2019年02月24日

No617:今、確定申告が“旬”です

 税理士事務所は今、個人の確定申告が“旬”の時期であるが、我が事務所も1月後半から3月の初旬まで約1ヶ月半の間 確定申告業務にどっぷり浸かっている。こんな中で ちょっと手と頭を休めて、確定申告について思い出話も含めて綴ってみることにする。

 今から30年以上前、私がこの業界に入った頃は、最後の集計はパソコンでも電卓でもなくそろばんを使う年配の上司の人がいたし、パソコンは一人に一台ではなく、入力作業の時だけパソコン室(当時は確か“コンピューター室”と読んでいたと思うが・・)にこもって入力作業をするという、今から思えば信じられないような作業工程であった。
 決算書や申告書も最初の2、3年は手書きで作成していたので、出来上がったら税務署提出用の用紙に清書(浄書)をしてくれる字のきれいな女性の人(近所のおばさん)もこの時期だけ手伝いに来られていた。
 こんな時代から思えば、一人に一台のパソコンは当然で、計算は会計・税務のソフトを使って行われるし、申告も税務署へ出向くことなく、私のパソコンから電子申告を行うことによって、全国どこの税務署にでも瞬時に申告が可能である。また、ありがたいことにこの時期の電子申告は曜日に関係なく24時間受付可能となっているので、曜日や時間を気にすることすら必要でなくなってきている。
 なのに、この時期 残業なしでは乗り切れないし、なかなか落ち着いて体を休めたり、食事をとったりする時間はないというのが現状である。

 現時点では今年の確定申告業務が終わったわけではなく、今真っ盛りという状況であるが、今年は、よくよく考えてみると昨年、一昨年とは大きく違うことがある。それは天気に恵まれていて、ほとんど雪が降らずにこのまま冬が終わるかもしれないということである。
 京都府や滋賀県の北部、それに福井県と雪のよく降る地域に多くの顧問先を抱える我が事務所としては、この時期には常に天気予報を気にかけながらスケジュールを立てたり、出かけたりしなければならないが、今年は今のところそういった心配をせずにこの2月の後半までやってきた。
 これから先一週間の天気予報でも気温が14〜15℃と比較的過ごしやすい日が続きそうで、天気のことはあまり気にかけずにここまできたが、実は目に見えない大きな援護射撃になっているような気もする。
 車での外出はもちろんのこと、電車で出かけるときも雪の舞い散る中を出かけるのと、コートを着ていて多少暑くなる今日のような日とでは、気分だけでなく事務所の帰ってきたときの疲労度に大きな差がある。
 今、仕事の合間ではあるが、コーヒーを飲みながらこんなつまらぬことを考えるのも、短時間であれば、気分転換になったり、疲れを癒してくれたりするものである。

 今日は確定申告の折り返し地点でふと考えたことを綴ってみた。
 月曜日からはここまでに仕上がった決算書・申告書の報告のために事務所の多く者が外出する予定となっているが、何とかここまでこぎつけられているのは、事務所のスタッフの慣れたスケジューリングと無駄のない要領のよさのお陰であるのは言うまでもない。
 あと2週間、何とか問題なく、最後までこぎつけられることを願いながら、いったんこのコーナーを閉じて、本業に戻ります。
  では・・・。
posted by ヒロイ at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする