2019年01月13日

No611:くたばれ 読売ジャイアンツ

 まず、書き出しに際してジャイアンツ(巨人)ファンの人ごめんなさいと言っておく。こんな場で自分の意向だけで一球団を攻め立てることを。

 久しぶりに私の大好きなスポーツの話題を、しかも、ここしばらくマスコミでもとり上げられている巨人から西武へ移籍する内海哲也投手と同じく巨人から広島への移籍が決まった長野久義選手 この2選手と巨人という球団について私の思いを述べさせてもらう。
 まず、この話は勝たないといけない巨人という球団だからこそ起こった話であるかもしれないし、スポーツの世界、勝負の世界に人情というものがあってはならないのは分からないでもないが、選手たちは誰のためにプレーするのかを考えてみることも球団を預かる上層部(球団経営者)にとって重要なことではないのかなと思ってしまう。
 巨人を出ていくこの2人のことを調べてみると3つの共通点がある。
 一つ目は、プロ野球のドラフトで巨人入りを熱望していながら、他球団から指名されたために入団を拒否してプロ入りせずに、次の年のドラフトで巨人が指名してくれるまで待った選手である。しかも、長野にいたっては2回もドラフトのくじで外され2年も待って念願の巨人入りを果たした選手である。
 二つ目は、数年前までは成績面では巨人の核となる選手で、いわゆる花形選手であったが、ここ数年、往年の成績には遠く及ばない成績しか残していないという点。
 三つ目は、熱いハートを持っている選手ということであろう。長野は巨人の多くの若手選手から人望があったと伝えられているし、長岡京市出身の内海は自分の稼ぎから母子家庭で育ててもらった母親に一軒の家を買ったという話が残っている。
 こういった選手をよくもまあサッと出せるな巨人軍 と言いたくなってしまう。

 プロ野球選手といえども一人の大人として あるいは一社会人として誰のためのプレーするのかを考えてみたときに、まずはファンのため、家族のため、そして自分の所属するチーム(球団)のため、この三つが基本となるであろう。
 プロ野球選手でなく一般の社会人の場合を考えてみても、顧客のため、家族のため、そして会社のため ということと置き換えられるであろう。
 このファンと顧客が何よりも優先されるというのは、やはり顧客やファンに支えられているからこそ今の自分があるからということがわかっているからであろうし、誰しもが一番やりがいを感じる部分あろう。
 ちょっと話が横道に逸れるが、今の日本の政治家はこの三つのどれにも属さない”自分のために”というある意味 自己顕示欲と名誉のためだけに議員をやっている人がかなりの割合でいるように思う。だから日本の国や政治はよくならないのであろう。
 
すみません 話をプロ野球の方に戻すが、
 これは巨人だからこそできること、かつ、巨人しかできないことであろう。
 どういうことかというと、数の上でも過去の栄光の歴史の上でも圧倒されるようなファン層に恵まれている巨人は何をしてもファンが離れないという自信があると同時に、絶対に勝たなくてはならないという宿命的なもの  この両方を持ち合わせている それが巨人という球団である。

 実は私はもともと阪神タイガースのファンであったが、10年近く前から毎年繰り広げられる人事のバタバタ劇に嫌気がさし、本気で応援する気にもならなくなっているし、アンチ巨人だけは子供の頃から現在に至るまでずっと続いている。こんな私が今年のプロ野球で期待している筋書きはこの2つのどちらかである。
@ 巨人から広島へ移った長野が大活躍して広島が優勝し、巨人が補強(獲得)した丸、炭谷、岩隈、中島の4選手が全く振るわず、Bクラス、できれば最下位になり、原監督が1年で退任(クビ)となる。
A 一応、巨人が日本シリーズに進出し、西武と対戦するも、巨人から移籍した(放り出された)内海が巨人をきりきり舞いさせて、ヒーローインタビューで「巨人さん、私を西武に出してくれてありがとう」というコメントをする(内海も大人なのでこんなことは言わないだろうが)。

 こんなバカげたようなことを考えながら、今年のプロ野球を追っていくのもまた別の意味で楽しみのひとつであろう。
 私にとっては何年かぶりに開幕が待ち遠しい今年のプロ野球となった。
posted by ヒロイ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

No610:年相応の こんな1年にしたい

 2007年(平成19年)9月に事務所を立ち上げてから11年になるが、ここまでの事務所の運営は決して平坦なものではなかったし、開業当初の思い(ある意味“癖”なのかも?)がいまだに残っていて、「思いたったら即行動」、「悩むのだったら、まず手を付けよう」と 手さぐりしながらもここまでは立ち止まったり、振り向いたりせずに前だけを向いて進んできた。
 しかし、昨年あたりから段々と体がいうことをきかなくなり 無理はできないなと思うことが多くなってきた。決してどこかが悪いわけではないが、食べ過ぎや飲み過ぎの後や寝不足の生活が続くとたちまち体に黄信号がともり、体の方から「無理するなよ」と訴えてくるのがよく分かる。現在56歳であるが、当然 11年前の45歳当時とは体力というか、体そのものが変わってきていると感じることがある。
 身体の変化に合わせて、心の方も年相応の少し落ち着いた人間にならないといけないのに心の成長はずっと遅れているというのが今の自分である。これは私だけでなく、40代、50代の人なら誰しもが感じることであろうし、特に男性は女性に比べて心の成長は遅いと一般的にも言われている。
 「もう少し、周りの人にも配慮して生きていかんとあかんで」と自分に対して警鐘を鳴らされているな と思うことが年に何度かあるが、「前へ前へ」だけでなく、「一歩引いて」物事を考えていかなければならない年代に差しかかってきているようにも思う。

 自分自身のこんな気持ちもあってか1月4日 事務所の仕事始めの日のあいさつではこんなことを話した。

@まず、自分にとって大事なものを見つけて、この1年間 それを何よりも大切にしていきましょう。家族、友人、会社の人、顧問先(お客様)、そして仕事や日常生活に中での自分だけのとっておきのものを。それは人によってさまざまであろうから、あくまで 自分だけのものでいいので一年間思い続けましょう。

A「誠意なきところに仕事はこない」とあるビジネス誌に書いていたが、まさにそのとおりで、こういった気持ち忘れずに 日々仕事に取り組んでいきましょう。顧問先を増やしたり、事務所を成長させるのが最終目的ではないし、必要にされるような存在になれるよう しっかりとした気持ちで仕事に取り組みましょう。

 あまり、硬くなることも必死になることも必要ではなく、あくまで自然体で、年相応の、そして実力相応の仕事をしていきたいものである。
 今日[1月6日(日)]まで休みの会社もあり、7日からいよいよ日本全体が動きだすが、無理せず、無茶せず、顧問先の要望を一つでもたくさん実現できるような そんな一年にしていきたいと考えている。

 年末年始の休暇は、普段 接する時間の少ない我が家の愛犬 ぽぽたん との時間がいつもよりたくさんとれ、ワンちゃん効果で体も心も多少たりとも”和み”を感じられたことが私にとっては一番の収穫だった。
 みなさんはどんな休暇でしたか? 次の長期休暇(4月末から5月初旬の10連休?)を楽しみのこの冬を乗り切っていきましょう。
posted by ヒロイ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

No609:謹賀新年

 新たな年を迎え みなさまはどんなお正月をお過ごしでしょうか。
 今年も事務所の年賀状で新年のスタートを切らせていただきます。

 以下、事務所の年賀状より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
   謹賀新年  
 皆様方におかれましてはこの一年が希望に満ちあふれることを願って、新たな年をお迎えになられていることと思います。
 日本国内においても、世界に目を向けても 世の移り変わりのスピードが年々早くなってきているように思えてなりません。
 ただ、一足飛びに2歩も3歩も先に進められるかというとそんなに甘いものではなく、一歩ずつ踏みしめながら前に進んではじめて、それまでの過程の全てが自らの力になっていくものと思われます。
 人間だれしも知らず知らずのうちに「ああいう人になりたい」と自分の周りにいる誰かに憧れ、また目標としながら日々の生活を送っています。
 誰かに近づきたい、今までできなかったことができるようになりたい、こんなことを考えている時に出会ったのが中村勘九郎の次の言葉です。
   『型をしっかり覚えた後に、“型破り”になれる。』

 何事もいきなりできるということはありえませんが、そのことを身につけた後は 誰にもまねのできない能力や技術が自分のものになるということです。
 我が事務所のメンバーもこんな気概を持って、この一年間 皆様方とともに歩んでいきたいと思っておりますので何卒よろしくお願いいたします。

   平成31年 元旦 

 〒602-0941  京都市上京区今出川通小川東入南兼康町334
 URL:http://www.tax-hiroi.com  Tel:075-406-7020 Fax:075-406-7025
   廣井増生税理士事務所
     所長  廣井増生
posted by ヒロイ at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする