2018年02月25日

No564:昔のごちそう、今のごちそう

 先日、新聞といっしょ配られている冊子(たぶん、1ヶ月に1回折込)を見ていると、京都府と滋賀県のいくつかの地域ごとの特色のあるお寿司が載っていた。
 京都市なら鯖寿司であったり、鱧寿司、そして、滋賀県では鰻のお寿司など見ていてお腹が空いてくるような内容であった。
 私の出身地である京都府北部の丹後地方も2つのお寿司が載っていたが、2つとも“ばら寿司”とよばれる ちらし寿司のようなものである。
 私の中ではお寿司と言えば、まず握り寿司が頭に浮かび、海も近かったこともあり、はまち、ぶり、えび、いか、たこ、それになんといってもおいしいのが名産の鳥貝などワクワクする素材ばかりである。
 私が小さい頃(幼稚園の頃だったかな?)、お誕生会と称して近所のガキ大将仲間をよんで食事会をした記憶があるが、その時に決まって出てきたのが、カレーライスとばら寿司であった。
 どちらも祖母と母が作ってくれて、私はカレーライスは大好きだったが、大きな桶で作ったばら寿司というのは今一つであまり好んで食べなかった。そんな私の気持ちも知らず、いつも祖母が、『今日のはいつも以上に気張って作ったんで、ものすごいうみゃあ(おいしい)はずだで。』と自慢げに言っていたのを覚えている。
 当時のばら寿司に対する思いは、取り立てておいしい魚や貝が入っているでもなく、かまぼこや椎茸、錦糸たまご、それに少しばかりのデンブがのっていて子供には何ともはっきりしない食べ物であった。
 ということで、ばら寿司は実家では祭りや何かのお祝い事、法事など集まりがあると決まって出てくるが、私自身のばら寿司に対する思い出や印象は決していいものではなかった。

 あれから、50年近くが経ったいま、変われば変わるものでこのばら寿司のおいしさが分かるようになり、実家に立ち寄り、京都に戻ってくる時には京都縦貫道 道の駅[京丹波 味夢の里]で休憩の折にこのばら寿司を買って帰るのがお決まりになっている。私は隣に置いてある焼鯖寿司を選ぶことも多いが、カミさんはこのばら寿司の大ファンである。
 この道の駅には2種類のばら寿司が並んでおり、京丹後市「とり松」のものと私の地元「加悦」のものがある。とり松のものが多少高級感があるがこちらは売り切れのことが多く、加悦のばら寿司を買って帰る機会が多い。
 子供の頃、あまりいい思い出のなかったばら寿司が、この歳になっておいしいと思うというのは何ともおもしろいもので、私が子供の頃は祖母や母はおいしく感じていたのであろうし、あの地方のお祝いでしか食べられない豪華な食事の一つであったのだろう。

 こうして考えると、歳とともに味覚(舌)も変わってきているというのがうなずける。
 今や飽食の時代とも言われ、食べたいものはお金さえ出せばいつでもどこでも口に入る時代になったが、こうして考えると、当時は学校の給食も楽しみの一つであったし、まだまだ“食”について満たされていない時代であったのかもしれない。

 そういえば、その誕生会になぜか薄く切られた生のハムが決まって出てきたが(廣井家だけ?)、当時、まだハムは珍しかったのか、それにマヨネーズをたっぷりかけて食べた味は今でも思い出しそうなくらい楽しみ一品であった。

 実は今、超繁忙期であるが、こんな時こそ少しでも仕事のことを忘れるためにこんな思い出話を綴らしてもらった。
 我が事務所では、確定申告はいよいよ最終コーナー曲がりかけの最後の山場を迎えようとしている。
 さあ、もうひとがんばり するか!
posted by ヒロイ at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

No563:オリンピックで思うこと・・・「金メダルと銀メダル、そして銅メダルと4位の差」【一部No354:再】

 昨日のフィギア男子の羽生結弦選手に引き続いて、今夜(先程) 女子スピードスケートで小平奈緒選手が金メダルを獲得した。

 小平選手おめでとう!

 夏季でも冬季でもオリンピック中継や選手のインタビューを見ていて、銀メダル、そして4位の選手が、半分満足、半分悔しさ という何とも言えない表情で、『力は出し切りました。悔いはありません』 答えているのを見て、この表情の奥にこそ スポーツのむごさが潜んでいるんだなと考えてしまった。今回も前半は銀メダルラッシュでそれぞれのメダリストの胸の内を考えながら4年前の2月16日【No354】のこのコーナーを読み返してみると、私自身 今回の全く同じようなことを考え、ここに綴っていたことに気がついた。
 先日、ある紙面に過去においてスピードスケート男子500mで金、銅、銀のメダルを獲得した 清水選手のコメントもやっぱし と思ったので載せておきます。
・・・・・・・・・・・・・
 「銀メダルは悔しいんですよ。金メダルはうれしい、銀はくやしい、そして銅はほっとする」(清水選手)
 1998年長野五輪500メートルで金、1000メートルで銅、2002年ソルトレーク五輪500メートルで銀と、すべての色を獲得した経験を持つだけに、説得力があります。「金しかとっていない柔道の野村忠宏くんは、この心理はわからないって言ってました。」
・・・・・・・・・・・・・

 ということで、今回は4年前の内容を掲げさせてもらいますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
No354:金メダルと銀メダル、そして銅メダルと4位の差

ソチでの冬季オリンピックもいよいよ終盤に差し掛かっているが、ここへきて日本選手も羽生選手の金メダルを筆頭にいくつかのメダルを獲得しだしてきた。
 こんなとき、オリンピックには程遠いが、私も多少なりともスポーツをかじっていた一人として、表題に示した「金メダルと銀メダル」、「銅メダルと4位(メダルなし)」の差はとてつもなく大きな差であることが痛いほど分かるし、その悔しさは誰にも言えない本当に辛く、苦しいもののように思えてならない。
 テレビ局のキャスターや各新聞はこういった悔しい銀メダルや4位の選手について過大とも思えるくらい賞賛の言葉を並び立てるが、実は選手自身にとってはいくら何と褒められようともこの悔しさを埋められるものはどこにも見当たらないはずである。
 今回、女子モーグルで4位であった上村愛子選手に対して、“連続入賞、本当にお疲れさん”というような表現をしていたマスコミが多かったように思うが、本人にとっては悔やんでも悔やみきれないほど悔しいものであったに違いない
 ただ、この上村選手が一スポーツ選手としてだけではなく、人間的にも素晴らしと思ったのは、その悔しさ(ひょっとすると人生最大の悔しさだったかも?)を表に出すことなく、こんなコメントで締めくくっていた。
『オリンピックの思い出としては、いい思い出で終われると思っている。メダルはないが、頑張ってよかった。』
 応援していた者にとってはいっしょに泣きたいくらいであったが、この大人のコメントで多少なりとも救われた気がした。
 ただ、滑り終わった後の『全部終わったときに、点も見ずに泣いていた。メダルは獲れたかな、と思ったがまた4番だったんだと・・・。』コメントを聞いて、本当はメダルが欲しかったんだろうなと思うと、各局のアナウンサーが「5大会連続入社は立派です」と褒めれば褒めるほど、見ている者にとっては痛々しくも感じられた。
 ただ、スポーツにしろ、勉強にしろ、そしてビジネスにしろ、この埋められなかった悔しさがあるからこのその後の人生、無駄にせずに生きていこうと、次なるステップへと歩み出していけるのではないのだろうか。
 ただのスポーツ好きの大人が言うにはとても偉そうな表現になってしまったが、こうして本音の部分も書くことによって、逆にその悔しさが埋められやしないかなとも思ったりもするのである。

 では、なぜ 選手は金と銀、そして銅と4位にこだわるのか。 それは、そこまでの道のりにおいてとてつもない努力をし、多くのものを犠牲にしてきた者は、その証となるものが欲しいということであろう。じゃあ銀メダルや4位は証にならないのかというとそうではないが、これはスポーツをやってきた者にとってはどうしても欲しい証である。
 私も高校時代 陸上をしていたが、見ていて一番むごいと思ったのは近畿大会の決勝 8人で争われるレースである。このうち全国大会に行けるのは6位まででこの時の6位と7位にはとてつもない大きな差があり、これは3年間クラブ活動に打ち込んできた高校生にとってはある意味、“むごい差”でもある。

 話を少し角度を変えて捉えてみるが、
 今回のキャスターの中に2人の元女子オリンピックがいる。シドニーのマラソンで金メダルを獲った高橋尚子とトリノのフィギアスケートでこれまた金メダルを獲った荒川静香である(呼び捨てしてすみません)。
 こういった場面ではやはりメダリストではなく“金”メダリストに声がかかるんだなと、金メダルの威光と重みをまじまじと感じながら解説を聞いている。

 今回の羽生選手は相手も少しミスをするラッキーはあったものの、やはり最高の、しかもとびっきりの実力者であるがゆえに勝ち取れたものであろう。これが実力拮抗の状態であれば最後で逆転されていたようにも思う。
 そういう意味では金メダルを獲るには、運も必要かもしれないが、実力が誰も寄せ付けないくらいとび抜けている必要があるのであろう。いわゆる“断トツ抜きんでている”というやつである。
 オリンピックになると今でも思い出すが、高橋選手の鍛えられた走力(体力)と完璧なまでに計算されたレース運び、そして、一方 荒川選手のミスを探そうにも見つけられないくらいに最初から最後までこれまた完璧に滑りきったフリーの演技。 やはり、銀、銅のメダリストには申し訳ないが、金メダリストは完璧を貫いたものでないと手に入らない、とてつも重く、かつ、気の遠くなるような繊細な部分も備える必要があるのだろう。
 
 こんな偉そうなことを言ってしまったが、本当は我々一凡人にとってはオリンピックに出ることがとてつもなく、遠いことであり、偉大なことであることを忘れてはならない。

posted by ヒロイ at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

No562:何事にも慣れ過ぎないように

 全国のほとんどの税理士事務所が今、1年で一番忙しい時期を迎えていると思う。
 我が事務所もこれから3月10日過ぎまでの約1ヶ月間は、超繁忙期に突入するが、1ヶ月という長丁場なので 夜 日付が変わるほど特別に遅くまで仕事をすることはない。というのも、1週間程度の期間であれば睡眠時間を削って仕事をするようなことも考えられるが、この仕事を30年以上もしていると万遍なく1ヶ月間続けられるペースで仕事をこなすことの重要性(コツみたいなもの)が自然に身についてきている。特に50を過ぎてからは、多少の無理はしても翌日にぐったりとなるような仕事の仕方はかえって非効率であることは身に染みて感じているので、1ヶ月間のぺース配分を自ずとつかんできているように思う。ベテランのマラソンランナーがいかに42.195qをうまく走りきるかをわかっているかのように。

 顧問先の多くは月次関与といって、毎月の面談の中で経営状況の報告をしたり、経営者が今悩んでいることや今後どのようにしていきたいかを聞き出し、解決に導くというスタイルをとっている。しかし、小規模な事業者(不動産賃貸業を含む)の方は、この時期に確定申告の依頼だけをされる いわゆる“年一”という関与形態が多く、一年分の資料を事務所の方へ持ってこられる。
 昨日もこういった方が2名事務所へお越しになり、1年間に変化のあった項目の説明を受けた後、1年分の帳簿や資料を預かった。
 こういった方々とは決まって、『ご無沙汰しております。1年って本当に早いですね。去年のことがついこの間のことのようで・・・。』というあいさつで面談が始まる。

 何年もこの仕事をしているとついつい惰性で物事を進めたりしがちであるが、税理士業として大切なことは毎年 同じことの繰り返しであってもいかに新鮮な気持ちを忘れずに接することができるかということのように思う。
 偉そうにこんなことを言っている私自身が一番できていないのかも? と不安視する部分がないわけではないが、こんな時には10年前に自分で事務所を立ち上げた時の気持ちを思い起こすようにしている。
 1人でも、1件でも顧問先を増やして早く事務所経営を軌道に乗せたいと必死で考えていたあの頃の新鮮で、真摯な気持ちはいつになっても忘れてはならないものである。ただ、人間勝手なもので過去のことはついつい忘れてしまいがちであるが、こういった時にこの[税理士 廣井増生の日記(ブログ)]が役に立つ。
 若い頃、日記なんていうのは小学校の夏休みの宿題の定番である「絵日記」と憧れの女の子とドキドキしながらやった「交換日記」(← 当時、私の田舎では、一部の仲間内ではやっていた)くらいのものであったが、税理士事務所を開業した日からこのブログを綴っているので、開業したての頃のものを読み返してみると、当時の必死さと自分が上に立って事務所を運営する どことなく怖いというか不安な気持ちが随所に出てきている。
 個人の確定申告というのはこの時期の恒例行事のようではあるが、毎年変わりゆく税制をきちんと理解し、誤りのないように適用すると同時に、顧問先(納税者)の方々の思いをきちんと把握し、申告書を作成することが求められる。

 この時期になるといつも自分に言い聞かせているのは、「作業には慣れてとことん効率性を追求すべきであるが、依頼者の気持ちは毎年 変化し続けているので、ここだけは慣れて いわゆる“なーなー”になってしまうことのないように」ということである。
 毎度おなじみの確定申告の時期がやってきたが、こういった気持ちを再確認して連休明けからの業務に取り組んでいこうと自分に言い聞かせている。
posted by ヒロイ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

No561:今まで見てきた成功する経営者

 税理士という仕事は、税務と会計に関する業務が基本であるので、納税資金の準備や節税に関する相談を受けることが多いが、税に関する相談の前にまずは経営が軌道に乗り、スムーズな運営を進めていくことが先決で、売上(収入)アップや資金繰り、それに最近では従業員の労務問題に関する相談が多い。
 同じ問題に直面していても、相談が投げかけられる角度は、経営者の考え方や気質によってさまざまである。
    例えば、会社や医院が今までにないいい業績で決算を迎えるような場合、相談される内容は、次のようないくつかのパターンに区分される。
    具体的な相談事例としては、

@効果的、かつ、即効性のある(現実的には限られるが)節税方法はないか?

A今まで銀行への返済に悩まされていたので、少しでも軽くなるためにこの機会に借金を減らしたいが・・。

B今まで会社(医院)や自分が欲しかった物があったが、資金不足で手が出せなかった。今回こそは何とか手に入れたいが無理か? あるいは 無茶か?
Cここまでよく辛抱してくれた従業員にこんな時くらい パーッと報いたい。
Dもっとお金を貯えたいので、可能な限り節税対策をした後の資金は、ただひたすら手元に残しておきたい(内部留保を充実させたい)。
 
 など、他にもいくつかのパターンはあるのだろうが、私が顧問先の方々の顏を思い浮かべながら思いついたのは上記のような内容である。
 次は、私や各顧問先ごとの事務所の担当者はこういった“ご希望”に沿った対応が必要になるのである、それぞれの想いを実現するために・・・。

 すでに開業されたり、会社を設立されたりしている人はそれなりのお付き合いの中で、何を考えておられるのかが分かってくるが、新規開業予定者など今からお付き合いをしていく方については、最初のうちはどういった考えを持っておられるのかが分からず、恐る恐るどんな考えの方なのかを探りながら事業のスタートに向けていっしょになって準備を進めていくことになる。
 こんな中で、今まで起業、特に医院の開業は、私自身 前の職場もあわせれば200件(人)近い方の事業の立ち上げに関わってきたが、これなら間違いなと安心できる人物像がある。それは、
@考えるだけ考えぬいた後には、やると決めたことは間髪入れずに実行に移す人(こんなのを 熟慮断行 というのだろう)。
A自信がないのも困るが、自信過剰でなく、自分自身の弱点を把握している人
Bスタート時に“ぼちぼち”と言っている人は、本当に数年間“ぼちぼち”の状態から抜け出せない。準備できることはすべてやりきって スタートダッシュに力点を置く人
Cそして、度を過ぎると問題があるが、やはり石橋をたたいて渡る人に 大きな誤りや失敗はない。これは慎重なだけではなく、頭を使って入念な準備ができていることを意味する。

 少し偉そうな話になってしまったが、私が今までに経験した中での理想的な起業人を掲げてみた。
 顧問税理士としては、顧問先の方々が一人残らずいい方向へ進んでいくことを願ってやまない。
posted by ヒロイ at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする