2017年08月27日

No539:そう簡単に心が折れるんですか?

 最近よく耳にする言葉の一つとして「心が折れそう」という言葉がある。
 スポーツ選手が、「心が折れそうになったけど、ここまで支えてくれた人のことを頭に浮かべながらなんとか厳しい局面を乗り切りました。」という風にインタビューで答えているのを聞かれた方もいらっしゃると思うが、この「心が折れそう」という言葉を私自身は今まで使ったことがない。
 50代以上の中年と呼ばれる方は同意見の方もいらっしゃると思うし、もし同年代の人が使っていたら、「なにっ、若者ぶって」と思ってしまうかもしれない。我々が若い頃はこんなかっこいい言葉を使うことはなかった。
 別にこの言葉が悪いということではないが、私自身がもし今後 使う機会があるとすれば、一生に一度あるかないかの重大な局面で思うようにことが進まなかった場合の時であろう。
 地下鉄の中で学生たちが、「今日のテスト、昨日やったことが半分くらいしか出えへんかったし、途中で心が折れそうになったわ」と話していたり、他の場面でも一つの話題の中でこの「心が折れる」を連発しているのを傍で聞いていた私は口にこそ出さないが、「そんなちっぽけなことで 心を折るなよ」とムカッときてしまうこともあるし、「この子ら、一日に何度 心折れてんのやろ。」と嫌みな感想を持ってしまう。
 まあ、こんなことに言っている自分もヤバいおっさんかなと思ってしまうが、私の心の中では やはり「心が折れる」 あるいは、「心が折れそうなのを何とか踏みとどまった」という風にここぞというときに使う重みのある言葉であってほしい。 

 以前ここでも綴ったこともあるが、「自分へのご褒美」という言葉も、最近は若者だけでなく、中高年までもがよく使っているが、私自身はこの言葉も今まで一度たりとも使ったことがない。
 よく似た言葉で バルセロナオリンピック女子マラソンで有森裕子選手が銀メダルを獲った後、足の故障や手術を乗り越えてアトランタオリンピックで銅メダルを獲得した時に目に涙を浮かべながら口にした言葉を私は今でも忘れることができない。
 「メダルの色は、銅かもしれませんけれども……、終わってから、なんでもっと頑張れなかったのかと思うレースはしたくなかったし、今回はそう思っていないし……、初めて自分で自分をほめたいと思います。」
 私自身、この有森選手の言葉がいまだに強烈に頭に刻み込まれているので、「自分をほめたい」とか、「自分へのご褒美」という言葉を口にするのはなんだか憚(はばか)れるような気がして、使うことさえ恐れ多いと思っている。
 私のような中途半端な人間は、まだまだ使ってはならない言葉だと思っているし、本当に“心が折れそう“になるのを何とかこらえて、やっとの思いで目標を達成できたときに”自分をほめて”、”自分へのご褒美”に欲しかったもの手にしたり、やりたかったことをやってみようと思っている。

 その目標とは・・・内緒ですが、まだまだ達成できそうにない、ひょっとすると死ぬまでに達成できないかもしれない目標である。

 お疲れの日曜日の夜に中年オヤジのたわいもないブツブツにお付き合いいただきありがとうございました。
posted by ヒロイ at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

No538:いつ住宅を買うのがいいですか?

 こういった仕事をしている関係上、顧問先はもちろん、友人や知人からも 「今、自宅を買ってもいいですか?」という質問を受けることがある。
 私も結婚して30年近くになるが、この間 住宅については最初の購入以降、2度の買換えを経て、今の家に落ち着いており、3軒目の家に住んでいる。
 その都度、子供部屋の確保、駐車スペース、交通の便の良い所といろいろな視点からの必要に迫られての買換えであるが、その中でもやはり重視したのが返済可能なローンの組み方であろう。
 もちろん、家を買い替える時は住宅のチラシを片手に何軒もの家を見て回った経験はあるが、これは見れば見るほど良いものが目に飛び込んできて、当然のことながら金額はどんどんはね上がっていく傾向にある。
 そんな中で、あまり無理をせずにというか、一生ローンに追い立てられなくてもよい家との観点から決めていったので 第一希望の家かというと 決してそうではなく、「まあ、こんなところか」というところに落ち着いたというのが今の家である。
 注文建築でもなければ特別高額な内装や空調設備を施してあるわけではないので10年を過ぎてくるといろいろなところの調子が悪くなり、一応、その都度 取り換え等で対応はしている。
 先日もエアコンのルーバーがスイングしなくなったし(我が家では「羽根」が動かなくなったと言っているが)、過去においても風呂や流しの水の流れが悪くなったり、風呂のお湯が出なくなったりといろいろなことが起こった。
 ここでは住宅メーカー名は伏せておくが、ただ、これも比較的安い住宅を買ったからだ、5人で目いっぱい使いきったからだ と妙な捉え方で納得してしまっている。

 住宅購入の相談が多いという話から、自分の住宅事情という話に飛んでいってしまっていたが、話を少しだけ元に戻すと、“老後の家”という観点での購入でない方については、まずは家族の全員(多く)が、一番長い期間 一緒に住んでいられる時期に購入することをお勧めする。特に子供のいらっしゃる方については、子供が重宝し、喜んでくれる時期というのが買い時のように思う。
 なぜこんなことを言うのかというと、子供が成長し、進学や就職、そして結婚となると家から出ていって、家に活気のある時期というのは意外と限られた期間であると思われるからである。
 まさに我が家がそうであり。「大きくて、豪華な家を買わんでよかった。ローンも何とか払いきれそうやし。」と今になって多少ホッとしている部分もある。
 ただ、これからも住み続けるうえで またどこかに歪が出てくるんだろうなと 老後の資金支出を心配しているというのが現状である。
 どうせ次の世代(子供たち)は誰も住まないであろうから、何とか寿命のある期間持ちこたえて、誰もいなくなれば売っ払って お金に換えればいいと無責任なことを考えている。
 変な話、財産のたっぷりある人は相続や財産の分け方について十二分に方策を練らないといけないが、私は”子孫に美田を残さず”を地で行くような人生の終い方が理想だと思っている。ただ、葬式代だけ残して人生を終える なんて都合のいい死に方ができるわけではないので、現実はなかなか難しいところであろうが・・。
 「財産を残さない」なんて、財産の相談を受ける税理士としてちょっと問題のある発言かもしれないが、これはあくまで私の個人的な生き方なので誰にも強要したりはしません。

 仕事上では、各人の希望に合った相続に対しての相談を、心よりお待ちしております。
posted by ヒロイ at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

No537:お盆 真っ盛りですが、私の夏休みはこんなもんです

 今日は8月13日ということで、本来であれば お盆の始まりという時期であるが、祝日である山の日が8月11日に入ったので、当事務所も8月11日から16日まで6連休のお盆休暇の真っただ中である。

 昨日は私の実家へ墓参りと施設に入っている母の様子伺いに行ってきた。
 ニコッと笑う母の表情は、何とも言えないくらいこちらの気持ちまで"にこっ"という感じになるうれしいものである。
 仕事でもよく行く丹後(京都府北部)なので、道は慣れているし普段なら片道2時間弱で行けるのだが、昨日はレジャー組に帰省組も加わり、高速道路は大渋滞。行きも帰りも3時間半もかかってしまった。
 明日は周山の美山(丹波)へカミさんの両親の墓参りが控えているが、こちらは早朝に出発し、墓へ行った後は今は空き家になっている家でお坊さんを迎えての盆参りである。
 ただ、こちらはそれ以外の用もないので、例年どうり昼過ぎには京都へ帰ってくるというコンパクトなスケジュールである。

 あと残りの2日間(15日、16日)は甲子園のチケットを次男が手に入れてくれたので、夏の最大の楽しみである甲子園での高校野球観戦である。
 我が家の3人の子供も社会人の上2人は、土日以外は仕事が入っていたり、友人と旅行に行ったりで親には付き合ってくれないが、まだ学生の次男だけは甲子園に行くためにわざわざ東京から帰ってきて、私に付き合ってくれるという何ともありがたい存在である。ただ、14日の夕方にならないと帰ってこないが・・。
 こうして、子供と行く甲子園も今年限りかもしれないし、ここ10年近く夏の甲子園に通っていたが、昨年はこの次男も用事があって、やむなく私一人でお盆休暇に甲子園に行ったので、今年も一人でと思っていたところである。
 朝5時出発で1日4試合というのも体力的に段々厳しくなってきた感もあるが、高校で陸上に転向するまでは、元々 野球少年だったので、野球を観るのが楽しくて仕方がないし、ましてそれが甲子園での高校野球なら しんどさなんか忘れて、一試合、一試合完全に没頭してしまっている。

 この甲子園も終わり、8月も後半になると仕事も何かにつけ忙しくなってくるが、平凡とはいえ毎年 同じことができるということもこの歳になると貴重なのかもしれない。
 今年の夏も遠出こそできなかったが、岐阜県の下呂温泉で露天風呂に入って、料理を食べながら、飲み過ぎるくらいお酒を飲んだことも甲子園と並ぶ 今年の夏の大きな大きな息抜きであった。

 今年のお盆休暇はいつもより少し長いので、あと3日間も残っている。
 まさしく “英気を養える” 休日にしたいものでる。
 では、みなさんも残りの休日を十二分に楽しんで下さい。
posted by ヒロイ at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

No536:女性の方がしっかりしてるで

 今回のタイトルそのものが、まだまだ男性より女性を下にみているのでは、と言われるかもしれないが、そういった男女差別という観点ではなく、仕事をしていて、「女性の方がしっかりしてるで」と思える場面にでくわすことがたびたびある。
 いろいろな仕事において女性の進出には目を見張るものがあるが、企業としても女性をどのように活かしていくかが、企業の成長を左右するといっても過言でもない状況が近づいてきているように思う。
 看護師、保育士は古くは女性の職業とされてきた時代があったが、今では男性が逆進出してきているような職種もある。
 以前は男性が圧倒的に多かった電車の所掌さんと金融機関の営業担当(今回は融資担当)を例にとって、最近 私が目のあたりにしたことを紹介してみる。

 先日、名古屋まで新幹線に乗る機会があり、京都から35分ということもあり自由席に飛び乗ったところ、最近なくなったと思っていた検札(切符の確認)が自由席ではまだなされていた。
 座席に落ち着いて15分ほどすると、京都から乗り込んできた人だけピックアップしながら検札が進んでいき、当然のことながら私にも声を掛けられた。
 新幹線はかなり前から女性の車掌さんが目につくようになっているが、切符を手にした後のチェックの手際のよさ、そして名古屋に到着する時間の告げ方を見ていると男性顔負け(これまた、この言葉自体が女性を差別しているのは分かっているが)の凛々しさがあった。
「こりゃ、男は負けるわ」と思ったと同時に、こういった今まで男の職場・職域といわれていた職種で全く抵抗なく女性が仕事をこなしている姿は、企業としての女性の活かし方を再考させられるワンシーンであった。
 ただ、新幹線以外ではまだまだ男の世界なんだろうなと思う部分もある。よく仕事で利用する地下鉄や近鉄では女性の車掌さん?(車内をまわる人)はほとんど見かけないので・・。

 もう一例、女性の方が仕事をきちっとこなしているな感じている職種がある。これは金融機関の営業(融資)担当者である。
 ある金融機関の融資の相談窓口が今まではずっと男性であったが、その金融機関での人事異動の結果、1年半ほど前から女性の担当者に変わった。
 私はこういった仕事を女性としたことがなかったので、「うまくいくのかな?」と多少 疑心暗鬼な気持ちでやり取りを始めたところ、全く問題がないどころか、きめ細やかで、ものすごく安心感、安定感のある仕事の進め方であった。
 具体的には、依頼していることへの反応が早い、こまめに状況報告をしてくれる、そしてお客様の受けもいいと いいことずくめであった。

 私たちが就職した頃のイメージがまだまだ頭の中に残っているのも事実であるが、これからは、人口減や一人当たりの収入減もあり女性が働く機会が今まで以上に多くなるだろうし、まさしく企業の労働力、貴重な戦力になることは間違いない。
 別に女性の方が男性よりも何かにつけいいというのではなく、活き活きと、かつ、てきぱきと仕事のできる人であれば男性であれ、女性であれ 性別というものは全く関係のない時代が近づいてきているなと感じる今日この頃である。
posted by ヒロイ at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする