2017年11月26日

No552:時代が変わると言葉も変わる

 我々が若い頃(幼少期〜20代くらいまで?)ほとんど使わなかった言葉であるが、私が最近よく耳にする言葉がいくつかある。
 「きもい」、「うざい」、「KY」なんかは、10年以上も前から若い世代の人たちが日常的に使うようになった言葉であるが、正式な場、例えば報道番組のキャスターが使うことはほとんどない。これらは、我々の世代が30〜40年前に使っていて今や死語となってしまった「ナウい」のようなものであまり気にならないが、最近、「全然・・・・・」という表現があちこちに横行していて、おじさんには気になって仕方がない。
 「全然大丈夫」、「この料理 全然おいしいです」、「全然 間に合います」、「全然いいですよ」等々 例を挙げだしたらきりがないが、それくらい日常的に【全然+(肯定的な言葉)】として使われている。
 私の記憶では、国語的には「全然・・・でない」というふうに非定的な場合にしか使ったことがなかったので違和感を感じてしまうが、今やちょっと硬めのテレビ番組(ニュース等の報道番組は除く)でも平然と使われている。
 気になったので調べてみると、国語的には私の思っている否定的表現だけでなく、肯定的表現に用いても間違いではないとのことなので、私の頭をもう少し柔らかくし、違和感なく聞き入れられるようにしないといけないのかもしれない。

 もう一つ、今の若い人たちがよく使う言葉として「ほぼほぼ」という言葉も、たぶん我々の世代の人は使い慣れていないのではなかろうか・
 「ほぼほぼ間違いありません」、「ほぼほぼ出来上がっています」とこの言葉も今や日常語になっているし、特にこの言葉を否定するつもりはないが、私がいまだに結論を出せていないのが、「ほぼ」と「ほぼほぼ」のどちらが終着点に近いのかという点である。
 使われている場面に出くわすと、なんとなく「ほぼ」より「ほぼほぼ」の方がより近くまで迫ってきているというような意味合いに感じるのだが、本当のところ使っている人の意識はどうなんだろう。
 これら例に挙げた二つの言葉は、ここまで日常的に使われていると私自身も段々気にならなくなってきているが、もう50年以上も生きてきた私は慣れていないこともあって、今まで口にしたことはほとんどないように思う。

 こんなことを言っていること自体がおじさんの極みなのかもしれないが、もう一つ ついでに言わせてもらうと(これは言葉づかいのことではないが)、電車などの人込みで若い男性からシャンプーか香水のいい匂いがすることはとてもさわやかではあるが、我々の世代では考えられにくいことであった。
 学生の頃、若い女性のこういった香りにクラクラしたもんだが、 もうこんなことを言っていること自体 世の終わりなのかもしれない。ごめんなさい、品がなさ過ぎて・・・。

 まあ、結論的には世の中の変化についていくことで精いっぱいであるが、古い頭を少しだけでも今の時代にマッチするように切り替えていかないといけないということであろう。 世の中から取り残されないためにも。
posted by ヒロイ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする