手はものの見事といっていいくらい一人も顔と名前が一致しなかった。ただ、今日はオリックスのユニフォームを身にまとったこの先生から今の注目選手や今後活躍しそうな選手の説明を聞きながらだったので、本当に楽しく野球観戦をさせていただいた。席もライブ指定席といって選手の顔がはっきりと見えるくらいグランドに近いとてもよい席で 野球好きの私の心を十二分に満たしてくれた。

 試合の後は、心斎橋にあるこの先生が行きつけの店でごちそうになり、いろいろな話をすることができた。
 この先生の年齢は私より一つ上であり、昨年ご結婚されたご長男の子供さん(この先生から見ればお孫さん)の話も聞き、来月 九州から顔を見せに来てくれるととても楽しそうに話されているのが印象的であった。また、私の長男も昨年 結婚したという点では同じような境遇であったことも共通の話題として話の入っていきやすかったのかもしれない。

 まあ、いっしょに野球を観て、一杯飲んでというお決まりの流れではあったが、野球や息子の話題の後はやはり開業医ということもあって、スタッフに恵まれている話を皮切りに昨今の医療事情や地域性の他にも患者の気質や対応の仕方など結構 込み入った内容にも話題は広がり、通常の仕事の時間では本音で口にしづらいことまでいろいろと話を聞くことができ、終わってみれば結構 中身の濃い2時間であった。
 この先生は翌日の23日(月)もまた同じカード(オリックス対ソフトバンク)を観戦されるようだが、私はその日は大事な用事が入っているので、食事が終わったら足早に駅まで歩き、そして地下鉄、京阪と乗り継いで京都まで帰ってきた。
 今日は本当に久しぶりであったが、10年間の空白を埋められるくらい いろいろな話もできたし、最後はこの仕事って 、やはり相手の本音を聞き、経営者(医師)の想いを実現することが大事なんだなとアルコールが入ってはいたものの まじめなことも考えながら京阪電車に乗り込んだ。ただ、10分もしないうちのすっかり寝入ってしまい、目が覚めたら終点 出町柳に着いていた。
 今はその電車での睡眠が効いて 眠気が吹っ飛んでしまったので、遅い時間であるが忘れないうちに書き留めておこうとこうしてパソコンに向かっている。

 明日は朝が早いんだった。もうこんな時間。やばい、ヤバイ、突然ですが今日はこのへんで。
posted by ヒロイ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

No646:温かみのある経営者

 税理士という仕事をしていると経営者と直接会って話をする機会は多し、私の場合は開業医である顧問先も多いので院長、つまりお医者さんとも週に6、7人、多い時は15人近く会う週もある。
 そういった中で人間的に厚みのある人だな、こんな人間になりたいなと思うこと度々あり、これは日々仕事をしていて何かしら生きるための研修を受けているような気分になる時もある。
 こういった方の共通点は、人を大事にする、自分を飾らない、嘘をつかない、そして何事においても勉強熱心なことであろう。
    それは私より年上の方だけでなく、中には私より10歳近く若い人の場合もある。
 
 俗にいう“おべんちゃら”を言って、一時的に相手を心地よくさせるというのは対人関係でよくあることだが、こんなことはあっという間に本当の気持ちが分かってしまい、下心見え見えなんていうこともある。
 お客様や患者様は物やサービスの提供と価格がつりあっているかどうかということに着目して行動されるが、従業員が職場を選ぶ基準は当然、賃金が重要な要素であるが、それよりも重要なのは経営者の人柄であるように思う、特に中小企業においては。
 私の顧問先の中でも人の入れ替わりが少なく、非常に定着率のよい会社やクリニックがあるが、そこは決して給与水準が他よりも高いというわけでもなく、やはり居心地のよさであったり、お客様や患者様、そして経営者から自分がどれだけ必要とされているのかという点、そういったことが仕事のやりがいにつながっているのだと思う。

 私もあんな風になりたいと思えるトップの方が何人かいらっしゃるが、そういった方々の顔を思い浮かべると まず、自分より相手ありきという姿勢を貫かれている。ただ、自分が何もかも相手に合わせるというのではなく、「この部分は何よりも大事な所なので、絶対に曲げられない。」という信念のようなものも持っておられる。
 私は雑誌も含め、経営者向けの本に目を通す機会が多いが、こういった実体験はどんな本よりも役に立つものである。
 賞与を渡すとき一人一人に違う内容の感謝のメッセージを綴ったメモを入れられる方。5年10年の節目にはスタッフがいたからこそここまでこれたと いっしょになって食事や旅行を楽しむ方、また、その食事会や旅行には従業員の家族の参加(小さなお子様の場合が多いが)もあり、それはそれは賑やかなものとなる。
 こういったことがお客様や患者様を思いやる気持ちにもつながってくるし、これらはどこのマニュアルにも書いはいない対処法である。トップが口で言うだけでは人は動くものではなく、トップの常日頃の言動をみて、ついていっていい人、間違いのない人と従業員は判断するのであろう。
 私も日々多くの経営者と会うことができる職種なので、いいことはためらわずに取り入れ、こういった魅力的な経営者の真似事から始め、少しでも近づけられたらと思っている。
    いい経営者と会ったり話をしたりした後は本当に充実しきった気持ちで帰路につけるし、「近づきたい」と思って自分にはっぱをかけるきっかけにもなる。
 自分を取り巻く人、日々接する人、これは自分の人生にとっても大きな意味を持っていることのように思う。
 「あんな人に近づきたい」と思える人が多い人ほど成長するし、そんな人を一人でも多く持てるよう 人との関りを築いていきたいなとも思う。

 今日は日頃 会っている人の顔も思い浮かべながら このコーナーを綴ってみた。
 明日は休みなのでポポタン(うちのワンちゃん)との朝の散歩がゆっくりできるなと 考え、少しうれしい気分でビールを飲んでいます。
 では、おやすみなさい。
posted by ヒロイ at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

No645:“終活”の難しさは 思うように死ねないこと 

 今回のタイトルは“死”を肯定し、導き出しているともとられかねず、ちょっと誤解を生むようなタイトルになってしまった。
 実は8月以降、「私の現時点での財産を洗い出し、今後の対処方法を教えてほしい」というような依頼を3件も受けて、実際に作業にとりかかっている。
 70代、80代、90代と依頼者3人(すべて男性)の年齢に開きはあるが、3人とも特に入院されているわけでもなく、頭は同年代の方と比べるとかなり上位にランクされるくらい まだまだ聡明という言葉が当てはまるような方である。
 さすがに90代の方は家の中から出ることはできないが、ご家族やヘルパーの方の力を借りてご自宅で生活されており、読みかけの新聞や雑誌が並べてある。

 “終活”とは人生が終わるときのための整理やその後の道筋を立てておくことをいうのであろうが、こういったことをきちんとされていた方は自分の親も含めほとんどない。
 以前、相続税の申告業務の依頼を受け、相続人の方からいろいろな話を聞いたり、残された資料を見せていただく中で、亡くなられた被相続人の方がご自身ですごくきれいに整理されたノートが残されており、その中には預貯金の口座番号や生命保険の証券番号、他にいくつかの契約されたことについて契約者番号や契約期間が細かく記されていた。また自宅の修繕の経過や今後の対応についても書かれており、これを見せていただいた私は、「これはすごい」と思ったと同時に、数年間にわたるがんの闘病期間中にどんな気持ちでこのノートを作成されたのであろうかと、私も親交のあったこの亡くなられた方のことを考えた。

 もちろん多くの財産をお持ちの方は、後々 相続人間での遺産分割でもめないようにしておくことも大事である。
 人間70代以上になると誰しも、「ああしたい」、「こうしたい」と思うだろうし、日々の雑談の延長として私に対して、「財産をこんな風に分けようと思っているんだけど・・・」という話はいく度となく聞いたことはある。
 ただ、正式に「遺言書」で残したり、子供たちがそろった面前ではっきりと口にされるケースはほとんどない。
 逆に言うと年々歳をとり、段々体が弱っていく身である中で、財産の分け方を明言できる(「遺言書の作成」を含む)ほど気丈である人は少ないように思う。

 実は、今回は財産とか遺言の話がしたいわけではなく、「いかに死ねるのか」とか「思うように死ぬことの難しさ」ということについて私が考ていることを少しだけ述べさせてもらおうと思っている。
 お年寄りから、「なんぼ(何歳)まで生きんとあかんのやろ」とか「80歳で亡くなったお父さんにはよ迎えにきてと毎日拝んでるんやけど」なんていう話を聞かされることもある。
 そうかと思えば、交通事故や災害、それに殺人に巻き込まれてある日、ある時、突然にして命を落としてしまうことだってある。
 この命というもの、そして生きることと死ぬことの難しさ、これっていったいどうしたらいいんだろうと思ってしまうし、こんなことを考えていたら計画を立てて死の準備をする“終活”が思いどおりに進められる人ってどれくらいの割合いるのだろうかと考えてしまう。

 ただ、こういったことを考えながら、それそれの人が満足のいく人生の終わり方を導き出すことも我々の仕事の中に入り込んできている。
 どんな書物を読むよりも、亡くなった父や施設で暮らす母のことも考え合わせたり、いろいろな人の思いも聞いたりする そんな体験こそが、財産や税金の計算をするだけの仕事に終わらず、それぞれの人にとって最善の方法を導き出すとき より良いヒントになることもある。

 最後にこういった話の中に入っていく時には、情にほだされたり、“情”によりかかりすぎないようにすることも必要であり、少し冷たい人間に見えるかもしれないが、そのことが結果として一番よい方法を導き出すためには重要なことなんだろうなと自分に言い聞かせながら行動するようにしている。
 ただ、ただいった時にいつも考えてしまう 「一番いい結果ってどんな結果なんだろうなって。」
posted by ヒロイ at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

No644:“口コミ”と“口コミサイト”の違い

 最近、お店の評判をネット上で書き込む“口コミサイト”が話題に上がることが多いし、これを見て行く店を決める人も多いと聞くが、この口コミサイトってどれくらいの信ぴょう性があるのだろうかと思ってしまう。
 決して誤った情報が掲載されているというわけではないが、やはり知人や身内など身近な人から聞いた情報に勝るものはない。
 私自身は詳しく調べたことはないが、我々の税理士業界をターゲットにした口コミサイトもあるらしい。ただ、こういった口コミサイトを気にして仕事をするなんてできそうにないし、日々の業務を忠実にこなすことしか頭にはない。
 飲食店でも確かに口コミサイトで評判のいいところは、当たりはずれもなく一定の水準以上であることが多いが、口コミサイトにも上がっていないような店だが実は味は絶品という店を自分で探すのもこれまた楽しそうな気もする。
 我が事務所の顧問先の多くを占める開業医(クリニック)も今では口コミサイトで良い悪いが語られる代表的な業種のひとつでもある。
 先日、面談した開業後1年に満たない先生は評判もよく、既にかなりの患者数であるが、口コミサイトでいいことが書き綴られているだけでなく、近隣の住民や受診された患者から近所の方や知人へのよい評判の口コミも多いらしい。

 よく自分のお店の客やクリニックの患者の数を増やそうと広告や看板についていろいろと検討され、どこに出したらいいのかとか どれくらいの費用までならかけてもいいのか聞いてこられる経営者も多い。
 事業を始めて間もない頃はお店の名前や場所をいち早く多くの人に知ってもらうために広告というのは一定の効果はあるが、その客がその後も来店し続けてくれるかどうかはやはり店の雰囲気も含めた店そのもののレベルが最終的な判断材料となる。
 クリニックについても同様のことがいえるが、まず他の事業と大きく異なる点は訪れる人、つまり患者は体のどこかが悪くて来ているのでその病気が治ったり、病状が落ち着くというのが一番重要なことであろう。ただ、同じ治るにしても心地よい気分で治療を受けるのと恐る恐る医者やスタッフに接しながら治療を受けるのとでは、続けて来院しようかどうか判断する上で重要な判断材料にもなる。
 そういう意味では一人一人の患者が評判という種をまく対象者であり、まさしく“口コミ”そのものに他ならないし、これは誰か偽装客や偽装患者が書き込んだネット上の“口コミサイト”とはわけが違うほど重いものであり、信ぴょう性がある。
 いい口コミを得るために気を遣ったり、おべんちゃらをしたところでそんなものでは評価は得られないし、“素(す)である状態”の評価こそが本当の評価といえるのだろう。

 大げさな言い方かもしれないがネット上の“口コミサイト”にも勝る利用客や患者から「また次も来たい」と思わせるように店主や院長、それにそこで働く従業員の全ての人が力を結集してこそ、どこにも負けないような形が作れるのであろう。
 人が人を呼ぶ、患者が患者を呼ぶ これこそ口コミそのものであり、生き残るために最も重要なことであろう。
 そのためにはうわべのことだけでなく、よい商品やよい医療の提供するためにはどうすべきかを考えるいい経営者やいい開業医を目指してほしいものである。

 これはもちろん税理士にも言えることであり、日々評価にさらされていることを肝に銘じて過ごしていきたい。

 夏もほぼ終わり いよいよ秋の到来である。学生時代には「秋が勝負の分かれ目」よく言われたが、社会人にもこの言葉は通じるなと考えつつ今日の少し重い話を終わりにする。
 秋とは言っても、まだしばらくは暑い日が続くとは思うが、もう秋はそこまで来ていると感じられることもある。
 エアコンもいらず、秋を感じられる夜になってきました。
 今晩はこの辺で終わりにします。
 では・・・。
posted by ヒロイ at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする