2018年04月29日

No573:無理せず、無茶せず、無駄な時間を過ごしたい

 タイトルにあるようなかっこいい生き方に憧れているが、私はこれまで全くと言っていいほど逆の人生を歩んできた一人の人間かもしれない。
 無理をして、無茶をして、いかに無駄のないように物事を進めていくかを考えながら。
 ただ、最近は少しずつではあるが、自分の体力や能力や限界が分かってきたので、何かにつけ 「こんなもんでええか」と思えるようになってきているのも事実である。
 過去において、「60までしっかり仕事をして、うまくいけば早めにリタイヤをし、残りの人生を楽しみたい」と、口にしておられた当時40代の比較的若い経営者が何人かいらっしゃった。ただ、残念ながらその言葉どおりそれを実現している人は私の目の前には一人もいない。
 人生が65や70で終わるのであれば、そういった考え方もおかしな話でないし、それはそれで正しい生き方かもしれないが、今や100歳とはいわないまでも多くの人は80歳くらいまでは生きる世の中になってきている中では人生というものはそうそう甘いものではないように思う。
 病気やけがで不幸にも若くして亡くなる人もいるが、私の周りには80代や90代でまだ誰の世話にもならずに生活している人が何人もいるし、私の母も86歳で判断能力は劣っているが、身体はいたって元気で施設の中では数少ない車いすも杖もいらない入所者である。

 実は私自身も別にリタイヤする時期を決めていたわけではないが、若いうちにとことんがんばって老後はゆっくりと と思っていたが、この長寿社会ではいつ死ぬか、あるいはいつ死ぬことができるか分からないし、逆に寿命のある限り生きていかないといけない、要は死ぬ時期と死に方は自分では選べばないという現実がそこにはある。
 というわけで、一応、私自身も家族の生活を支えないといけないが、それ以外は無理せず、無茶せず、人の世話にならずに長く生きていくようにしないといけない。
 ちょうどこの時期 連休で仕事のことを忘れられる時間が多いので、こうしていろいろな(つまらぬ)ことに考えを巡らすことができ、いつもと違ってある意味“無駄な時間”を過ごしている。
 でも、この一見“無駄な時間”と思える時間が、実はすごく楽しくて、好きな本を読んだり、時間を気にせず犬と散歩したり、部屋の掃除をしたりと日頃できないことができることで、仕事をやり遂げた時とはまた違う種類の充実感や満足感がある。
 若い頃はボーっとしていると世の中から取り残されるのではないかという恐怖心を抱きながら仕事をしたり、日々の生活を送っていたが、今になって(55を過ぎて)、無駄な時間が実はすごく充実した時間であることに気がついた。
 今回 合計で7日間休みがあるが、人と会うのは2時間ほどの1回のみで、後は出かける予定も人と会う予定もない真っ白なスケジュール帳である。 あ〜、時間に追われないことがこれほど幸せだったとは・・・。
 今日、大量に着れなく(着なくなった)服を処分して、収納スペースが空いたので、明日は服でも買いに行ってこようかなと考えている。
 日がそろそろ変わりそうになってきたし、お酒も結構まわってきたのでこの辺で休むのことにします。
 みなさん よい休日を。
posted by ヒロイ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

No572:自民党が焦らないと日本の政治は変わらない

 今日はこのコーナーではあまり触れることない政治の話題です。
 ここではどこの政党が良いのか悪いのかとか、どの政党をあるいはだれを支持するのかということを語るつもりはない。
 私の個人的な意見として、ここしばらくの間に与党側(政府筋)ではいろいろな問題が表に出てきているが、実は与党、特に自民党の国会議員は全くとはいえないまでも、心の中ではほとんど焦っていないように思える。
 というのも、今の小選挙区制の中で、現状のような野党が結束しない状態が続く限り、自民党の一党支配(与党という意味においては公明党も含む)はそう簡単には崩れないと思うからである。
 このことは、世論調査(2018年4月)の政党支持率を見れば一目瞭然である。

・自民党      35.4%
・公明党       3.5
【A.与党合計   38.9】
・立憲民主党    8.5
・共産党       2.9
・民進党       1.4
・日本維新の会   0.8
・社民党       0.5
・希望の党      0.3
・自由党       0.3
・その他       0.2
【B. 野党合計 14.9】
・支持政党なし  39.2・・C
・わからない、無回答 7.0・・D

 毎日のように国会論議でやいやい言って与党を攻めている野党を合計したところで14.9%しかなく、与党の38.9%の半分にも満たない。
 ということは現在の小選挙区制(1選挙区で当選者1人)のもとでは与党候補は安泰であり、ましてや野党各党の足並みが乱れれば乱れるほどその安泰の度合いは増すという構図である。
 決して今の政治の全てが悪いと言っているわけではないが、こういう状態が続く限り、政治的緊張感に欠けるし、国民のために本当にいい政治をしなくてはならないという思いも自ずと低いものになっても仕方がないのかなと思ってしまう。
 政治思想や政策が一致しない政党がいっしょになるのは野合と、これまた批判の対象になるだろうし、以前の民主党のように空中分解してしまっては元も子もないことは分かっている。
 ただ、今の何があっても許され、言い逃れがまかり通るようなダラダラとした政治には辟易している。そのためにも野党は野党で自民党を焦らす形をつくってほしいものである。
 今回の世論調査で一番大きな塊である支持政党なし(39.2%)と言っている人たちが、しっかりと今の政治状況を見極め、将来の日本を考えて行動すれば、もう少し政治が国民の手の届くところへ戻ってくるのではという期待もある。
 いずれにしても緊張感のある状況というのが一番 頭も使うし、物事を本気で考えられると思うのだが・・。これは政治の世界だけではなく、経営面でも労使間においてもまた、友達同志、家族間、夫婦間・恋人同志においても同じことが言えるような気がする。
 私は政治や経営面あるいは人間関係において緊張のない状態は、きつい言い方をすれば、腐った状態に向かっていると常々思っているので、今の日本がこのままではいいはずもなく、どこが政権を担うにしてもピリッとした締まりにある状態に戻してほしいと願っている。
 日本の政治や政治家に期待できない層が上記の支持政党なしとすれば、この部分が1/3以上を占める今の日本の政治は危機的状況といってもおかしくない。
 いつから日本はこんな政治後進国になったのであろうか。
 こんな風に憂ている人は結構いると思うのだが。
posted by ヒロイ at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

No571:あほらし! あまりにも日本的すぎるサッカー日本代表監督の突然の解任劇

 まず、最初に断っておくが、今回はサッカーに無知なおっさんの独り言として聞いてもらいたい。そうでないと、何をわけのわからんことを言ってるんや と言われかねないので・・。
 サッカーに関心のない人にとってはどうでもいいことなのかもしれないし、私自身も選手としてサッカーをしたことがないので戦術的にも決して詳しい方ではないが、ただ、息子たちが小学生の頃にしていた少年サッカーの応援に何度か行っていたので攻め方と守り方くらいは少し知っている。
 今回の日本代表監督の解任騒動は後味の悪さだけが残っているのは、この程度のサッカー知識しかないことに起因しているからなのかもしれない。
 ただ、なぜ2ヶ月後にワールドカップ本番が迫っているこの時期にと思わざるを得ない。
 「このところの試合で結果が出せていない」、「ワールドカップで勝つ確率を1%でも2%でも高めたいから・・」というのが今回の解任の理由らしいが、世界ランキング55位というとっても弱い日本が32ヶ国(地域)しか出場できないワールドカップに出れるのは誰のお蔭と思っているんだろう。
 アジア予選の前半は少し心配はしたけれど、中盤以降はほとんど危なげなく、しかもかなり早い段階で出場資格を手に入れられたのではないのか。これこそこの今回解任されたハリルホジッチ前監督がいたからこそではないのか。
 ここのところ調子が今一つと言ってもこの対象の全てが親善試合であって、本番に向けての調整や選手起用の見極めの段階なので、この時期に結果を求めるなんて言うのはプロ野球でいえば「オープン戦の成績も上位にいないと許さないぞ」と言っているようなもの。
 本田、香川、岡崎らを起用しないので人気が落ちてるとまで言われているが、他の選手が頼りなくて負けているだけであって、監督だけのせいとは思えない。 
 まるで、企業における責任転嫁と似ていて、サッカー協会のお偉い連中が雇われ監督の首を斬るのはトカゲのしっぽ切りというような印象を持たずにはいられない。

 サッカーのことがあまり分からない私だからこそ、こんな無責任なことがいえるのは重々承知しているが、ここで思っていることを綴ることができて内心清々している。
 何事もまず自分たちに責任はなかったのかという自問から入るのが基本でなないのかな日本サッカー協会のお偉いさんたち。
 次の西野監督は今まで好きな監督の一人であったが、たとえ“救世主”と呼ばれようが今回 ほいほい(本人はそうは言っていない、苦渋の決断っぽく言っている)と受けたことで嫌いな監督の一人になってしまった。
 これで私の今回のワールドカップの関心はほとんどなくなったというのが今の心境である。
 弱い日本よ、ワールドカップに連れて行ってくれたんは誰やと思ってるんや。
 こんなことをやっているようではいつになっても日本は世界の仲間入りはできんやろな。
posted by ヒロイ at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

No570:仕事を忘れさせてくれる時間、そして相手

 今の時代、仕事が終わって会社から一歩外へ出ると頭を切り替え、仕事のことを忘れるということが重要、というか “できる人間”はONとOFFの切り替えができる人 なんていうことがいわれているが、我々の年代 なかなかそれができない人もいるのでは。
 私もできるだけそうするようにがんばってはみるものの、昨日のやり残しがあったり、来週以降の打ち合わせの内容がまとまっていなかったりすると気が気でない夜や週末を過ごすこともある。
 そんな中で本当にわずかの時間であるが仕事やそれ以外の悩みごとを忘れさせてくれる時、そして相手が2つ(1人+1匹)ある。

 一つは母との対面の時間。
 現在、施設に入っているし、85歳にもなると少し認知症の傾向もでてきて私が誰かわからないときもあるが、60代、70代の時のようにいろいろと質問してきたり、私への要望を言ったりすることはなく、いつも機嫌よく思ったことを独り言のように口にしている。
 母は京都市内で生活しているわけではないので、月に1、2度しか顔を見に行けないが、この母のそばにいるほんのわずかな時間は私にとっては貴重な時間である。
 その短い時間の中で日によっては会話が繋がらない時もあるが、そんなことは全く気にもならず、自ら手を差し出してきて私と握手しながら話している母の表情は何ともかわいく思えることがある。
 年老いた自分の親に対してかわいいなんていうのも変な話であるが、会っている30分足らずの時間と施設を出た後 車の運転をしだしてしばらくの間は、まさに心のが“無”になるくらい日常を忘れさせてくれる時でもある。実は車を運転いているとなんだか胸が熱くなる時もある。

 もう一つ 頭の中をガラッと切り替えさせてくれるものがある。
 それは年末から我が家の一員となっている愛犬“ポポタン”である。
 日頃、帰りが遅い日は寝入っているし、朝は朝でわずかな時間しか接触できないが、たまに土日で時間がとれる時は少しの時間であってもいっしょに散歩に出かけるようにしている。
 普段はポポタンの世話はカミさんに任せっきりであるが、今日は久しぶりに時間がとれたので家の近くを朝夕1時間ずつブラっと出かけることができた。
 この間、なかなか思うように歩いてくれないし、私なんか通常の散歩のパターンが頭に入っていないので、意気投合には程遠い状態であるが、これもまた頭の中が“無”になる時間と言えなくもない。
 母と犬とをいっしょにするのはどうかと思うが、共通するのは人と犬どちらも心のある生き物であるということである。双方とも私と意思疎通がどこまでできているのかはわからない部分もあるが、一つだけ言えるのはこちらが手を抜いたり、いい加減に接しているとどこかで気付かれたり、こちらの心の内を見抜かれたりするということである。

 今日こそは軽い話のつもりが、いつも間にやらまたまた重い話になってしまった。
 こちらが真正面で向き合うかどうかによって、相手の満足度が変わるのは大変なときもあるが、真摯に接していると喜んでくれ、損得勘定抜きで素(す)で向き合うことのできる素晴らしい存在である。
 ここでまた母とポポタンをいっしょにしてしまうのは、人間である母に失礼かもしれないが、母との時間もポポタンとの時間もどちらも大事にしたい時間であることに変わりはないというのが偽らざる心境である。
posted by ヒロイ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

No569:ラブレターは翌朝 読み返してから

 妙なタイトルで廣井はいったい何が言いたいのかと思われてる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回のタイトルは元シンクロ選手で銅メダリストの奥野さんがあるテレビ番組で口にした言葉です。
 本題に入る前に話が少しそれるが、この奥野さんを紹介するのにはいくつもの紹介の仕方があるなと悩んだくらい肩書がある。上記の「元シンクロ選手でオリンピックのメダリスト」、「タレント」、「キャスター」、「スポーツコメンテイター」、「陸上のメダリスト 朝原の奥さん」とどれを挙げても誰であるのかが分かるというある意味、顔の広い人物だなと感心してしまった。
 話が横道に逸れたのでここで本題に戻すが、タイトルの「ラブレターは翌朝 読み返してから」というのは、夜 熱い想いで書いたラブレターは、冷静さを失うほど燃え上がった状態でペンを走らせているので、そのまま渡すのではなく、一晩寝た後、翌朝もう一度読み返してから(場合によっては多少手直しをして)出す方が、いいものに仕上がっているはず。」ということであった。
 テレビを見ていてこのひとりのキャスターの言葉に妙に共感した。
 もちろんこの私がラブレターを書くわけではないが、仕事でも、毎日の生活においても今までないくらい喜んだり、腹を立てた時というのは、まさに冷静さを失い、一番いい判断ができる状況にない場合が多い。
 特に腹が立つような出来事があった場合には、すぐに怒りをぶつけるのではなく、「なんで相手はこんなに怒ってんのかな?」、「自分の何があかんかったんやろ?」と少し時間をおくと、結構 腹の中の怒りが収まっていることがある。
 また、自分にとって実力以上のお褒めの言葉をいただいたとき、「やった‼」とか「めちゃうれしい」と有頂天にならずに、時間をおいてもう一度考えてみると、案外その言葉が単なるお世辞なのか、本音で心底褒めていてくれるのかが分かる時がある。
 友人、上司部下、そして夫婦間でも こういった間を置くことで相手の胸の内が分かってくることも何度か経験している。
 よく顧問先の経営者やドクターから自分の会社やクリニックで働く従業員の悪い面を「もう我慢ならんし辞めさせたいわ。」と言われていた人が、数ヶ月後、いや一ヶ月後には、「先日あかんって言うてた〇〇さんな、いいやつで使えるんや」と急に評価が上がっている場合もある。
 ということで急に熱くなったときはその時の気持ちだけで判断するのではなく、少し時間を置いて考える方がよい答えを導き出せるということである。
 我々の税務という専門的な仕事でもこういう場面がないわけではない。冷静さという面での話ではないが、夜 一生懸命調べものをしてやっとの思いで仕上げた仕事は、翌朝 すっきりした頭で見直すとその裏側に潜んでいたような重要なポイントに初めて気づきハッとすることがある。
 後で「ついつい口にしてしまって」と後悔しないためにも、一晩寝た後、翌朝に再度結論を出すということが、社会において有益な方法であるということにあらためて気づかせてくれた今回の奥野さんのラブレター読み返しの話はなかなか頷ける話であった。
 特に経営者たるものは、当然 熱い想いを持ち続けることは重要なことではあるが、それと同時に、少し冷めた目で見るくらいの冷静さも必要不可欠であろう。
 私が一番できていないことではあるが、日々身にしみて感じていることである。
posted by ヒロイ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする